コンビニ派の食費節約術。PB商品を上手く活用すればスーパーの買い物以上にお得にできる

食費の節約をしたいと思った時、コンビニで買うことなんてNGだと思ってしまいます。

やはり値引きや割引セールを行っているスーパーと比べたら、コンビニで食料品を買うなんて「定価 = 高い」という先入観をどうしても持ってしまいますよね。

私もコンビニで食料品を買うなんて、もってのほか!と思っていました。

しかし最近になってコンビニに行ってみると、激安スーパーとはまったく比較にはなりませんが、「おぉ、安いじゃん!」と思える商品がたくさん置いてあることに気がつきました。

コンビニを上手く活用して食費を節約する方法を、ぜひご紹介したいと思います。

コンビニのプライベート(PB)商品がスーパーと同じぐらい安い!

プライベート(PB)商品って、ご存知でしょうか?

総合スーパーである「イオン」は「トップバリュ」、「イトーヨーカドー」は「セブンプレミアム」など、独自のPB商品があることは有名です。

しかしコンビニにも、たっくさんのPB商品が置いてあるのです。

「セブン−イレブン」でも「イトーヨーカドー」と同じPB商品が置いてありますが、パウチ惣菜が本当に使いやすくておいしいです。ハンバーグや焼き魚なんて、温めるだけですぐに食卓に出せます。

忙しいワーキングマザーの夕飯作り時短術。つらい時は「セブンプレミアム」の便利食材にとことん頼る

 

お惣菜の価格や調味料、お菓子やコーヒーなど、どれもスーパーと同価格かそれ以上に安い商品も置いてあったりします。

コンビニは高いという常識なんて、今はまったく通用しなくなってきているのです。

個別包装や少量化で、食料品を余らすことなく経済的に使い切れる

一人暮らしや高齢の方は、料理をするといっぱいに出来てしまい、毎日同じメニューになってしまったり、余らせて捨ててしまうことも多いかと思います。

しかし、最近のコンビニのお惣菜は個別包装少量化が進んでいて、どれも1人で食べきるにはとっても便利な大きさになっています。

買いすぎて余らせてしまうことで食費が無駄になってしまいますから、量少なめで価格を押さえた方がお得になります。

今日は旦那が残業で遅いとか、忙しくて料理を作っていられないなんて時に、この少量パックとご飯があるだけでホッとしますよね。

一人暮らしの人や忙しい共働きにとって、コンビニ惣菜は要チェックの便利アイテムとなっているのです。

スーパーへの移動やレジ待ち時間を考えると決して安くない

スーパーの方が安いからと、仕事から帰ってきてコンビニの前を通り過ぎ、わざわざ15分ぐらい歩いてスーパーに向かってしまうことってないですか?

スーパーに行くまで時間もかかるのに、スーパーの中に入ってカゴを持つまでの時間、広い店内で目当ての商品を見つけるまでの時間、夕方の混む時間による長蛇のレジ待ちの時間・・。

スーパーに行って帰ってくるまで、膨大な時間がかかります!

時間って、お金と同等、いや、お金以上にもっとも大切にした方がいいです。生み出した時間を使って、他の有意義で楽しいことに使うことができるからです。

共働き家計は10円の節約のために30分浪費するな。お金で時間を買うようにしよう

スーパーへの移動やレジ待ち時間で約1時間かかり、週3日行くとしたら、

1日1,500円 × 3日 × 4週 = 18,000円/1ヶ月、1年間で約21万円の時間をロスしていることになります。楽しい温泉旅行に行けちゃいますよね。

このように時間をお金に変えて計算していくと、決してスーパーの方が安いとは言えないのです。

コンビニではたった1点買うだけでも気兼ねなく買える!

「あぁ、おかず1品だけ買いたいなぁ。でもスーパーだと並びづらい・・。」

スーパーに行くと多くの人がカートを引いていて、カゴにたくさんの商品を入れてレジ待ちしているじゃないですか?

イライラしながら待っているおばちゃんの間で、1点だけお惣菜を持っていると、すっごい罪悪感を感じてしまわないですか・・?

1点だけ買うのが何だか恥ずかしくなって、ついついお菓子や飲み物に手が延びてしまい、結局余計なものを買って無駄買いにつながってしまったりします。

でもコンビニだったら、ほとんどの人が1〜3点ぐらいしか買いません!罪悪感を感じることなく、楽しく買い物をすることができます。

コロッケやフライドチキンなんて、家で作ったらものすごい大変です。しかも大量にできてしまいます。食べきれずに余るか食べすぎて太る結果に・。

時間を大切にしたい時こそ、完成品を1品でも利用した方が断然お得です。

買い忘れたものだけを1品だけ買いに行く時などは、コンビニのPB商品や調味料でお得に気兼ねなく買うことができるのです。

コンビニでの注意点!買ってはいけないものには手を出さない

PB商品はお得だし、時間的にもスイスイと買い物ができる気軽さがあるのがコンビニです。

しかし、コンビニにも注意点あり!

やはり、買ってはいけない商品があります。

PB商品はとってもお得なのですが、お菓子や調味料や飲み物、日用品などは定価に近い価格設定になっている事が多いです。

どうしても緊急性が高くて必要な時は致し方ないですが、コンビニを利用するぐらいだったらドラッグストアに行って買った方がお得です。

あとはコンビニでは、新製品や限定商品の誘惑ラッシュがあります。

小さい空間だからこそ、目につきやすいです。危険です!ほんと誘惑だらけ・・。

レジ前の目立つ場所に「限定品」や「新製品」のスイーツがあったら、ついつい「これも!」と手が伸びてしまいたくなります。

お得な商品もある中で、定価に近いものを買ったり、限定の新作商品に心を奪われないように気をつけましょう。

コンビニを上手く活用して、食費と時間の節約を同時にしよう

スーパーにわざわざ行って、頑張って安い食材を買って、時間をたっぷりとかけて料理をすることだけが食費の節約術ではありません。

お金の節約のためだけに価格だけにどうしても目が行ってしまいがちですが、他の大切な時間も同時に失っていることに気がつきましょう。

コンビニを利用することに、小さい子供がいるとどうしても抵抗感があるかと思います。

「あぁ、あのうち、料理しないのね・・。」なんて、冷たい目線を向けられるのかと思うと、罪悪感いっぱいになって不安になってきますよね。

そんな人の目なんて、まったく気にする必要ありません!

私の周りの働くママさん達は、保育園のお迎えの後にコンビニに堂々と子供と一緒に入って、上手にPB商品を組み合わせて、家事と育児の両立をしている人がたくさんいましたよ〜!

食費の節約も大事ですが、たまに限定スイーツも買ってもいいじゃないですか(笑)イライラしながら過ごす方が、人生において何倍も損することが多いです。

罪悪感いっぱいでイライラしながら、スーパーに行くのなんてやめていいですからね。

ギスギスして家族の仲が悪くなるぐらいだったら、堂々とコンビニに行ってPB商品や少量パックを買って、余裕があれば少しアレンジして食卓に笑顔で出せばいいのです。

コンビニですぐに買い物ができるように、食卓でもすぐに笑顔になれます。

いつもコンビニばかりだと返って高くついてしまいますが、忙しい時はコンビニを頼るのです。できないことは、適材適所が大切です。

ぜひ便利なものをどんどん活用して、毎日楽しく「笑顔貯金」をしていきましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住小学校2人の娘を持つ母。機械メーカーで10年間勤務した後に独立。Webサイト運営、ブロガー、ライター。

このブログは家計管理や貯金などお金との向き合い方、自分らしい生き方や働き方を見つけて人生をプラスに変えていける方法を誰にでもわかりやすくお届けしていきます。