2021年1月28日 

共働き子育て世代で注文住宅を建てたい!土地選びや間取りのポイントとは?

ブランコ

注文住宅は大きな買い物になるため、後悔しない家作りがしたいですよね。

注文住宅は間取りや素材・デザインなどを自分達で決められるので、理想の家に近づくことでしょう。ただし、住む地域や土地選びに失敗して、後悔してしまう人もいます。

また、住む人に合う間取りにすることも大切です。子供がいる場合、子育てのしやすさを意識した土地選び、成長段階に応じて変化できる間取りにするのもいいでしょう。

そこで、共働きの子育て世代が注文住宅を建てる時のポイントをご紹介します。

家族で希望の土地を話し合うことが大切!子育て世代に合う立地とは?

子育て中の母たち

注文住宅は土地を選ぶところから始まる場合が多いです。不動産会社やハウスメーカーに相談をすると、希望する条件に合ったおすすめの土地を紹介してもらえます。

土地選びでは、家族が納得できる場所にすることが大切です。まずは、家族全員で希望する条件や譲れない条件を出し合い、しっかりと話し合いましょう。

例えば、「夫婦どちらかの親の近所に住みたい」という希望があります。共働き世帯の場合、子供が風邪をひいた時や急なアクシデントなどで、親に頼りたい場面が多いかもしれません。

そのような時に、親が近所に住んでいると心強いです。親が電車で訪問する時には、「駅から近い」「バスが使える」などを条件に入れておくのもいいでしょう。

予算が決まっている時には、土地の価格を意識することも大切です。土地の価格が高い地域だと、購入できる土地は狭くなってしまいます。

十分な広さの庭や駐車場を設置できない可能性もあるのです。一方、土地の価格が低い地域にすれば、広い土地を購入できます。

ただし、土地の価格が高い場所は「職場へ行きやすい」など、利便性が良いことも多いです。よって、家族で何を重要視するのかを決め、立地を決めるといいでしょう。

一般的に企業や商業施設が多い地域・駅から近いところは土地の価格が高くなります。逆に、郊外や駅から離れている場所は、土地の価格が低めです。

子育てのしやすさを重要視した土地選びをするのもいいでしょう。例えば、保育園や幼稚園・児童館などの数が多く、待機児童が少ないと言われる地域にするのもひとつの方法です。

また、病院や商業施設・スーパーマーケットなどの数なども参考になります。子育て世代が多く住んでいる場所など、周辺地域の環境や雰囲気で選ぶのもおすすめです。

さらに、市によって子供の医療費助成金額や子育て支援内容が異なるため、事前に助成や支援内容を調べておくといいでしょう。「すぐ隣の市は助成や支援が多かった」など、注文住宅を建ててから後悔する人もいます。

子供が安心して暮らせる環境を選ぶことも重要です。目の前に大きな道路があると、危険な場面に遭遇する可能性が高まります。

近くに繁華街がある立地も、子供には安全とは言えません。また、自然災害の被害を最小限に抑えられる地域を選択することも大切です。

「台風や大雨の時に避難勧告が多く出る地域は避ける」「川や海の近くは避ける」など、家族で話し合って細かく条件を出していくといいでしょう。

子育てしやすい間取りや設備を考えよう!

間取り

土地を選んだ後は、注文住宅の詳細な内容を決めていきます。間取りは共働き夫婦が住みやすい動線を考えることが大切です。

そして、子供が安全かつ安心して過ごせる間取りを意識するといいでしょう。共働き夫婦は、家事で無駄な動きを省くことが重要になります。

よって、使いやすさや動きやすさを考慮した動線を取り入れると、家事がスムーズにできるのです。例えば、洗濯の場合、「洗う」「干す」「干し場からしまう」「たたむ」「収納する」など、さまざまな行為があります。

干す時に屋外へ移動する人もいるでしょう。洗面所に屋外へ行けるドアがある場合、廊下や階段を歩くなどの手間を省けます。洗濯機の側にタオルなどの収納場所を設置するのも、無駄な動きを減らしたい時に有効です。

子育て世代の間取り決めでは、子供の年齢も参考にするのが望ましいです。見守りが必要な児童期は、「親が家事をしながらでも、子供の様子が見える」を重要視します。

キッチンから子供が過ごしているリビングや和室スペースを見渡せる間取りにすると、親も子供も安心できるのです。

また、スキップフロアを作るのもおすすめです。仕事や勉強ができるスペースでありながらも、そこから家族が集まるリビングが見えるため、子供が寂しい気持ちになりにくくなります。

子供部屋は子供の人数に合わせて設置する場合もありますが、最初は広い部屋を1室用意するという方法があります。その際には、成長段階に応じて、部屋を分けられる設備を付けておくといいでしょう。

中心にスライドドアを設置すれば、個室の部屋が欲しくなった時に分けられます。思春期になると、集中して勉強や趣味をする空間が求められるため、1人1室を意識した間取りがおすすめです。

そして、「将来的には子供部屋になるかもしれない」という予備の部屋も作っておくと、子供が増えた時や個室の子供部屋を作りたい時に便利でしょう。

リビング階段は、家族のコミュニケーションを増やしたい時には効果的です。リビングに入らないと2階に行けないため、自然と顔をあわせる時間が増えます。

また、「行ってきます」「おやすみなさい」などの挨拶をする場面も多くなるでしょう。会話をする頻度も増えると言われています。

会話が減る思春期でも、リビング階段で顔を見ることで、体調や気持ちの変化にも気付けるかもしれません。

ただし、リビング階段は乳幼児がいる場合は、安全とは言い切れません。

知らない間に階段をのぼるなどのリスクもあります。乳幼児がいる家庭でリビング階段を設置する時は、ベビーゲートなどを用いた対策が必要です。

建てたい注文住宅のイメージを明確にしよう!

注文住宅を建てるまでは、不動産会社や立地・間取りなど、たくさん決めることがあります。

事前に家族で話し合っておくことで、それぞれの希望や求める条件が明確になり、決める時に悩む回数が少なくなるでしょう。

例えば、注文住宅の雑誌や情報誌を読んだり、ハウスメーカーの資料を見たりすると、注文住宅のイメージがつかみやすくなります。

間取りも参考になるものが多く、多くの資料を取り寄せるのがおすすめです。また、家族の性格から、どのような地域や間取りが合うかを考えることも大切です。

家族全員が快適に過ごせる地域環境や空間を意識して、注文住宅を建ててみましょう。

未公開物件多数!自分の希望にぴったりの家探しをしませんか?

タウンライフ不動産売買

「家を買いたいけれど、どうやって選んだらいいかわからない。」

家選びは一生に一度あるかないかの大事な高額な買い物なのに、どうやって選んだらいいのかわからない方が多いかと思います。

住みたい街の大切な情報は、心から信頼できる不動産会社から届けてもらいたくありませんか?

そんなあなたにおすすめなのが、信頼できる不動産会社が全国で300社以上も登録されている「タウンライフ不動産売買」です。

ここには、世の中にはまだ出てきていない「未公開物件」が多数掲載されているのです。

実は、広く知られている大手不動産検索サイトは、売れ残りの物件ばかりが公開されています。

本当に売れる物件は、世の中にわざわざ公開なんてしません。

誰もが欲しいと思えるような家は、宣伝なんてしなくてもすぐに売れてしまうからです。

一戸建てやマンション、土地や投資用の収益物件まで、不動産検索サイトにはない物件選びができるのです。

あなたの希望条件にぴったりな物件情報を届けてくれます。

不動産選びに失敗している私は、もっと早くこのサイト知りたかったです!

このサイトは信頼性抜群なのに、ほとんど知られていないサイトですので、本気で家探しをしているなら登録しないと、多額のお金とともに後悔してしまいますよ?

住みたい都道府県を選ぶだけで、あとはたったの60秒で簡単に無料で登録することができます。

誰よりも先に物件情報を知ることが、家選びに成功するコツです。

まだ誰も知らないような新しい未公開物件情報を受け取って、どこの誰よりもいい家探しをしてみてくださいね。

無料会員登録はたったの60秒!信頼できる不動産会社からまだ誰も知らない未公開物件情報を送ってもらう

注文住宅を建てたいけれど、何からはじめたらいいかわからない方へ

間取りプラン

「トイレは広くしたい!」

「キッチンは対面式がいい!」

「子供部屋は将来仕切りを作りたい!」

注文住宅を建てたいけれど、間取りをどうやって決めたらいいのか、誰に相談したらいいのか…。

高い買い物だからこそ、どうしていいかわからず悶々と悩んでいませんか?

実は、そんなお悩みをお持ちのあなたのために、ネットで簡単に家づくりの悩みを解決してくれる注文住宅相談サイト「タウンライフ家づくり」があるのです!

希望通りの間取りプランや注文住宅の費用をネットで一括依頼可能!大手注文住宅会社から地元密着工務店まで、複数社の提案がもらえます。

しかも、専門家の立場からメリットばかりではなく、デメリットも考えて提案してくださいます。

あなたの立場になって考えてくださり、いいことばかり提案しない点がポイント!

住宅展示場に行かなくても、何度も複数の会社と商談しなくてもいいのです。自宅にいながら、あなたの希望の間取りや資金計画ができちゃうのです。

家づくり計画書はなんと無料!自宅でたった3分で簡単に登録できちゃいます。

時間は有限です。

悩んでいる時間がもったいないですよ。

まずはプロによる家づくりプランをいただいてから、それからじっくりと検討してみてもいいかもしれません。

何もしないと希望はまったく叶いません。

プラン作成は無料ですので、家づくりで失敗しないためにも、今すぐ「家づくり計画書」を依頼してみてくださいね。

 たった3分で登録完了&しかも無料!希望の間取りプランがもらえる「家づくり計画書」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう