東京・ミュージアム ぐるっとパス2016でレジャー費をぐっと節約!2,000円で都内79箇所の施設が遊び放題

「レジャーにはお得に出かけたい!」

寒い冬が終わって温かくなる季節がやってきました。
温かくなってくるとどこかに出かけたくなりますね。

「でもレジャーに行くにはお金がかかるし・・・。」

日々節約ばかりしているのに、レジャーに使うお金なんて余裕がない。

実は「東京・ミュージアム ぐるっとパス2016」というお得なチケットがあるのをご存じでしょうか?

このチケット、東京都内の観光をされる方にはびっくりするほどお得なチケットなのですよ!

東京・ミュージアムぐるっとパスのどこがお得なの?

mm_gurutto_20160807

「東京・ミュージアム ぐるっとパス2016」とは、都内79の美術館・博物館などの入場券または割引券がつづられた便利でお得なチケットブックです。

都内79箇所のぐるっとパス対象の施設のお得なチケットが、コンパクトに1冊に綴られているのです。

最終有効期限も決められていて、2017年3月31日(金)までです。

ちょっと有効期間が短いですね。
せめて半年は欲しいところです。

でもやっぱり魅力的なのは、お得過ぎる価格です。

都内79の美術館・博物館を、なんと2,000円で入ることが出来るのです。

全部行けたら1箇所辺り約25円ですから、行けば行くほどお得になるチケットなのです。

ぐるっとパスで行ける都内の79施設はここだ!

ぐるっとパスを使って、お得に行ける施設は一体どこでしょうか?

こちらがお得に行ける対象一覧です。

No.施設名
1下町風俗資料館
2上野の森美術館
3国立西洋美術館
4国立科学博物館
5東京国立博物館
6東京都美術館
7恩賜上野動物園
8東京藝術大学大学美術館
9朝倉彫塑館
10書道博物館
11一葉記念館
12石洞美術館
13アミューズミュージアム
14文京区立森_外記念館
15ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
16三井記念美術館
17東京国立近代美術館フィルムセンター
18相田みつを美術館
19出光美術館
20印刷博物館
21昭和館
22科学技術館
23東京国立近代美術館
24東京国立近代美術館工芸館
25パナソニック 汐溜ミュージアム
26菊池寛実記念 智美術館
27泉屋博古館分館
28森美術館/東京シティビュー
29国立新美術館
30渋谷区立松濤美術館
31戸栗美術館
32山種美術館
33東京都写真美術館 ※ぐるっとパスのご利用は11月22日〜
34松岡美術館
35国立科学博物館附属自然教育園
36東京都庭園美術館 
37目黒区美術館
38郷さくら美術館 東京
39アクセサリーミュージアム
40五島美術館
41世田谷文学館(9月15日まで)
42世田谷美術館
43新宿区立新宿歴史博物館
44東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
45文化学園服飾博物館
46刀剣博物館
47古賀政男音楽博物館
48東京オペラシティアートギャラリー
49NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
50新宿区立林芙美子記念館
51ちひろ美術館・東京
52練馬区立美術館
53古代オリエント博物館
54紙の博物館
55北区飛鳥山博物館
56たばこと塩の博物館
57東京都江戸東京博物館
58江東区芭蕉記念館
59東京都現代美術館(5月29日まで)
60江東区深川江戸資料館
61江東区中川船番所資料館
62地下鉄博物館
63葛西臨海水族園
64夢の島熱帯植物館
65パナソニックセンター東京リスーピア
66日本科学未来館
67武蔵野市立吉祥寺美術館
68井の頭自然文化園
69三鷹市美術ギャラリー
70三鷹市山本有三記念館
71調布市武者小路実篤記念館
72神代植物公園
73府中市美術館
74府中市郷土の森博物館
75多摩六都科学館
76江戸東京たてもの園
77小平市平櫛田中彫刻美術館
78多摩動物公園
79町田市立国際版画美術館

79施設もありますから、かなり身近に行けるところがいっぱいあるのではないでしょうか?

私がちなみに特に行きたい所が、以下の施設です。

葛西臨海水族園(東京都江戸川区):大人620円

m_kasai_suizokukan_20160430

関東では有名な水族館が、葛西臨海水族館です。

水族館が子どもたちは大好きですので、子供たちも喜びそうです。

ぐるっとパスでは行けませんが、水族館の中ではシャチのショーで迫力満点な千葉県鴨川市にある「鴨川シーワールド」もとってもおすすめですよ。

鴨川シーワールドの割引券はこんなにある!コンビニやお得なプランでシャチのショーでずぶ濡れになれ!

東京国立科学博物館(東京都台東区):大人620円

m_kokurittuhakubutukan_20160430

小学生ぐらいになると、博物館や科学館にとっても興味が湧いてきそうですね。

東京国立科学博物館は、恐竜など迫力満点の古代の展示物がいっぱい展示してあります。

福井県にある「福井県立恐竜博物館」も、とっても迫力満点で動いている恐竜がいてびっくりでした。

国内最大級の福井県立恐竜博物館は、化石発掘体験も出来てリアルに動いて吠える恐竜がいて迫力満点!

上野動物園(東京都台東区):大人一般600円

m_panda_20160430

かわいいパンダに会いたいですが、激混みでなかなか会えません。

我が家もGWに上野動物公園に実際に行ってきましたが、激混みで大変な思いをしてきました。

上野動物園の混雑状況。無料開園日、GW、こどもの日、夏休みはパンダまで大行列!割引券を持って行こう

日本科学未来館(東京都江東区):大人620円

m_2016-04-29 14.01.06

日本科学未来館では、最新のテクノロジーにいっぱい触れることができます

なお日本科学未来館をお得に入る方法は、こちらです。

日本科学未来館を割引価格で入る方法まとめ。お得な前売り券やチケットを行く前にチェック!

こんなにたくさんの施設に行けるなんて、本当に夢のようなチケットです。

ぐるっとパスはいつから発売?どこで買えるの?

こんなにお得なチケットですので、手に入れないワケにはいきません!

「東京・ミュージアム ぐるっとパス2016」は、2016年4月1日(水)から発売開始で来年2017年1月31日(火)まで販売しています。

注意点は、1度買ったチケットは払い戻しが出来ないことです。

また、手数料がかかる場合もありますし、他の割引券と併用出来ませんのでご注意下さい。

このチケットは「ぐるっとパス 2016」が使える79の施設の窓口で購入出来るほか、以下の販売場所で購入が可能です。

対象の79施設以外で買える施設はこちら

  • 東京観光情報センター(都庁第一本庁舎1階)
  • リブロ汐留シオサイト店・調布店
  • パルコブックセンター渋谷店・吉祥寺店
  • 上野公園案内所
  • 浅草文化観光センター(浅草雷門前)
  • TIC TOKYO(東京駅日本橋口)

引換券の販売窓口はこちら(パス実券と引き替えが可能)

  • e+(イープラス)東京ミュージアム ぐるっとパス
  • JR東日本のびゅうプラザ・主なみどりの窓口
  • ローソンチケット(Lコード:35467)
  • セブンイレブン・ファミリーマート・サークルKサンクス(JTB商品コード 0242460)
  • ミニストップ
  • JTB 各支店・JTBトラべランド各支店

セブン-イレブン店頭での引換券をお得に買う方法もありますので、ぜひ試してみてくださいね。

東京レジャーにおすすめチケット「ぐるっとパス」はセブン-イレブンでnanacoでお得に買ってから出かけよう

実際にぐるっとパスを対象施設で買ってみた

mm_2016-08-07 09.49.19

今回対象施設である「多摩六都科学館」に行って、実際に「ぐるっとパス」を購入してみました。

受付に「ぐるっとパスを買いたい。」と伝えて、2,000円の支払いを済ませて記名をしたら、すぐにその場で受け取ることができました。

 

mm_2016-08-07 09.48.15

入場券だけではなく、プラネタリウムの観覧付き券(1,000円分)が対象になっていました。

施設によって割引額は異なりますが、たった1施設で1,000円分ですので、かなりお得過ぎるチケットと言えるのではないでしょうか?

長期休みを利用して、子供と一緒にお得にお出かけに行こう!

長期休みに入ると、「どこかに連れて行って〜!」という連れてけコールの大合唱になると思います。

でもこのお得なぐるっとパスがあれば、どんどんお金を気にすることなく都内観光名所に連れていってあげることができますよね。

東京都民だけではなく、都内に遊びに来られたい方にはとってもおすすめ過ぎるチケットです。

子供用のぐるっとパスがないのが残念なのですが、家族で行く場合は夫婦で1冊ずつ買ってでかけましょう。

レジャーを制するものは、お得なチケットが制す!

レジャーには、ゼッタイ欠かせないチケットになるでしょう。

この78施設でレジャー費をお得に楽しく節約してみて下さいね。

家族で旅行代やレジャー費をお得にする方法はこちら!

家族で旅行・おでかけ&レジャー費の節約術。割引クーポンや無料施設を利用してみよう

有名なレジャー施設で当日発券でも割引になる「アソビュー」がおすすめ!

「アソビュー」はレジャー施設のお得な割引チケットやクーポンがネットで買える。全国を遊びまくろう!

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産を日々研究しているフリーライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。