「ありがとうございます。」ときちんと言える人が、自然とお金持ちになれる

「ありがとうございます。」

私がとっても好きな言葉です。

ありがとうございますって言われて照れて困ることはあるとしても、イヤな思いをする人はいないはずです。

私の会社でも、朝から「おはようございます。」の挨拶もしない人で素通りする人は、実はたくさんいます。

目を合わせないでスーッと通り過ぎざまに小さい声でボゾボソと言うだけで、機械的で気持ちが全然入っていないのです。

挨拶には、実はとっても不思議な魅力があると思っています。

挨拶、感謝の言葉。

こういう言葉って、あなたは人の目を見てきちんと言えていますか?

「ありがとうございます。」が言えないと社会に出てから苦労する

SNSが流行りだしてから、直接面と向かって挨拶をすることがだんだんと減ってきました。

メールで言えばいいやとか。
LINEで送るからいいやとか。

SNS上の会話の中には、文字が1つもないことがあります。

絵文字やスタンプだけではなく、最近は送られた写真だけでメッセージを読み取るそうです。

そんなんでわかるか!って突っ込みは、今の時点では置いておいておきます・・。

挨拶だけではなく、人に感謝するときに言う「ありがとうございます。」って言葉は、人間の言葉の当たり前にある習慣です。

この感謝する習慣が身についていれば、人と人との関係の間の「潤滑油」となります。

争い事や勘違い、いがみ合うことも減ります。
信頼関係が増えて、助けてくれる人が増えます。
人間関係がうまくいって、ストレスも減ります。

「ありがとうございます。」って言わない人とは、私はやはり仲良くしようとは思いません。

言わない人の事を、助けてあげようとも思いません。

人に感謝しないことが、将来社会に出てから苦労をすることにつながるのです。

この当たり前の習慣が、実は出来ない人がいるのです。

「すみません。」ではなく「ありがとう。」と言う

私は1日生きているだけでも、何度も同じ場面に出くわします。

朝の電車で席を譲ってあげても、「すみません。」
会社でコーヒーを出してあげても、「すみません。」
風で書類が飛ばされて拾っても、「すみません。」

「すみません。」って言われたら、あなたはなんて返答しますか?

言ったとしても「いえいえ・・・。」

すみませんは、謝るときに使う言葉です。

「お手間をかけました。」と言っているかもしれませんが、こっちまで恐縮してしまいます。

こういう時こそ「ありがとうございます。」と、素直に笑顔で言えばいいのです。

悪いなと思いながらの表情よりいきいきと笑顔で言ってくれた方が、こちらまで明るい気分になりませんか?

「どういたしまして。」

「ありがとう。」って言われたら、自然とこの言葉が出てきます。

この言葉によるコミュニケーションの層が、明るい人間関係を高くしっかりと積み重なっていくのです。

「ありがとうございます。」と「どういたしまして。」でできた層は、やがて「信頼」という名がつく大きな山となって現れてきます。

私も時々口癖で、「すみません。」と言ってしまいます。

最近は信頼が大事と思い、「ありがとうございます。」って後輩にも笑顔できちんと言うように心がけています。

時々驚かれますが、こうやって信頼という山が、お互いの層を積み重ねてできていくのだと実感しているのです。

「ありがとうございます。」と言えることで自然とお金持ちになる

m_kansha_20160504

「ありがとうございます。」って言葉を言えるか言えないかで、周りからの印象はぐっと変わってきます。

「この人だったら仕事を任せられるな。」

「この先輩だったらついていこうかな。」

上の人から下の人から、自然と慕われるようになっていきます。

この自然と、と言うところがポイントです。

こいつは上司に媚びていると思われた時点でマイナスになりますし、周囲の評価も違った目であなたを見ることでしょう。

組織で働いていると、人と人と関わって働いていくことはどうしても避けられません。

だからこそ、コミュニケーション能力のある人が、人と人との間で生きていけるのです。

信頼の厚い人がやがて組織の中で上に立つ人となり、必然的にお金持ちになっていくのです。

仕事が出来ない。
スキルがない。

そんなことは、1人で悩まずに組織だからこそチームワークで補っていけばいいのです。

1人で出来る事は、やはり限界があります。

だからこそ、日頃から自然と「ありがとうございます。」って感謝の気持ちを持つことが大事です。

自分が出来ないことを人が補ってくれます。
自分ができないことを人が助けてくれます。

そして自分も人に良くして上げようと、心の中で自然と思うようになっていきます。

その積み重ねをしていくことで、自然と評価につながりますし、それがお金を引き寄せることにつながっていきます。

自分だけがのし上がって、上に立てればいいや。
いいと思った事は自分だけのものにしておこう。

自分だけ給与アップしてお金持ちになればいいや。
あいつが昇給するなんて、ゼッタイに許せない。

人を蹴落とし人を恨み、自分の事ばっかり考えている人間は、組織からいづれ淘汰されていくでしょう。

「安月給でもう仕事人生終わっちゃうのかな?」

自分はもう収入アップしないんじゃないかとただ嘆いているだけでは、まったく上がっていきません。

当たり前の感謝の気持ちを忘れていると、カネ、カネばかりがオモテに出てしまいます。

周りの人にイヤがられて、給料を下げられる可能性もあります。

仕事のスキルアップ以外に、人間性を磨くってとっても大事です。

本当に困っているときに助けてもらえる人になりたい。
困っている人がいたら助けてあげられる人になりたい。

「ありがとうございます。」

自然と口から出るようになっていきたい。

子供達にも、これからどんどん教えていこう。

これからも自然と人に感謝の気持ちを持てられるような、そんなステキな人になっていきたい。

4 件のコメント

  • おお! これまた 同士よw

    「ありがとう」と「ごめんなさい」を絶対に言わない(言えない)ヤツがいるんだと言う事を 娘がこないだ言っていました。
    ワタシも 思ったことある。「ありがとう」って言えばいいのに それが言えない人。 そして自分に否があっても絶対に謝らない人。
    なんなんでしょうかね 人生長年生きていたら そういう人に遭遇しますが 娘は若干18年しか生きていなくても そういう子に出会っちゃって そういう人間もいるんだということを 学んでいます。(学ぶっていうのか?これw) 
    我が強いのかな~? なんなんでしょうか。
    素直になることに戸惑いがあるのか 素直に言えない何かがあるのか わかるようなわかんないような。
    ワタシは 言い過ぎかな?と言えるくらい 職場で(初めての時はとくに)間違えたら「すみません~~」「すみません」言っていた気がしますが・・・ でも回りはそんなワタシに優しくしてくれましたので やっぱり 間違えたら謝る。 まず謝る。 理由や言い訳があるなら そのあとで言う。(言えないこともあるがw)
    そして 感謝の気持ちを表すなら「ありがとう!」 これですよね ほんと。
    でも このちょっとした言葉が 素直に言えない人もいることは事実。
    いるよー 職場にも 朝の挨拶・・・・「なんか怒ってんの?」って思うような言い方する方も・・・。
    ワタシは朝から 元気よく~~がモットーです^^

    娘も部活動やバイトを自然にやっているので 挨拶はとても重要だということを知っているだけに 言わない人がいると (?)と思うみたいです。
    いやほんと コミュニケーション能力がない人は 伸びないよね。

    • さぶりん☆さんへ

      いつもいつも新人君に「すみません。」って言われるもので・・・。
      ついつい「すみません。」について考えてしまいましたよ。

      なっかなか夫婦でもありがとうって言いづらいですよね。
      なんだろ、やっぱりこっ恥ずかしい~~(* ´艸`)

      子供たちは大人の言葉をすごいマネていくのがわかりますよ。

      娘さん、さぶりん☆みたいなお母さんに育てられていて、ほんと羨ましいです!!
      さぶりん☆さんみたいな人が職場に是非欲しい。

      挨拶ってやっぱり言われて嫌な人、いない!!

      「間違えたら素直に謝る。」

      あ、これ、今日から我が家で是非実践していきます!!

      勉強よりも、コミュニケーション能力を我が家でも鍛えていきたいです。

      ありがとう、ありがとう、ありがとうーーーございます!!

    • ベルベットマウス様

      桃音です。
      初めまして。

      こちらこそお読み頂きましてありがとうございました。

      わたしも人生色んなことがあります。
      生きる上での指針になっていただければ幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です