月1,000円以下!私の美容代節約術。基礎化粧品は足すのではなく減らすことで肌状態は貯金される

「はぁ、また買っちゃった。洗面台が化粧品ばかり・・。」

今まで、どれだけのお金を化粧品に費やしてきたのでしょう?

コスメの口コミサイトを見ては、次々にいい評価やランキング上位のものを試したい衝動に駆られてしまった結果、いくら使ったか覚えてないほど散財してきてしまいました。

いつの間にか、色んなメーカーの化粧品で溢れかえってしまい、次々に襲ってくるカード請求明細書を見て、自分の浪費っぷりに呆れ返っていました。

色々試してはみるものの、肌状態は劇的に変わることなく、かえって赤ニキビができてしまい、肌状態は悪化していく一方でした。

ここで、私はあることに気がつきました。

「足してダメなら、減らしてみよう!」

多くのものを試して失敗し続けた私が、美容代の節約術に目覚めていったら、肌状態がすごくよくなっていったのです。

今までの美容代は月に数万円!?とんでもなく使っていた

今までの美容代って、一体いくら使っていたのでしょう?

化粧水、美容液、乳液、美容パック、リップクリーム、サプリメント・・。そして美容クリニックに月に1度は通ってイオン導入をしてもらっていました。

恐らく月に数万円は使っていたと思います(泣)

年齢が上がるにつれて老化するのが怖くなり、アンチエイジングやホワイトニングなどの効果が気になり、さらなる美容代の増加につながっていたのかもしれません。

私自身、手に主婦湿疹ができるほど敏感肌のため、「無添加化粧品」を中心に使っていたのですが、無添加やオーガニックという名がつくほど、意外と高い!

「このままでは美容代が暴走してしまう。基礎化粧品代を思い切って節約しよう!」

思い立ったが吉日!

今回思い切って洗面台にズラ〜ッと並んでいた化粧品類を、一挙に断捨離!

たくさんの基礎化粧品を断捨離後に、たった3つのアイテムだけが残ったのです。

残った基礎化粧品は、実はとってもシンプルな3つだった

今まで何十種類も洗面台の棚に並んでいた基礎化粧品ですが、今はこの3つしか残っていません。

1.クレンジングと髪の保湿対策に!「ホホバオイル」

色んなクレンジングを試してきたのですが、使えば使うほど肌は乾燥するばかりで、思い切って顔全体にクレンジングを使うことをやめました。

私自身、濃いアイメイクや口紅をほとんど使いませんので、そもそもそんなにガッツリとクレンジングを使わなくてもよかったのですね。

ダブル洗顔で洗いすぎてしまい、お肌をたくさんいじめていたことがわかりました。

今は「無印良品」の「ホホバオイル」をポイントメイク落としとして使っています。

「ホホバオイル」はもっとも刺激の少ないオイルと言われており、人間の皮脂と似ていて高い浸透力と保湿力があり、皮脂のバランスとターンオーバーを整えてくれます。

お湯や石鹸では落ちないようなメイクをした時のみ、ティッシュでオフして使っています。

 

オイルに抵抗があったのですが、べたつきにくいので、とっても扱いやすいオイルなんですよ。ビタミンEも配合されており、肌の保湿にも使えます。

他にも髪を洗ってドライヤーをする前に少量つけることで、翌朝はしっとりツヤツヤの髪になっているから驚きです。

1番小さい50mlで890円(税込)で、私の場合は約2カ月は保ちます。

クレンジング、肌の保湿、ヘアケアなど、万能オイルなのが「ホホバオイル」のすごい所です。

2.洗顔は純石鹸で!「ねば塾 白雪の詩」

洗顔フォームマニアとも言えるぐらい、お風呂場には洗顔フォームがズラ〜ッと並べられていた時代がありました。

でもどれも落とすのに時間がかかったり、何だかヌルヌルして、ニキビが大量に発生したことも。

そこで、思い切って実家の母も使っていた「ねば塾 白雪の詩」に切り替えることに。

ものすっごい大きくて、原材料がシンプルすぎて不安になりますが、とっても優秀な石鹸なのです。

 

純石鹸なのに、濃厚な泡がモッコモコ!

「こんなの洗顔に使っていいの?」と半信半疑だったのですが、洗顔ネットで泡立てるとものすごいモコモコのきめ細かい泡が!

洗っている時も気持ちがいいし、洗い上がりもさっぱりして、ヌルヌルしません。

とっても大きいのに、1個250円前後で約1カ月は保つというコスパ最強アイテム!

今では他に浮気ができないほど、メチャクチャ愛用している石鹸です。

3.保湿効果抜群で基礎化粧はこれだけ!「ヴァセリン」

3つ目のアイテムは「ヴァセリン」です。ワセリンを原料として使っている製品です。無香料・無着色・防腐剤無添加なのもうれしいですね。

ワセリンとは天然オイルから生まれた保湿スキンオイルで、保湿効果が優れていて、皮膚の水分蒸発を防いでくれるという、優秀すぎるアイテム!

化粧水も乳液も美容液も美容パックもリップも使いません。

基礎化粧品は「ヴァセリン」だけです(笑)

 

朝のお手入れはぬるま湯洗顔をし、「ヴァセリン」を薄く塗るだけ。基礎化粧と化粧下地の2つを兼ねてくれます。

たったこれだけで、お肌はプリップリでふっくらです!お手入れは楽ちんだし、ニキビもできなくなり、びっくりするぐらい肌状態はいいです。

 

小さい持ち歩きタイプもあり、どんなリップクリームよりも負けないぐらい保湿効果が抜群です。

すっごい少量で済みますので、1個300円前後で買える40gサイズで約2カ月は保ちます。いや〜、コスパ超最強過ぎでしょ(笑)

顔から手足、特に指先やかかとのザラザラが翌朝にはツルツルになるほど、私にとって「ヴァセリン」は人生を共に歩く超最強アイテムです。

一家にひとつあれば、色々と使えるアイテム間違いなしですよ。

私の1ヶ月間の化粧品代を計算してみると・・

私が使っている1ヶ月間の基礎化粧品代を計算してみると、

  • ホホバオイル:約445円
  • 白雪の詩:約250円
  • ヴァセリン:約150円

なんと約845円と、基礎化粧品代だけで1,000円以下で済んでいることになります。

肌状態や季節によって変動することもありますが、だいたい1,000円以下で収まっていますので、基礎化粧品代はものすごい節約できています。

 

ファンデーションは、カモミールの化粧水に粉おしろいが入ったファンデーション「ははぎく水おしろい」を10年以上使っています。

1カ月のファンデーション代が約188円と、コスパ最強ファンデーションです。

ははぎく水おしろいは最強の時短節約プチプラコスメ。私の使い方と驚きの年間ファンデーション代

他のメイクアイテムは、お得なネット通販かドラッグストアで調達しています。トータルで考えると、1ヶ月間の化粧品代は2,000円前後で収まっているかと思います。

毎月2万円使っていたと考えたら、年間24万円。それが今では年間24,000円と、10分の1になったのは驚きの削減効果でした。

基礎化粧品は足すのではなく減らすことで肌状態は貯金される

今までは、年齢が進むにつれて、高い化粧品を使えばよくなる、アンチエイジングやシミやシワに効くなどの表示を買った方がいい、むしろ、買わねばならないという呪縛にかかっていたかもしれません。

確かにたくさんお手入れした人の肌を見ると、とってもキレイな人はたくさんいます。肌質によっては、お手入れした方が、さらにキレイになる人もいることでしょう。

お気に入りの化粧品を買ってテンションが上がり、心の底からコスメライフを楽しむことも、時には必要なことかもしれません。

しかし、私の場合は、基礎化粧品アイテムを足せば足すほど、肌状態が悪化していきました。敏感肌ゆえに塗りたくれば塗りたくるほど、肌がますます悲鳴を上げていたのです。

だから、足すのではなく減らしてみました。

肌にとって本当に必要なものだけを与えるようにしていった結果、より肌状態が改善していきました。

アイテムがシンプルになって、お金が節約できただけではなく、置き場所代、時間の節約にもつなげることができました。

もし、色んなものを使いすぎて肌状態が悪化してきたら、足すのではなく減らしてみることも1つの手です。

人間自身が働きすぎていると伸びてしまうのと同じように、お肌も休めることが必要です。

減らすことで肌状態が「貯金」されていくのです。

ただし、今回は私が個人的に合う方法でしたので、他の人に必ずしも合うとは限りません。

本当に肌状態が悪化した時は、自己判断で使い続けるのではなく、使用をすぐにやめて、お医者さんに相談するようにしてみて下さいね。

美容代を節約しながら、肌の栄養、そして心の栄養も一緒に補給していくようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう