ELECOMのケーブル収納ボックスでルンバのコード絡まりを解消!インテリア性も抜群で部屋の中スッキリ

コード収納ボックス

「ゴチャゴチャのケーブルのせいで、ルンバがまた止まっている!」

ロボット掃除機「ルンバ」が来てから、家の中の掃除がとてもラクに。今ではルンバのない生活なんて考えられないほどです。

しかし、コードの渦の中でもがき苦しみながら助けを求めている姿を見るたびに、「ルンバちゃん、片付けてなくてごめんね」と、申し訳ない気持ちでいっぱいに。

ルンバに巻き込まれるとケーブルも切れちゃうし、「ケーブルをなんとかしてスッキリさせたい!」と思っていたところ、Amazonでステキな「ケーブル収納ボックス」を発見!

あまり期待してなかったのですが、早速購入して使ってみたところ、こんなに便利だとは思いもよらなかったのです。

今回購入したのは「ELECOM」のケーブル収納ボックス

ケーブル収納ボックス

今回購入したのが「ELECOM」のケーブル収納ボックス。燃えにくいプラスチック製で、長さ36cm以下の6個口の電源タップ、複数のケーブルやコードをスッキリ収納することができます。

 

ケーブル収納ボックス

箱の大きさは、横40cm×奥行16cm×高さ13.9cmと、電源タップがすっぽり入る大きさ。しかも、質量は895gととても軽い!

 

ケーブル収納ボックス

ただフタを上に乗せるだけで、カチッとしっかり閉めることはできませんが、開け閉めしやすい点がポイント。

 

コード収納ボックス

ボックスの底面には、内部の温度上昇を緩和する通気穴がついています。滑り止めがついており、フローリングでも滑りません。

 

ケーブル収納ボックス

側面にスリットがあるため、左右どちらからでも電源ケーブルを出せるようになっているのがとても便利!

早速ですが、コード類をボックスに収納してみることにしましょう。

ケーブル収納ボックスにゴチャゴチャなコードを収納してみた

コード収納ボックス

こちらがゴチャゴチャ状態のコードたち。ルンバがコードの上に乗るたびにグチャグチャになるばかりではなく、掃除ができずにホコリの巣と化していました。

 

コード収納ボックス

コードは、「3M ワンタッチベルト」で巻いていきます。ちょうどよい長さにハサミで切り取り、ただ巻くだけでくっつけることができます。

 

コード収納ボックス

電源タップを入れるだけでも、こんなに余裕があります。

 

コード収納ボックス

コード類をまとめても、たっぷりと余裕があるため、無理やりコードを曲げる必要もありません。

 

コード収納ボックス

あとはフタを閉めるだけでOK!

スッキリと収納することができました。

 

コード収納ボックス

天面には、ゴム製のケーブルホールが2箇所設置してあります。ここからスマホの充電ケーブルを出すことができます。

 

コード収納ボックス

ルンバの餌食になってしまうことが多い充電ケーブルですが、スマホやタブレットの置き台としても活躍してくれます。

 

コード収納ボックス

「4階段調節可能なケーブルホルダー」があれば、ルンバと電源タップのケーブルを一緒に結束することが可能。両面テープがついているため、壁にピタッと貼れます。

 

コード収納ボックス

収納が完了しました!

あんなにゴチャゴチャしていたケーブル類が、こんなにもスッキリさせることができました。

 

コード収納ボックス

4個口の電源タップもあり、狭い隙間でも大活躍しています。テレビ台の隣に置いてありますが、インテリアに自然と馴染んでいますよ。

ルンバのコード絡まりで困っている人に本気でおすすめしたい

コード収納ボックス

ルンバを走らせるたびに、ゴチャゴチャしたコードの上で立ち止まっている姿を見て、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

「なんでコードを巻き込んでしまうんだよ!」と、ルンバのせいにし、コードを踏みつけている姿を見てイライラしたこともありました。(ごめんなさい)

しかし、収納ボックスがそんなイライラを解決してくれました。

もっと早く導入すればよかったなって後悔しているぐらい(泣)

結構存在感がありますが、電源コードをいろんな衝撃から防いでくれますし、コード部分でゴチャゴチャになっていたインテリアがスッキリすること間違いなしです。

色はブラックとホワイトがありますので、お好きなほうを選んでみてくださいね。

あんなにイライラしていたのが、ウソみたいに解消しちゃいますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう