ドラム式洗濯機の洗濯槽掃除には「木村石鹸」のクリーナーがおすすめ。隠れたカビをすっきり落とす

洗濯槽クリーナー

「なんだか洗濯機の中が生臭いわ。」

「洗濯物に黒いゴミみたいのが・・。」

洗濯機を日々使っていると、ドアを開けたときになんとなく臭ったり、黒いゴミがついてたりすることってありませんか?

洗濯ものの生乾き臭、部屋干し臭は洗濯槽の汚れが原因かもしれません。

この見えない洗濯槽が大変なことになっているかもしれないのです!

洗濯槽の中はほったらかしにしておくととんでもないことに

洗濯槽の中って、奥の方が見えづらいため、汚れているかどうかわかりづらいです。しかもドラム式洗濯機は斜めについているため、見えづらいもの。

しかし、そんな見えづらい部分に実は、大量の、大量の、

 

洗濯槽のカビ

カ、カビが〜〜!

洗濯槽の裏側は見ることができませんが、カビや汚れがかなり付着しています。その状態で洗濯すると衣類に汚れがついて、生乾きのニオイの原因になります。

ニオイとか洗濯物に黒いゴミがつきはじめたら、洗濯槽の中はこんな状態になっていると疑った方がいいです。

洗濯槽をキレイに保つために、適した洗濯槽専用洗剤を選ぶ

洗濯機

ドラム式洗濯機はカビが大変繁殖しやすいため、定期的にお手入れをしてあげる必要があります。

洗濯槽の黒カビ対策に活用したいのが、洗濯槽専用のクリーナーです。

構造上、ドラム式洗濯機は斜めに傾いているため、クリーナーが吹きこぼれやすく、故障する可能性も高くなります。

また、ドラム式洗濯機は洗濯槽が泡立つと自動で排水するしくみになっており、十分な洗浄効果が得られない場合も。

ドラム式洗濯機に特化した洗剤を選ぶことが、適切な黒カビ対策になります。

ドラム式洗濯機は、安心・安全な専用の洗濯槽クリーナーでお手入れ

洗濯槽クリーナーは世の中にたくさん出ています。一体どれを使ったらいいのか、ありすぎてわからないですよね。

汚れが溜まってしまった洗濯槽の掃除には、「酸素系」の洗濯槽クリーナーがおすすめです。

市場に多く出回っている塩素系の洗濯槽クリーナーは、どうしてもニオイがキツイですが、酸素系はニオイを気にせず、安心して使うことができます。

洗濯洗剤

ドラム式専用の酵素系クリーナーでおすすめなのが、老舗の石鹸メーカー「木村石鹸」の「洗濯槽の洗浄剤 A ドラム式洗濯機用 洗濯槽クリーナー」です。

なんと掃除用洗剤・洗濯用洗剤・柔軟剤部門で、楽天ランキング1位を獲得した人気商品です。

大正13年創業の「木村石鹸」は原料から厳選し、自社の釜を使って石けんを焚き上げています。

 

洗濯槽クリーナー

原材料が「石けん素地」とシンプル。デジタルと逆行している製法ですが、昔から受け継がれている伝統を守って作られていますので、安心して使うことができます。

でも、石けんは合成洗剤より洗浄力は弱いんじゃない?水に溶けづらいのでは?という心配もありますよね。

それでは、実際に使ってみることにしましょう。

洗濯槽クリーナーの使い方はとても簡単!

洗濯機

洗濯槽クリーナーの使い方は、とても簡単です。

標準コース(乾燥は不可)を選択し、ドラム内に水をためていきます。洗濯槽洗浄コースがついている場合は、洗濯槽洗浄コースを選択します。

現在使っているのは、パナソニックの自動投入機能がついた洗濯機ですが、こちらには機能がついていましたので、今回は「槽洗浄」コースを選択。

パナソニックドラム式洗濯機(NA-VX8800)レビュー。自動投入機能で洗剤を計る手間が減ってラクラク

 

クリーナーを入れるところ

水がたまれば一時停止し、スプーン約5杯(中身半分)の粉末を入れて再度運転します。

 

洗濯機

きめ細かい泡でモコモコですね。

標準コースの場合、約5分運転後に一時停止し、2〜3時間放置します。槽洗浄がある洗濯機は、この放置を自動でやってくれます。

運転を再開して排水まで行い、標準コースで1~2サイクル運転させればOK!

 

キレイな洗濯機

おぉ〜!ステンレスがピカピカに輝いています。

使用前は明らかに嫌なニオイを放っていましたが、すっかりクリーンなニオイに生まれ変わっていました。

カビである細かい黒いゴミも出てこなくなったため、石けんでもしっかりと樽洗浄できていることがわかりました。

 

洗濯槽クリーナー

洗濯槽クリーナーは2回分使えます。チャックを閉められて立てかけておけるからこそ、洗面台にコンパクトに収納しておくことができます。

パッケージもシンプルでおしゃれですので、どこに置いてもインテリア性が高いのもうれしいですね。

洗濯槽は思いのほか汚れている。安心できるクリーナーで定期清掃を

洗濯洗剤

見える部分は汚れているため、掃除しなきゃって思います。しかし、洗濯槽という見えない部分にカビが大量に繁殖しているとは驚きですよね。

ドラム式洗濯機は、専用のクリーナーを使ってあげることで、泡が溢れることなくしっかりと掃除することができます。

私自身、合成洗剤で手が荒れやすく、合成の洗濯槽クリーナーの使用はためらっていました。

しかし、「木村石鹸」の石けん素材のクリーナーのおかげで、手荒れすることなくツルツルにキレイにすることができました。洗剤で荒れないなんて、本当にうれしすぎる!

洗濯槽を洗いたいけれど、手荒れが心配、安心・安全のクリーナーでしっかりと汚れが落ちるモノを使いたいなと思われましたら、ぜひ「木村石鹸」の槽洗浄クリーナーを使ってみてくださいね。

木村石鹸「洗濯槽の洗浄剤 A ドラム式洗濯機用 洗濯槽クリーナー」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう