家探しで失敗しない土地選びのポイント。買ってからしまった!と後悔する前に道路のことを知っておこう

あなたは家が欲しいと思っていますか?

新築一戸建てが欲しいと思った時、悩むのが土地選びです。
どこがいいのかな?と困ってしまうことが多いと思います。

私も新築一戸建てを選ぶ時に、土地探しでものすごい迷いました。

駅近とか学校に近いとか、周りの環境で悩むことも多いと思いますが、それ以上に悩んだのが土地に面している道路の向きです。

色々と見て不動産屋さんと話してみた結果、どの方角がおすすめかがわかってきました。

一体どんな土地がおすすめで、どんな点に気をつけておくべきなのでしょうか?

新築一戸建てを選ぶ時に土地の向きは南向きがいいと思っていた

minamidouro_2015-10-26 17.33.15

新築一戸建てを選ぶ時に1番重要視したのは、やはり土地に面している道路でした。

不動産情報を見てみると、「南道路」「北道路」「東道路」「西道路」など、その土地に接している道路がどの方角にあるかで、土地を分類しています。

「やはり日当たりが1番大事だから、南側に道路がある家が1番いいよね。」

日当たりがいい土地がいいに決まっていますから、不動産情報を探す時も太陽がポカポカと当たる南向きの家一択で探していました。

欲を言えば、南道路で東側に道路があるという、南東角地が1番欲しい土地でした。

確かに南道路だととっても日当たりはいいですし、土地の価値も1割以上は他の道路づけに比べると高いので、将来高く売れる可能性があります。

でも色んな物件を見て、メリットだけではないことがわかってきました。

南道路に面する家にはデメリットが多数ある理由

南向きの道路には、実はたくさんのデメリットがあるのです。

目の前を人がたくさん通っていくためにカーテンが開けられない

南側に道路があるということは、道路にはたくさんの人がウロウロと歩きます。

中にいる人は、まるで自分の家が見られているような錯覚に陥ります。

ひどい場所にあると、信号のある道路の角地に家がある場合があって、目の前に多くの人が信号待ちをしている風景がリビングから見えたりします。

「どんなソファーやテーブルを使っているのかしら?」

ジロジロと中を見られて、ぜんぜんご飯を落ち着いて食べられませんよ?

昼間だろうが、ずっとカーテンを閉めたままの生活になります。

300坪ぐらいのとても大きな敷地内に、40坪ぐらいの家を立てるなら気にならないかもしれませんが、現実的ではありません。

せっかく日当たりがいいのに、ずっとカーテンやシャッター生活を強いられることになる可能性もあるのです。

家の前に大きな建物が建ったら、日当たり+プライバシーまでNGに

南道路は日当たりが確保できるからメリットがあるのに、気をつけるべき点があります。

自分の敷地の前に、何か大きな建物が建つ可能性があるときです。

一戸建てならぜんぜん問題ないと思うのですが、問題はマンションなのですね。

マンションが目の前に建つだけで日当たりは悪くなりますし、何よりマンションの上の階の人から、中が丸見えになってしまいます。

「あ、どうも、こんにちは〜!」

2階の部屋のベッドから、マンションの通路にいる人とご挨拶です。

これってすごい恥ずかしいし、イヤじゃないですか!?
窓なんて開けてパンツ一枚の姿が丸見えになるのです。

ハダカで歩いていたら、目が合ったらキャー!って叫んじゃいます。

常に見られているようなストレスが増える可能性が出てくるのです。

後ろの家の日当たりまで気にしなくちゃいけない

南向き道路は、自分の家だけではなく裏の家の日当たりも気にして立てなければなりません。

北側斜線制限と言って、北側の境界から一定の距離を置いて立てなければならないという規制があります。

前からも後ろからも、色々と攻められてすごい大変なのが南道路なのです。

買う時に自分の敷地内だけではなく、前も後ろもしっかりと確認する必要があるのです。

どうしても南道路が良ければ、予算は多めに、目の前がお墓などほぼ100%高い建物が建たない場所じゃないと、日当たりを長く確保することは難しいでしょう。

一番おすすめだと思う土地は北道路であると思う理由

kitadouro_2015-10-26 17.23.14

「道路付けで1番おすすめだと思う方角の道路はどれなの?」

東道路は朝日が入るけれど夕方寒いし、西側道路は夏は西日でものすごい暑いです。

どの道路もメリットとデメリットがありますが、一番おすすめだと思う土地は北道路です。

北側に道路がありますから、北側が駐車場を配置して中心に家、南側に庭を配置するのがスタンダードな造りになります。

こういう配置ですと、道路から庭や家の南側の様子が不特定多数の人からは見られないからです。

また北側に駐車場があることで、夏のデリデリの日差しに車が当たることがなく、車が長持ちすることになります。

南道路のデメリットが、北道路のメリットになるわけですね。

南向きに比べると土地代が安くて、人目も大して気にしなくてよくてと、最高にいい立地になるわけです。

それでも北道路にもやはりデメリットはある

それでもやっぱり北道路にもデメリットがあって、雪が積もったらなかなか溶けないし、何だか圧迫されていて開放感がありません。

以前とても気にいった新築一戸建てを、契約寸前までいったことがあるのですが、狭い敷地であったゆえに、前の家のキッチンから聞こえるジャーって音が気になって気になって・・・。

北道路でも東も西もぜんぶ閉じ込められていると、ほんと箱のなかにいるかのような気分になります。

1つの土地を分割して販売していた分譲住宅でしたが、隣は角地でしたので開放感がまったく違いました。

都内ではもう仕方がないことですけれどね。

それでもとても信頼のおける不動産屋さんに聞くと、やはり不動産屋さんでも北道路に住まわれている方がとても多いということでした。

他の人の基準を鵜呑みにしないことが土地選びの最大のポイント

どの方面の土地にも言えることですが、やはりどの道路に面している家でもメリットとデメリットは必ずあります。

すべてが完璧である土地なんて、ゼッタイにありえません。

土地選びで1番気をつけて欲しいことは、「南道路が1番いい。」という神話だけを信じて家を買わないで欲しいということです。

家って自分たちが居心地良く住むために存在します。

自慢するためでも、ただ資産価値が高い家を買うことでも何でもありません。

他人の意見をそのまま鵜呑みにして買わないで、自分のライフスタイルに合った買い方をすることが土地選びの最大のポイントです。

自分たちが生活して、何年も寝て起きてずっと住む家です。

自分自身や家族が納得すれば、他人の意見なんて参考にする程度でいいのです。

そのためにはしっかりと話し合って、こんな暮らしがしたい!という軸をきちんと持っているようにしましょう。

あなたの土地選びの参考にしてみてくださいね。

家を売りたいけれど、どうしていいかわからないあなたへ

ie_uru_20160402

「家を売りたくても、どうしていいかわからない!」

「とにかく高く早く売りたいけれど、営業力がある会社が知りたい!」

マイホームの購入に失敗してしまい、家を売りたくてもどうしていいか困っている方も多いのではないでしょうか?

家を売るなんて一生に一度あるかないかぐらいですから、すごい不安だと思います。

どうしていいのか、さっぱりわからないですよね。

そんなあなたにおすすめなのが、不動産一括査定サイト「イエウール」です。

なんと1,200社以上の会社から、あなたにピッタリの不動産会社を簡単に知ることができます。

入力する項目はとっても簡単で、なんとたったの60秒入力で、スピード査定依頼をすることができます。

「査定する会社って選べるのかしら?突然電話がかかってこないか不安。」

がんがん電話がかかってきたら不安ですよね。
でも「イエウール」なら、だいじょうぶです。

m_ieuru1_2016-04-02 15.04.12

査定方法は「訪問査定」「机上査定」か、どちらかを選ぶことができます。

訪問査定までしなくても、おおよその査定額でいいわという方には、とっても便利ですよね。

m_m_ieuru2_2016-04-02 15.05.51

不動産会社も全部依頼したくなければ、チェックをはずして選ぶことが可能ですし、コメントで「メール連絡希望」など書くことができます。

選べないサイトが多い中、「イエウール」のように選べるのは非常にうれしいシステムです。

たったの1分入力して、今のあなたの家の価値を調べてみましょう。

家の売却をしてお金の問題を解決できるのは、あなたがまずは1歩でも行動を起こした時なのです。

査定自体は無料ですので、あなたが損することはありません。

査定を放置していることで、どんどん価値が下がって損することはあります。

まずはあなたの家の「おねだん」を出してみましょう。
思わぬ高値がついてびっくりするかもしれませんよ?

我が家っていくらで売れるのかしら?「イエウール」でたったの60秒入力して、いくらか確かめてみる

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産のことが大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。