2016年7月4日 

夏休みを子供と一緒に楽しむ方法。家族旅行やイベント、プールなどの子連れレジャーでイライラしないコツ

夏本番!

外も暑いですが、ハートもグッと熱くなる刺激的な夏がやって参りました。

楽しい夏休みこそ、子供と一緒に野外のレジャー施設や、海や山など、大自然をたっぷりと満喫したいですよね。

家族で旅行やイベント、プールなど行くのも楽しみなのですが、子連れで行くのって予想以上に大変です。

子供は親の言うことを聞かない、ピュアな魔物ですからね。

でも事前にしっかりと計画を立ててから行けば、大丈夫です!

家族旅行やプールなどのレジャーで、子連れでも楽しくイライラしないで過ごせるコツをお教えしたいと思います。

おでかけ計画は、大人には少し物足りないぐらいがちょうどいい

親子でおでかけする計画を練るときは、どうしても大人中心の計画を立ててしまいがちです。

「あそこも行きたい!」

「こっちも行きたい!」

どうせ行くならと、欲張ったスケジュールを立ててしまうことが多くなってしまうかと思います。

「あともう1箇所、あのロープウェイに登って行く計画なのに!」

完璧すぎる予定を立ててしまうと、途中で子供が大騒ぎしてイライラして、行けなかったことで更にイライラする原因になります。

子供までがヘトヘトに疲れ果ててしまいますので、ちょっと余裕があるぐらいのスケジュールを立てた方がいいですよ。

オムツが取れていない子と行く時は、水遊び用のパンツを用意

m_20160711_140109

夏と言えば、プールに海にと水遊びに行きたくなりますよね。

行った先で思わず川や池や噴水を見つけて、着替えがないのにバシャバシャと入ってしまい、洋服がずぶ濡れになって「ヒェ〜!」って悲鳴をあげることも・・・。

プールでは、オムツNGのところがとっても多いです。

でも最近は、水遊び用の使いきりタイプのパンツに水着着用だったらOKという所も増えてきています。(各施設に確認してみてくださいね)

オムツがまだ取れていない子のためにも、水遊びの予定がなくても「水遊び用のパンツ」を準備してから行きましょう。

子連れで買いに行くのが大変でしたら、1,900円以上で送料が無料になるショッピングサイト「LOHACO(ロハコ)」がとってもお得で便利です。

オムツはサンプルが無料でもらえたりしますので、クーポンを事前にチェックしてからお得に購入するといいですよ。

LOHACO(ロハコ)のお得な活用術。クーポンで生活必需品を節約すれば働くママの強いミカタに!

子供は予想以上に乗り物酔いするから酔い止め対策を

m_2016-06-23 17.24.26

子供の頃、よく車やバスで酔った覚えってありませんか?

私もバスに乗ることがイヤで仕方がなくて、必ずビニールを顔の前に構えながら、万が一いつでも大丈夫なように乗っていました。

乗り物酔いは、自律神経がおかしくなっている状態ですし、子供のようにまだ体が未発達だからこそ酔いやすいのです。

乗り物に乗って酔わないための対策を、しっかりと覚えておきましょう。

  • 動きやすい格好で行く
  • 食べ過ぎや飲み過ぎに注意する
  • 窓を開けてよく換気をする
  • 下を向かずに遠くを見るようにする
  • アメなどをなめるようにする

3歳からでも服用出来る「酔い止め薬」なども売っていますので、薬局で相談してみることをおすすめします。

我が家もよく「酔い止め薬」をドライブに行く時に持参していましたが、大渋滞の時はヒドイ思いを何度もしました・・。

お子さんの様子をよく見ながら、無理せず休みながら行くようにしましょう。

立ち寄りスポットで子供用の施設があるかどうかチェック

m_20160716_090118

旅行に行くときは、目的地だけを結んで計画を立ててしまいがちですが、子供がいるときは思い通りになんていきません。

「ママ、おしっこー!」

お腹が空いて赤ちゃんが泣きわめいたり、おしっこ漏れちゃうとかギャーギャー言い出してしまうと、大人がそれだけで参ってしまいます。

だからこそ目的地以外のベビーコーナー、キッズコーナーがある施設を調べてから、きちんと計画を立てて行くようにしましょう。

いま高速道路は、メチャクチャキレイな施設がたくさんあります。

授乳スペース、オムツ替えコーナーはもちろん、着替えスペースまで完備しているところもたくさんあります。

先日旅行先で立ち寄った「海老名サービスエリア」では、子供にはうれしい設備がたくさんそろっていました。

海老名サービスエリア上りの名物とお土産ランキングベスト10!受付のお姉さんにこっそり聞いてきたよ

車やバスの中で、なかなか授乳やオムツ替えってむずかしいですからね。

長時間の旅になる場合は休憩を取るためにも、しっかりと間の地点を調べてから行くようにしましょう。

起きてからでは遅い!熱中症対策はきちんとしていこう

m_2016-07-18 17.24.20

最近の夏は、ヤケドするぐらいの猛暑の夏が続いています。

ひどくなるとめまい、頭痛、けいれん、意識が飛ぶなど命に関わるぐらい大変な事態に発展することもあります。

熱中症にならないために、1番大切なことはこまめな休憩と水分補給です。

特に赤ちゃんは、抱っこ紐でお母さんと密接にくっついているだけで熱中症になる可能性もあります。

地面に近い赤ちゃんほど熱中症になりやすいですから、小さい子とお出かけする時は、熱中症対策グッズをそろえてから行くようにしましょう。

暑すぎる!熱中症対策グッズでおすすめはこれ!夏本番前にそろえたいグッズランキングTOP10

行ってから慌てないためにも、きちんと計画してから行こう

m_20160716_123918

子供と普段いるだけでも疲れるのに、暑い夏に無計画に行くとヘトヘトに疲れ果ててしまいます。

どうして子供ってあんなに好奇心旺盛で、言うことをまったく聞かない生物なのでしょうか・・?

「こんな旅行になるはずじゃなかった・・・。」

後悔しないためにも、前もってきちんと計画をしてから行きましょう。

せっかくの楽しい夏休みの旅行も、時間の余裕を持つことがとても大切です。

時間の余裕が、心の余裕につながります。

今年の夏も、楽しい思い出がお子さんと一緒にたくさん出来るといいですね。

プールに子供と一緒に行った時に、必需品だと思うグッズ10選!

プールグッズで必需品10選!子供と一緒に行く時に持って行くべきだったと後悔したもの

夏休みに子供たちと一緒に行きたい国内旅行先はこちら!

夏休みに子供と行きたい家族旅行先ランキング国内編ベスト5。子連れの旅行計画で大事なこと

夏は焼きたくない!紫外線レベル別のおすすめの日焼け止めはこちら

おすすめの日焼け止め5選!顔にも子供にもOKで海や日常にも使える紫外線レベル別UVカットアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう