2014年10月20日 

ペットは一生大事にする覚悟じゃないと飼ってはいけない。かわいいだけで飼うと悲惨な結末が待っているから。

「あのね、なんでもいいからペットが飼いたい。」

つい先日の秋祭りで。
学童で一緒の友達と金魚すくいをしたとのことでした。

「うちは日中誰もいないからペットは飼えないよ。」

我が家のマンションはペットの飼育は可ですが。
小さいうちからずっとダメと言い聞かせていました。

その言葉をずっと覚えていた長女。
金魚すくいですくった金魚を。
途中の道路にわざと置いてきたようです。

kingyo_141020

それを聞いてなんてかわいそうなことを!
と怒ろうとしてしまったのですが。

「お母さんに金魚見せると怒られると思ったから。」

半べそをかいて帰ってきた長女。

犬やネコなどは困りますが。
金魚ぐらいは全然OKなのに。

長女にキツく言いすぎていた自分に大いに反省しました。

「でもね、本当は犬が飼いたいんだ。」

ボソっと言った長女。
でもどうしても飼う勇気がないのです。

子供の頃に飼っていた犬のこと

zasshu_20141020
私には小学生の時に雑種犬を飼っていました。

たくましく育って欲しい気持ちで。
名前は「ロッキー」と名づけました。

とても人なつっこくて。
決して人を威嚇することなく。
私に従順でおとなしい犬でした。

学校が休みでぽかぽかに晴れたある日。
気持よく外の犬小屋で寝ていたロッキー。

同じクラスの男の子達が隠れんぼをしに来て。
私の家の庭を走り回っていたのです。

そんな男の子たちにびっくりしたのか。
主人を守ろうと思ったのか。

突然近づいてきた男の子に跳びかかり。

腕を思いっきり噛んだのです。

腕に何針も覆う大怪我。
一生残る傷跡を作ってしまいました。

近所中、学校中のうわさになり。
我が家が悪くなくても。
ロッキーは家にいる事が出来なくなりました。

ロッキーはただ主人を守ろうとしただけなのに。

事件から1週間も経たないうちに。
保健所に連れて行かれる事になったのです。

学校から帰ってきてしっぽを振ってくれたロッキー。

その事件以来、空っぽの犬小屋と綱を見ては。
涙が止まらない生活を送ることになったのです。

本当は夫婦共に犬が心底から大好きなのですが。

この事件以来犬を飼う事へのトラウマがありまして。
未だに飼う勇気が持てていません。

一生大事にする覚悟じゃないと飼ってはいけない。

雑誌やCMやテレビでは。
ペットのかわいい面だけが映し出されます。

もちろんペットはとってもかわいいし。
いるだけで人間に癒やしを与えてくれます。

でも実際に飼ってみてわかったことは。

えさ箱からえさを撒き散らかし。
糞をしつけるまではそこら中にするし。
散歩に行っても糞の始末も大変。

予防接種、耳掃除に爪切り。毛のカット。
今思うと人間の赤ちゃんそのものです。

旅行に行きたくても好き勝手に行けません。

雑誌のようなイメージとはまったく違い。
飼うことは想像以上に大変でした。

かわいいだけでは飼えません。

お金も手間もほんとうにかかります。

家族の一員であるから一生大事にする。

成人犬になっても、老人犬になっても。
一生大事にしていく覚悟じゃないと。

絶対ペットは飼ってはいけません。

最近は捨てられてしまうペットの数が多過ぎます。

捨てられたらどうなってしまうか。
考えたことあるのでしょうか?

中途半端な気持ちで飼うぐらいなら。
最初から飼わないほうがいい。

娘にはその気持ちがきちんと芽生えるまで。

「家族」の一生を大事にする覚悟が出来るまで。
今はその様子をじーっと観察しています。

そんな我が家にも新しいペットが来ました。

「なんでもいいから何か飼いたい!」

決めたことは絶対曲げない長女。
私の子供の頃そっくりなのです。
私も母にダダをこねていたなぁと。

私は長女が学童保育が終わったら。
何かしらペットは飼いたいと考えています。

やはり命の大切さを肌で感じて欲しいから。
「家族」が亡くなる辛さをわかって欲しいから。

今飼えるとしたら金魚かアリかスズムシぐらい?

でも現時点では植物でさえ枯らしてしまう我が家。

マンションのベランダには枯れた朝顔の残骸が・・・。

 

生き物を飼えるココロの余裕がない!

 

そんな我が家でも飼えるような。
新しい家族が来ました。

それがこちらです。

2014-10-20 07.12.52

先日ホームセンターで一目惚れしまったのです。

名前は「ちーこ」と申します^^
小さいからちーこなのだそうです。

娘よりも私の方がこの子への思いが強いので。
これを自分だと思って、プロフィールに使うことにしました。

桃音の分身をどうぞこれからもよろしくお願いします。

次女の話によると。

2014-10-20 20.24.24

お魚をよく食べるそうです。

 

2014-10-20 20.21.51

お手もするそうです。

 

2014-10-20 20.21.13

頭はかなり禿げておりますが・・・。

 

家族みんなを癒してくれています´∀`*

 

ほとんどえさを必要とせず。
少量のおいしいお水だけで。
ひなたぼっこを楽しんでいるようです。

この子が息絶えてしまったら。
娘には相当飼う能力がないことでしょう(つェ⊂)

家族を大切に思う心を持つことは。
自分を大切に生きられるようになります。

お互い信頼関係が出来上がっていって。
家族同士が強い結束で結ばれていきます。

「この子のためならなんでもできる!」

そんな風に考えてくれる日がくるまで。

我が家ではこれからもこの子を通じて。
命の大切さという教育を続けていきたいと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう