グリコピア・イースト工場見学は予約殺到の0円レジャー!ポッキーの製造工程を見て遊べるワクワク施設

「子供に社会で働くことの大変さ、楽しさを教えたい!」

「でもレジャーってお金がかかるよね。なんか無料で行ける所ないかなぁ?」

そんなあなたには、無料で行ける「工場見学」がおすすめです。

我が家もレジャーは行きたいけれど、レジャー費は楽しく節約をモットーにしています。

今回は、あのプリッツやポッキーで有名なグリコが作った埼玉県北本市にある「グリコピア・イースト」に行って来ました。

普段目にしているポッキーを作っている工程って、すごい気になりますよね。

グリコの工場の中は、果たしてどんな感じだったのでしょうか?

グリコピア・イーストの予約はなんと半年待ち!

まず工場見学に行くためは、インターネットで半年先の予約が必要です。

予約受付開始は、第1営業日の午前予定です。

しかも土日に行こうとするものなら、パソコンの前に張りつく覚悟が必須です。

「何日にする?」って言っているうちに、どんどん予約が埋まって行ってしまうのです。

行きたければ子供のためにと、月初めに午前半休を取ってでも予約を取ることをおすすめします。

我が家も何とか半年ぶりに予約を取れて、家族4人で行くことが出来ました。

グリコピア・イーストの工場見学の流れはこんな感じ!

グリコの工場見学は、以下の構成で進みます。

グリコの名前の由来や創業者である江崎利一氏の半生、チョコレートの製造工程などの映像が専用ホールで上映されます。

kaki

グリコって、牡蠣に含まれている「グリコーゲン」の頭文字から付けられているのですね。

次にジャイアントポッキーづくり(これは有料で1人500円)の予約の受付がはじまります。

定員はたったの20名ですから、すぐに手を上げましょう。

ハサミを使うため、小3~6年生が優先です。
我が家はギリギリセーフで予約が取れました。

その後は班に分かれて、ポッキー製造工程のツアーに行きます。
ポッキーが出来上がる様子を見て、子供たちは興味津々でした。

新発売予定のポッキーも見られて、大満足です。

次にスタジアムホールにて、クイズツアーにチャレンジできるのですが、スピードと正解率で順位が決まって、1位の人には限定ポッキーがプレゼントされます。

我が家の長女は、惜しくも3秒差で3位でした。

「もうパパが押すの遅いからだよ~(怒)!」

全問正解したけれど、1問目でペアを組んだ夫と長女がどちらがボタンを押すかで戸惑ったらしく、長女は帰ってからもずっとパパに怒っておりました・・。

グリコタウンでは、1,500点ものグリコのおもちゃが見られます。

小さい頃に見たおもちゃがたくさん展示されていて、むしろ大人の方が興味津々で見入ってしまいました。

昔のお金しか出てこない自販機もあって、時代の流れを感じてしまいました。

mm_2014-08-09 15.12.23

フォトスタジオゾーンで、巨大ゴールインマークと一緒に記念撮影が出来ます。

工場では、唯一ここでしか撮影が許可されておりません。

 

mm_2014-08-09 15.11.57

GLAYとのコラボギターもありました。

実は私、昔からJIROちゃんの大ファンなので、こんなところでJIROちゃんに会えるなんてうれしぃ~!←おいおい。

 

mm_2014-08-09 15.45.53

工場見学の最後は、ジャイアントポッキーにデコレーションする工程に入ります。

親は外で見ているだけですが、作っている所を写真を撮ることが出来ます。

 

mm_2014-08-09 15.48.25

我が娘もあらゆるデコレーショングッズを使って、楽しそうに飾りつけをしていました。

やっぱり高学年のお姉さんたちは、文字までアートしていてすごいな~!と、思わず関心しながら見てしまいました。

 

mm_2014-08-09 16.06.57

ポッキーのデコレーションが終わったら、このように赤い箱に入れていただけます。

 

mm_2014-08-09 19.37.34

「これ、お店で売れたらいいのにね。」

いつも市販で見ていたお菓子を、自分で作れたことがとってもうれしかったのか、モノを作ることにとっても興味を持ったようでした。

見学の最後に人数分のポッキーがお土産として頂けます

mm_2014-08-09 17.57.59

最後におみやげとして、マスコットキャラクターがついた限定ポッキーポッキー風船がお土産としていただけます。

 

mm_2014-08-09 16.10.03

工場の外にお土産屋さんがあって、たくさんのグリコ製品が販売されています。

 

mm_2014-08-09 16.11.32

スーパーには売っていないような、めずらしいポッキーなどを買うことができますので、お友達へのお土産には困らないですね。

「グリコピア・イースト」の工場見学に行ってきたまとめ

mm_2014-08-09 15.55.46

「グリコピア・イースト」の工場見学は、見学の最初から最後までずっと楽しめて、心もお腹も大満足できる工場見学でした。

2012年にこの工場見学の施設が出来たばかりですので、中はとってもキレイでした。

どうやってスーパーに売っている商品が出来るのか、見て聞いて触って色々な体験が出来るのが工場見学の良さです。

しかもジャイアントポッキー作り体験以外は全て無料ですので、交通費さえ出せば子供の知識が増えるという素晴らしさです。

お金では買えない価値って、こういうことですね。

「お客様の利益になる商品」作りを目指した『創意工夫』という、創業者の江崎氏の商売気質が、社会で働く大人にもとっても楽しめる話でした。

日清食品の創業者である安藤百福(あんどうももふく)さんと、とても共通しているものがありました。

カップヌードルミュージアムのチキンラーメンファクトリーは予約必須のワクワクラーメン製造体験!

今回私が行ったのは埼玉県の施設ですが、神戸にも「グリコピア神戸」という同じ施設があります。

そちらがお近くの方は、ぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

ネット予約を頑張って取って、親子で無料の工場見学を思いっきり楽しんできてくださいね。

「グリコピア・イースト」工場見学のくわしい情報はこちら

  • 住所:〒364-0013 埼玉県北本市中丸9丁目55番地
  • TEL :048-593-8811
  • 受付時間 :9:30〜16:30(休館日:毎週金曜日・お盆休み・年末年始)
  • 案内時間: 9時半 ・ 11時 ・ 12時半 ・ 14時の計4回
  • 所要時間: 約70分(別途、有料コーナーの所要時間は約30分)
  • 入館料: 無料
  • 駐車場: 大型バス5台、乗用車40台
  • 休館日: 毎週金曜日/お盆休み/年末年始
  • 公式HP:https://www.glico.com/jp/enjoy/experience/glicopiaeast/

レジャー費をお得に節約するためには、割引チケットを手に入れよう

「アソビュー」はレジャー施設のお得な割引チケットやクーポンがネットで買える。全国を遊びまくろう!

家族で旅行・おでかけ&レジャー費の節約術。割引クーポンや無料施設を利用してみよう

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産と生活家電が大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。