2014年11月26日 

パチンコ依存症というギャンブル病で家族に迷惑をかけてしまう前に。必ず決めておくべきたった1つのこと

「パチンコやめたいのに、どうしてもやめられない。」

ギャンブル依存症は、アルコール依存症や薬物依存症と同様に、精神疾患として認められつつあります。

多額の借金を抱えているのに、ギャンブルをしたいという衝動がどうしても抑えられないのです。

最初から誰しも、ギャンブル依存症になりたくてなる人なんていません。

「頭ではわかっているのに、どうしても誘惑に負けるんだ。」

世の中を見渡してみると、パチンコやスロットをやめたいのにやめられない人が多くてとっても苦しんでいる人が多いです。

休日の朝方からパチンコ屋で長蛇の列に無意識のうちに並んでしまうほどギャンブル依存症になってしまう前に、必ず決めておくべきことが1つあります。

ギャンブルにはまるのは何がいけないか?

ギャンブル自体がいけないことではなく、私はギャンブルを否定しているわけではありません。

それだけで生計を立てている人、うまく楽しんでいる人もたくさんいらっしゃいます。

人生を楽しむために、ギャンブラー精神は欠かせませんからね。

ギャンブル業界はどんな不況でも、とても強い業界です。私もその業界に関わったことがありますから、とってもよくわかります。

何だかおっさん臭いイメージがあるギャンブルですが、アイドルとタイアップしてイメージ戦略がうまいんですよね。

ギャンブル業界は業界同士熾烈な戦いですが、元気のある業種ですので、世の中の景気と反比例するかのごとく業績が上がっていきます。

ただ、問題なのはギャンブルそのものではなく、ギャンブルによって周りに迷惑をかけてしまう人達です。

「カネ貸せ!貸さないとこのテレビ売り飛ばしてやる!」

家族が汗水垂らして稼いだお金を奪い取り、ギャンブルにお金がものが消えていく。

ギャンブルで、人格までも変わってしまうのです。

カネを出さないと、家族に暴力まで振るうようになり、人格まで段々と変わってきてしまい、家族はお手上げ状態に・・。

最悪の事態になると、命を奪うトラブルに発展することもあります。

自分が楽しんでいる分には全然構わないのです。

家族に迷惑をかけてしまうからいけないのです。

悲しみます。
泣き崩れます。

それでもいいのですか?

その人が損しようと、周りは知ったこっちゃありません。

家族にまで他人にまで影響を及ぼすから、ギャンブルにはまってしまうのは、本当に気をつけきゃいけないことなのです。

ギャンブルに必死になるのはどんな時か?

どうしてこうも、ギャンブル依存症になってしまうまで、人間はハマってしまうのでしょうか?

私が思うのは、どんなギャンブルでも儲けが出ている時、プラスにお金が働いている時は、それほど必死になろうとは思わないと思います。

パチンコでジャラジャラ玉が出るほど儲かっている時は、「ヤッター!」とうれしくなります。

「週末に1~2度行くぐらいでいっか~。」

心に余裕が出来て、趣味程度に楽しむことが出来ます。

これは全然問題ないはずですし、メリハリ生活が出来て良いですよね。

しかし、途端に負けが続いて、損してしまうとどうでしょうか?

「や、やばい・・・。いつの間にか財布がすっからかんだ。」

お小遣いを奥さんからもらったばかりなのに、3万円入っていたお札がすっからかんです。

「どうしよう、奥さんにバレたらまずいなぁ・・。」

パチンコで負けたなんて、絶対に認めたくありません。

奥さんにパチンコで使っちゃったなんて言ったら、何言われるかたまったものではありません。

損した金額を取り戻そうとして、さらに必死になっていきます。

「この損した分、取り戻してやる!」

そして再度、パチンコに行く、行く、行きまくる!

結局さらに負けて、損失額が10万円に!

なぜでしょう?

損を取り戻そうとすればするほど、損がますます拡大していくのです。

この負のスパイラルが続いて抜け出したくても抜け出せず、ギャンブル依存症になっていってしまうのです。

こういった人達が、ギャンブル業界にとって、非常においしいカモになっていってしまうのです。

ギャンブルを始める前に決めておくべきたった1つのこと

それではこのようにギャンブルにハマってしまう前に、一体何をすれば良かったのでしょうか?

それはたった1つ。

損してもいい金額をあらかじめ決めておく。

この金額を決めておくことが、とても大事です。

「ギャンブルも周りがやっていて、おもしろそう。」

「自分もやれば稼げるかな?」

そんな興味本位で始める前に、何事も始める時は計画ありきです。

「今日の損失は、2万円までと決めておこう。」

「これ上損をしたら、今日は終わりにする。」

決めておいた金額を損をしたら、もう諦めるのです。

最初から2万円以上財布に入れて行かず、お金を引き出すもとになるカード類を持ち歩かないのです。

消費者金融の看板を見たら、

猛ダッシュで逃げる!

「なーんだか走るのって、とっても気持ちいいなぁ。」

公園を3周ぐらいダッシュしてくると、いつも下を向いて歩いて気が付かなかった青空を見たら、ギャンブルのことなんて忘れてしまいます。

損をしている時は我を忘れてしまいます。忘れてしまう前に、しっかりと正常な心で対策をしておくのです。

そうすれば、もうのめり込んでギャンブル依存症になることはありません。

大切な家族に、迷惑をかけてしまうこともありません。

本人は周りが見ている以上に、とっても、とっても苦しいはず。

「もう家族に迷惑かけたくない。家族の流す悲しい涙を見たくない。」

強い意志を持って、ギャンブル依存症を克服していきましょう!

銀色の玉を追いかけているよりも、青空の光り輝く黄色い玉を見ていると、とっても気持ちがいいですよ。

借金を減らす手続きをしてくれる相談所や法律事務所を探そう!

「借金を減らしたいけれど、どこに相談したらいいのかわからない!」

借金の相談をしたいけれど、法律事務所は敷居が高すぎるし、どこが自分にぴったり合うのかさっぱりわかなくて不安になりますよね。

そんな時は、ネットの街ナカ敏腕事務所である「街角法律相談所」がおすすめです。

 

無料の借金減額シミュレーターから、たった3つの質問に答えるだけで、全国にある法律相談所からあなたに最適な相談所を探してくれます。

借金額が半額になるのも、決して夢ではありません。

ぜひ無料の相談シミュレーションで、気軽に探してあなたのつらい借金を解決してくださいね。

無料の借金減額シミュレーターでたった3つの質問に答えるだけ!「街角法律相談所」で自分にぴったりの相談所を見つけてみる

誰にもバレずに借金のことを信頼出来る人に相談したいあなたへ

mm_houritusoudan_-2016-10-28-13-17-25

「借金を返済したいけれど、どこの誰に相談したらいいのかまったくわからない。」

弁護士事務所は色々あるけれど、もっと気軽に相談したい。そんな気軽に相談できる所がなくて悶々と悩んでいる状態、とってもしんどくないですか?

「つらいけれど、家族や友人にバレることだけは絶対に避けたい。」

実はここだけのナイショの話ですが、弁護士に匿名で、無料で気軽に診断や相談が出来るところがあります。

無理なく借金を減らす方法を知っている法律のプロが、匿名であなたの借金を無料で診断してくれるのです。興味のある人は、具体的な相談も弁護士や司法書士に相談できます。

あなたが払いすぎたお金である「過払い金」も、もしかしたら戻ってくるかもしれません。

悩んでいるだけでは、真っ黒い魔の手からずっと追われるだけの人生になります。お金は人生を狂わす恐ろしいツールにもなります。

そんなつらい人生のままで、あなたは幸せですか?もっとあなたの人生、楽しく生きていきたくありませんか?

つらい悩みは、心から信頼できる人に相談しましょう。

mm_shindan_2016-10-28-13-53-38

あなたのつらすぎるお金の悩みは、ほのぼのとした雰囲気で相談できる「法律相談カフェ」で解決できるかもしれません。簡単な質問にカフェでくつろぐ気分で、答えていくだけです。

さぁ、今からあなたのつらい悩みを解決する道に進んでいきましょう。

思い切って今すぐに行動を起こすことで、あなたに明るい未来が差し込んでくるのです。

つらい借金の悩みを無料で診断と相談!ほのぼのとした雰囲気で気楽に相談ができる「法律相談カフェ」で解決してみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう