企業で義務化されるストレスチェック制度とは何?うつ病などの心の病気は周りの理解度で大きく変わる

「もう会社なんて行きたくない。しんどすぎる。」

会社に行くのがつらくて、通勤前の朝に起きられないことってありませんか?

行くだけでも苦しくなって、しんどくて職場に行くのが怖くなってくると、心のどこかが弱っているのかもしれません。

現代社会は、過剰なほどのストレス社会であると感じます。

人間関係、お金、仕事、育児・・・。

悩みのない日々なんて、もう来ないんじゃないかと思ってしまいます。

働く人達の中でうつ病を発症する人がとても多く、命を落とす人が跡を絶ちません。

心が悲鳴を上げている人達のストレス度をチェックするために、2015年12月から厚生労働省の方で「ストレスチェック制度」なるものが義務化されます。

「ストレチェック制度って何?何が義務化されるの?」

義務化されても、中身がさっぱりわからないですよね。
果たしてこの制度って、一体どんな制度なのでしょうか?

ストレスチェック制度って一体なに?

stresscheck_ 2015-11-12 14.44.36

厚生労働省によると「ストレスチェック制度」とは、

定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させるとともに、検査結果を集団的に分析し、職場環境の改善につなげる取組です。

2014年6月25日に公布された「労働安全衛生法」の一部を改正する法律によって、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務付ける制度が創設された制度が「ストレスチェック制度」です。

2015年12月から、企業の従業員数が50人以上いる会社に、1年に1回の実施が義務付けられるそうです。

健康診断にプラスして、心の中の診断も加えられるというイメージですね。

企業では残業や休日出勤、有給が取れなくて働き詰めで休みが取れない、職場の人間関係がイヤでストレスがたまっている人達が自ら気づかせることを目的としています。

仕事ってメンタルがすごい関係してきますから、心のチェックってすごい大事であると感じます。

特に上司や同僚とウマが合わないと、どんなに好きな仕事でもそれだけでやる気がなくなっちゃうじゃないですか。

これを国の方で義務化して「きちんと従業員のストレス度を考えてやれよ!」という風に、決められたのですね。

この制度、一体どのようにチェックする流れになっているのでしょうか?

ストレスチェック制度の流れはこのようになっている!

stress_tejun_2015-11-12 13.55.26

ストレスチェック制度の流れは、まず会社の方で導入前の準備として社内ルールを決めます。

shitumonhyou_2015-11-12 13.55.58

仕事に対する57個のストレスチェック項目が書かれた質問票を配付して、従業員の人に記入してもらいます。

23項目の簡略版もあるんですよ。

kekka_2015-11-12 13.56.02

医師による面接指導が必要かどうか、本人のもとに結果が通知されます。

ストレスが高い判定を受けて本人から面接指導を受けたい意思を会社側が受けたら、医者による面談を実施して、今後の働き方の改善策を見出していくのです。

他にも企業の努力義務ですが、個人の結果をまとめて集団でストレス度をチェックして、職場の中を改善していくという手順もあります。

集団でチェックするために、50人以下の事業所では個人が特定されやすくなるために行わないとなっているのですね。

小さい場所であるほど、結構人間関係が密接なのでストレスがあると思うのですけれどね・・・。

この一連の流れを行って、「うつ病」などのメンタル的な病気を未然に防ぐことが目的なのです。

何となく流れはわかりましたが、この制度で気をつけるべきポイントって一体どんな所でしょうか?

本人自ら会社側に申告しないとまったく意味がない

ストレスチェックで1番困るのは、身近な人に自分の体調を知られることだと思います。

ストレスチェック制度のポイントとして、結果は本人の元に通知されて同意がなければ会社側に提供されることは禁止されている点です。

ストレスチェックをして、「なんだ、お前は医者に見てもらうほどひどいのか。」などと、言われたらチェック自体が恐怖になってしまいます。

だから、権力のある人事や上司に知られることはまずありませんし、個人の守秘義務を守るために、他人へ提供することが法律でも禁止されているのです。

でももし怖い上司の元で働いていたり、権力をブンブン振り回すような人事だったら言うことって出来ますか?

職場でストレスがあるのですから、会社の人に言い出しにくい環境であることも考えられます。

守秘義務があること自体はいいのですが、本人が言わないとチェックをした意味がまったくないばかりか、職場内で改善のしようがなくなってしまうのです。

社内に『心の意見箱』とか設置するのですかね?

これは職場によって、かなり差が出てくるのではないでしょうか?

面談が必要になった従業員を不当な扱いにすることは禁止

ストレスチェックの結果、「あなたは医師の面談が必要です。」という高いストレス結果が出たら、思い切って身近にいる上司に相談してみましょう。

「あの、ストレスチェック結果から、お医者さんの面接指導を受けたいのですが・・。」

部下から上司は相談されたら、医者による面接指導をするようにしないといけません。

「お前みたいな心が腐っていて根性のないやつは、来年は昇給なしだ!」

こんなことを言うあなたこそ、能力なしでクビ決定です。

解雇、雇い止め、退職勧奨、不当な動機・目的による配置転換・職位の変更を行うことは、法律で禁止されています。

1人で悶々と悩んでいると、どんどん心がダメになってしまいますから勇気を出して言うようにしましょう。

そのためには上司や人事内で守秘義務を守り、安心して医者に面談したいと言えるような職場環境作りが必要なのではないでしょうか?

ストレスチェック制度は、従業員側に受ける義務はない

「うちは50人以上いるから、必ず受けなくちゃいけないのか・・・。」

いや、従業員は必ずしもストレスチェックを受ける必要はありません。

あくまでも制度自体は企業側がストレスチェックの体制を整えるのが義務であって、従業員は必ずしも受けなくてもいいことになってます。

心の中が弱っているのに、さらにチェックなんてされたらさらに悪化しちゃうかもしれないじゃないですか?

希望していないのに、強制的にされたらたまったものではありません。
精神的な問題だからこそ、こういった配慮がされているのですね。

個人的には何も理由がなければ、ストレスチェックは受けた方がいいと思います。

私も一時期とっても悩んでしまって、会社に行くのが嫌になってしまって、思い切って上司に相談しました。

上司と人事部とで調整してもらった結果、産業カウンセリングに1年ほど通わせていただきました。

70歳ぐらいの女性のカウンセラーの方に真摯に相談に乗っていただいて、ものすごい心が楽になりました。

かなり改善して普通に通勤できるようになりましたが、最初はカウンセラーに相談、その後にひどければ医師に連携ってこともできるわけです。

ストレスチェックは義務ではないのですが、心の中は自分では判断できないことがよくあります。

「ちょっと最近疲れているよな。」と思ったら、ぜひ受けてみましょう。

心の病気は周りとの連携プレーがとっても大事。周りのひと言で良くも悪くもなる

stress_chek_20151112

うつ病などの心の病気って、なかなか一般的には理解されがたい病気です。

周りに朝起きれなくて遅刻するとか、会議中ボーッとしている人とかいても、「やる気を出してもっと頑張れ!」って声をかけたくなってしまいます。

でも実はサボっているわけではなくて、心の中に問題を抱えていて、脳内のある物質が出なくなってしまっている「病気」である可能性があるのです。

我が家でも夫がなったり、周りに何人もうつ病になって再起不能になってしまった人を何人も見てます。

周りが心の病気がどんなものかをもっと理解すること、1人ではなく医師やカウンセラーや相談窓口と行った所に相談するなど、チームプレーで取り組むことが大事です。

働く人の自殺や過労死などを予防するために、働く人のメンタルヘルスサポートをする「こころの耳」というポータルサイトもあります。

「たった5分でできるセルフチェック」などもありますので、ぜひ試してみてください。

周りの理解があるかないかで、その人を闇の中に入れてしまうか光あふれる場所に戻せるかが変わってきます。

複雑にからみあう問題だからこそ、倒れてしまう前に周りに助けを求めましょう。

「どうか、私を助けてください。」

助けを求めることは、まったく弱いことでもダメなことでもありません。

人間に完璧な人間なんて、1人もいません。
いつも心が強い人なんて、1人もいません。
悩みのない人なんて、誰1人もいません。

心の病気は、企業側も同僚も上司も家族も周りが一緒に一丸となって、真剣に取り組んでいくべき問題です。

実際は制度になんて頼ることなく、企業側が率先して職場改善策を打ち出して、心から働きやすい社会がもっと生まれることを願ってなりません。

周りがもっと助け合えて、心がポカポカと温まる社会にぜひ向かっていって欲しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

メーカーで10年間勤務した後に独立。Webサイト運営、ブロガー、ライター。

このサイトでは、人生で誰もが悩むお金の話をメインに、家や仕事のこと、仕事と育児の頑張らない時短両立術など、毎日の暮らしに役立つことをお届けしていく予定です。