イライラが止まらない、ストレスの塊でいっぱいになってしまった時に1番大切にしたいこと

先日、私は久しぶりにあまり行かない都内に行ってきました。

普段乗らない慣れない路線をウロウロしていましたが、人の流れに線路はありません。歩く先は常に大渋滞で交通ルールも信号もありません。

縦横無尽に、好き勝手に歩いている人達ばかりです。

電車の中では前を向いている人は少なくスマホを見ているばかりで、誰一人会話をしている人もいません。

無機質な空気が漂う現代社会に、顔には温かい表情が感じることができません。

仕事や人間関係のことで、イライラしているのでしょうか?

通勤経路は、まさにストレスの吐き出し場です。満員電車の車内は、まさに我慢大会です。口には出さなけれど、ヒシヒシと感じる痛々しい攻撃的な空間が広がっています。

現代人は、どうしてイライラしてばかりの人が増えてしまったのでしょうか?

現代社会はイライラとストレスの塊

仕事の能力がなかなか評価されない。
自分は同期より昇給がとっても遅い。

自分がした功績が横取りされてしまった。
やってもないのに、自分のせいにされた。

仕事をしている人なら、何かしら経験された方も多いことでしょう。

私たちは働いていると、毎日不遇の事態に遇います。毎日イライラと不満で、心の中が爆発しそうになることも多いです。

毎日生きていると、イライラしていない人を見つける方が難しいのではないか?と感じます。

多くの人がイライラしていて落ち着きがなく、まるでイライラは伝染病であるかのように、現代社会に感染がどんどん増殖していきます。

イライラしやすい現代社会に生まれたな?と感じます。

競争社会の中で何が何でも追いつき、追い越さないと置いていかれてしまうかのような焦りを感じます。

現代人は、どこかで無理をして生きています。無理をしないと生きていけないのが現代社会ですが、イライラは生理的にとても悪い作用を起こします。

心身共に害しますし、人間関係も壊します。ずっとため込んでいたストレスが爆発してしまったことで、社会的な信用までも失ったりします。

「イライラしている自分をなくしたい。ストレスの塊を取りたい。」

誰もがストレスなく楽しく生きたいと思っているはずです。

一体どうしたら、イライラしない生活や生き方をしていけるのでしょうか?

自分のイライラの原因を知ろう

イライラとは、一体どういったものがあるのでしょうか?

もやもやとしてイライラしている原因がわからないからこそ、そのイライラの正体を知ることが大切です。

生理的、身体的に不快な状態のイライラ、思い通りにならずに欲求が満たさない時に起こるイライラ、葛藤や悩みから来るイライラもあります。

不安で仕方がないことから来るイライラもありますし、精神障害から来るイライラなど治療を要するイライラもあります。

落ち着かなくて不安な状態の時ならまだすぐにイライラはおさまるかもしれませんが、イライラが爆発して切れてしまって、継続してしまったら大変です。

やがてお酒やギャンブル、女や男遊び、ゲームやネット依存にまで発展していってしまうケースもあります。

精神的にもやられてしまい、取り返しがつかない惨事になってしまうケースもあります。

ちなみに私のイライラの種類ですか?

やっぱり子育てと仕事のイライラが多いですね。これは葛藤や悩みから来るイライラに該当するでしょう。

自分では処理出来ない、自分の思い通りにいかないからこそ出てくるストレスです。

一体どのようにしたら、イライラせずに体も心も健全でいられるようになるのでしょうか?

現代社会は刺激がたっぷりと溢れすぎている

昔からイライラすることはあったと思いますが、現代社会のイライラはまた違った感じでイライラしているように感じます。

これだけの情報社会ですから、刺激がたっぷりと溢れすぎていますよね?

都会はネオンで不夜城の世界で、徹夜で遊んで飲みまくってグデングデンになってゴミ箱の中に埋もれて、朝方にカラスに起こされる人もいます。

パチンコやスロットや競馬で1度当たった興奮が忘れられず、気がつくとどっぷりと中毒になっていたりします。

テレビやゲームやスマホやパソコン、見たいわけでもないのにチャンネルを右往左往切り替えるだけで終わってしまい、気がついたら深夜遅くまで見ている事も・・。

このように生活が不規則になってくると、心身が不調になってきます。情報社会が発達するに連れてとても便利な反面、イライラの原因にもなってくるのです。

育児によりイライラすることもたくさんあります

最近は育児ノイローゼになる母親も多いです。 私も育児ノイローゼになったことがあります。

育児ストレスもう限界!イライラ爆発で育児ノイローゼになって壊れてしまった私がした発散と対処法

出産してとても幸せであるはずなのに、子供が自分の思い通りにならず、イライラを感じてしまうのです。

誰か話し相手がいれば変わるのですが、誰も聞く人がそばにいない状態です。そばにいるのはギャーギャー泣いている宇宙人のような子だけ・・。

「もう何がしたいのかわからない!」

宇宙語が理解出来なくて一人ぼっちでどうしていいかわからず、それだけでイライラです。泣いたって叫んだって、誰も助けてなんかくれない・・。

ノイローゼになってしまう人の気持ちが、ものすごいよくわかります。

イライラしたくてしているのではない。
わかっているからこそ罪悪感がひどい。

どうにかして、このイライラしない方法はないのでしょうか?

イライラした時に私がしているストレス対処法

いつまでもイライラしていると、本気で病気になります。ひどくなってくると、心の病気である「うつ病」を発症することだってあります。

だから私はイライラした時に、気持ちの切り替え時間を作るようにしています。イライラを克服するためには、「気持ちの切り替え力」をつけることが大事です。

「今日は学校で何していたのかな?」

仕事が終わったら、すぐに頭を「家モード」にスイッチオンです。

ネットを見ていて気分が落ち込んだ時や、周りの無機質を受けて心が乾燥し、潤いが満たされない時は、本を読んだり映画を見たり、体を動かして気持ちを切り替えます。

フィットネスクラブも良いと思いますが、子供がいるとなかなか自由に通うことが出来ませんので、家の中で踊りまくりです!汗をかくまで懸命に踊りまくります。

ダイエットにもなるし、気持ちもスカッとします。いつの間にかイライラが消えて笑顔になります。

ライフスタイルに変化を取り入れましょう。
そのために体を動かす習慣をつけましょう。

自分だけのイライラ対処法を見つけて、自分が1番心地よいと思える気分転換をしてみることも1つの対処法ですが、ストレスはなくなりませんし、完全に解消することも難しいです。

ストレスを解消して、発散することも大切ですが、ストレスと向き合い、ストレスが少ない生き方を考えていくことも大切です。

人生で自分自身を1番大切にし、自分に愛情を注いであげよう

イライラして、ストレスが大きな塊となって心の中にたまってしまった時、心に我慢なんてし続ける必要なんてありません。いい感情も悪い感情も、どちらも人間を育てていくからです。

「バカ、アホ、コンチキショー!」

イライラしたら人にぶつけたくなりますが、まずはいつも持っている手帳でもいいので、殴り書きをして心の中を出してあげましょう。

自分の中にたまっているストレスの塊を、言葉にしてあげます。我慢出来なかったら泣きます。思いっきり泣きます。

言葉にして見えるようにして感情を外に出すことで、スッキリすることもあるから不思議です。

どうしても自分のことを後回しにしてしまい、知らないうちに心も体もカラッカラに乾燥していることがあります。

自分の限界を超えてまで、頑張ってしまっているからです。

疲れたなぁ〜と思ったら、自分のことを1番に考えて、自分自身に愛情をいっぱい注いであげるようにしましょう。

他人を攻撃したりぶつけるのではなく、自分に「愛」「潤い」を与えましょう。

自分に愛情を注ぐことで、不思議と他人にもイライラしなくなっていきます。干からびていた土にたくさんの水分が注がれて、心の栄養がすくすくと育ち、キラキラと輝く花が心に咲くことでしょう。

人生でもっとも大切にするのは、あなた自身です。

自分自身を1番大切にすることで、他人も大切にしていけるのです。

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住小学校2人の娘を持つ母。機械メーカーで10年間勤務した後に独立。Webサイト運営、ブロガー、多摩地域・PRライター。

このブログでは私が生きている中で経験してきたことや日々の暮らしに役立つ情報を誰にでもわかりやすくお届けしていく予定です。