2015年2月20日 

最強のクレジットカード選び。リクルートカードプラスから最終的に我が家が選んだ意外なカードとは

「なんで税金って、カード払いが出来ないの?」

カード派の人にとって税金の支払いって、ほんと出来て欲しいなと思います。我が家では税金の支払いには、nanacoを使用して支払っています。

nanaco

セブン-イレブンで税金を支払う時は、nanacoで支払うことが出来るのです。

nanacoカードにクレジットカードでチャージすることで、実質クレジットカードで支払うことが出来ます。

cardhenko_20150220

クレジットカードのポイントが貯まって、とってもお得ですが、このチャージシステムに最近大事件が発生してしまったのです。

漢方スタイルクラブカードの改悪

現在、我が家では「漢方スタイルクラブカード」を使用しています。クレジットカードからnanacoにチャージする時に、1.75%のキャッシュバックがあります。

支払った税金のうち、1.75%は取り戻すことが出来ます。

しかし2015年6月1日からは、このチャージ分が0.25%となり、7分の1まで減少してしまいました。

そう、改悪です!

我が家では毎年必ず支払うものには、固定資産税+自動車税で15万円ほどの税金があります。

今年からは確定申告が必要になるため、これに加えて住民税、来年には所得税が増えることが予想されます。

「年間数十万円ものお金を少しでも取り戻したい!」

他のクレジットカードへの引っ越しを夫婦で検討しました。

色々と話し合った結果、最終的に何とか決定しました。

我が家ではリクルートカードプラスを最初に検討

「リクルートカードプラス」は、nanacoへのチャージで2%のポンタポイントがつきます。

うれしいぐらいの高還元率ですね。

2015-02-20_ponta_1

Pontaカードは利用する所が、ローソンくらいしか見つからないと思っていました。

ポンタの公式ページを調べてみると、なんと昭和シェル石油でも使用出来るではありませんか!

最近では、リクルートポイントとPontaポイントが相互交換が出来るようになりました。

我が家は車をよく使うため、ガソリン代で全額消費できるのではと、「リクルートカードプラス」をメインカードとして検討しました。

ただし、昭和シェル石油は今年中に出光に吸収合併されることが決定しており、ポンタが使い続けられるかどうかは不明です。

出光には楽天ポイントカードがありますからね。
ちょっと不安材料があることがわかりました。

ミスドのクーポンお得術!ミスタードーナツ食べ放題と100円セールを楽天ポイントカードでさらに節約する方法

JCBカードだけでは、国内においては網羅できない

「リクルートカードプラス」は、JCBブランドのカードです。

最近では、ネット通販を中心としてJCBが使えないお店が増えてきました。

たとえば、「WebMoney」などはそうですね。

楽天市場の中でも、楽天カードなのにJCBが使えないお店というのも多々あります。

これは、加盟店側の手数料の問題だと考えています。

JCBの場合、購入した金額の4%~5%程度を手数料として取っています。

ざっくりと店頭4%、通販5%くらいが相場のようです。

ネット通販の場合、価格設定をギリギリのところを攻めています。

これにプラスして5%も手数料を取られたら、お店側の負担が大きいですからね。

これに対してVISAやMasterは、手数料が安く2%~3%くらいと言われています。

このため特にネット通販を中心に、VISAやMasterしか受け付けないところが増えています。

やはりJCBカードだけでは、メインで使うには不安です。

違うカードも検討する必要が出てきました。

リクルートカードVISAも同時につくろう

「リクルートカードプラス」は、JCBブランドのみで還元率は2%です。

それに対し、リクルートカードはVISAも選ぶことが出来て還元率は1.2%です。

さらに「リクルートカード」は、なんと年会費が無料です。

「リクルートカード」にも問い合わせしましたが、このカードは2枚持ちが可能のようです。(楽天カードはプレミアムとノーマルの2枚持ちは出来ません)

ちなみに、「リクルートカードプラス(JCB)」は、nanacoモバイルSuicaへのチャージが可能です。

viza2_20150220

「リクルートカードプラス(VISA)」は、nanaco、Edy、モバイルSuica、ICOCA(イコカ)へのチャージに対応していますので、両方とも網羅しておけば心配ないですね。

viza_20150220

リクルートカードプラス(JCB)とリクルートカード(VISA)を同時に申し込み

「リクルートカードプラス」と「リクルートカード」、両方同時に申し込みをしてみました。

リクルートカードプラス(JCB)

  • WEB申し込み:2015年2月9日 13:30
  • 審査結果OKのメール:2015年2月9日 16:30
  • 到着日:2015年2月14日 9:43

リクルートカード(VISA)

  • WEB申し込み:2015年2月9日 13:31
  • 審査結果OKのメール:2015年2月9日 17:02
  • 到着日:2015年2月14日 20:41

申込をして約1週間以内でカードが到着です。
正直言って、審査の早さにびっくりしました。

各社とも、システムが迅速に対応出来ていて、とても素晴らしいと感じました。

recruitcardset_20150220

そして、本命の「リクルートカードプラス(JCB)」が届きました。

重要な限度額はいくらでしょうか?

 

gendogaku_2_20150220

なんとたったの50万円です。

これは少なすぎです!

年会費無料のカードだったら、まだわかります。

クレジットカードにて我が家は15年以上決済しているのに、これはひどすぎです。

さすがに家族カードを含めて年会費3,240円も取るカードで、限度額50万円はないだろうと思っていたのですが・・・。

限度額はカード会社の方で勝手に決めます。
実際に作ってみないと限度額はわかりません。

我が家で使うとなると、この限度額では少なすぎますし、メインカードで使うことはかなり難しいです。

夫の海外出張で宿泊費などの立て替えで、一気に50万円ほど使うこともあります。

それ以外にも洗濯機や冷蔵庫、給湯器の交換など10万円を超えるくらいの買い物をカード決済したら、一気に限度額を超えてしまいます。

コールセンターに限度額引き上げをお願いしてみましたが、NGでした。

たくさんカードを使う我が家なのに、ほんと何とかしてくださいよ。

続いて、「リクルートカード(VISA)」です。

visa_gendogaku_20150220

限度額は100万円でした。

このくらいあれば、安心して利用できるのですけれどね。

「リクルートカード(VISA)」は、年会費無料のカードです。

年間3,240円の年会費を取る「リクルートカードプラス(JCB)」よりも、「リクルートカード(VISA)」のほうが2倍も信用があるという結果に・・・。

一体審査基準て、どーなっているのでしょうかね?

結論!我が家では漢方スタイルクラブカードを継続

すべての決済額を「リクルートカードプラス(JCB)」で還元率2%を狙っていました。

しかし、「リクルートカードプラス(JCB)」のあまりの限度額の低さで、まったく使いものになりませんでした。

日本の国際クレジットカードブランドとして応援していきたかったのですが、今回JCBには本当にがっかりさせられました。

我が家のプライドもズタズタです。そんなプライドなんてあったっけ?

我が家の「漢方スタイルクラブカード」は、限度額が140万円あります。

急な出費で使えなくなる心配はありません。

しかも、海外でも通販でも絶対使えるVISAブランドです。

これ1枚でどこでも通用します。

今回申し込みをした「リクルートカード(VISA)」も、限度額が100万円でした。

これでも十分ですが、還元率が1.2%と「漢方スタイルカード」の1.75%には及びません。

「漢方スタイルクラブカード」のジャックスカードも、WEB明細が遅いというデメリットもあります。

しかし、「漢方スタイルクラブカード」の場合は、Jデポという直接キャッシュバックがあり、これが非常にお得なのです。

2015-02-20 21.09.58

ポイントはポイントを使って買い物をしなければいけませんが、Jデポはクレジットカードからの引き落とし額自体が減りますから、現金キャッシュバックそのものなのです。

今回JCBに対して、かなり残念な結果となりました。

これからも「漢方スタイルクラブカード」を、我が家では使い続けていこうと思います。

色々と疑ってごめんなさい。

クレジットカード選びは、還元率だけで決めてはいけません。

このように思わぬ所で使い勝手が悪くなってしまいます。

こんなの実際に申し込みをしてみないと、まったくわからないことです。

自分に合った最適で最強の1枚を、ぜひ使うようにして下さい。

それでも年会費無料で還元率が1.2%の「リクルートカード」は、やはり最強のクレジットカードであることに間違いありません。

あなたの財布の中に、ぜひ1枚入れておいてくださいね。

年会費無料なのに、1.2%の高還元率!とってもお得に貯められるクレジットカード「リクルートカード」はこちらから

再度カード選びを真剣に考えて、以下のカード1枚に変更

おすすめのクレジットカードは自分の生活に合ったカード。カードを断捨離化して選んだ1枚とは

楽天カードがグレードアップ!最強の1枚であることに間違いなし

楽天カードは最強の1枚としておすすめのクレジットカード。ポイントがためやすくて使いやすくてお得!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう