個人事業主のクラウド会計ソフト比較。freee、やよい、MFクラウドを超初心者が比べて使ってみた感想

私は3月1日に、決意を固めて個人事業主の開業届を提出してきました。

20万円以上副業で稼ぐサラリーマンの税金対策。個人事業開業届、青色申告届を税務署に直接提出

個人で事業をするスタートラインに、ようやく立ちました。

まだ立ったばかりで、ひよっこ開店休業状態です。

開業届けを出して何が変わったか?
気持ちがぐっと引き締まった感じ?

単純に来年の青色申告を申請する資格を手に入れただけです。
資格を手に入れたら、次は日々の帳簿付けが始まります。

確定申告時に慌てないためには、日々のお金の管理が大事かなぁと。

でもただ1つ、超初心者には大問題があります・・・。

家計簿は日々つけてはいますが、帳簿なんてまったく付けたことがありません。

手書きでもいいのですが、どうも自信がありません。

そこで帳簿付けをラクにしてくれるのが、会計ソフトです。

「でも会計ソフトって何を選んだらいいの?」

開業届を出してからずっと悩んでいましたが、以下の3つと比較検討しました。

クラウド会計ソフトの代表と言われている以下の3つで、PCにインストール不要で使うことが出来るタイプです。

今は便利なツールがそろっているのですね。

クラウドタイプですと、Macユーザーでも使える点がメリットです。

最近「Macbook Air」に変えたばかりの私にぴったりなのが、クラウド型なのです。

そこで3つを比較した結果、超初心者の私は一体どれを選んだのでしょうか?

最初に試した「やよいの青色申告オンライン」

yayoi_20150309

最初に使い始めたのは、「やよいの青色申告オンライン」です。

本当は比較なんてせずに、やよいを使うつもりで登録したのです。

会計ソフトでシェアNo.1の弥生会計だから安心かなぁと。
サポート体制も老舗だけに充実している点がポイントです。

何と言っても、現在キャンペーン中でとってもお得なのです。

最大2ヶ月間の無料体験プランがありますが、青色申告決算書及び確定申告書Bの作成はできません。

キャンペーンで無料になるプランは、すべての機能が使えるセルフプランです。

通常8,640円/年(税込) が、初年度に限り最大14ヶ月無料になります。

しかし!最大のメリットの電話、メールサポートが付いてません。
サポートをつけるには、ベーシックプランでの申し込みが必要です。

ベーシックプランでもキャンペーン価格が通常12,960円/年(税込)のところ6,480円で、毎月540円になります。

1年目が終わったら毎月1,080円に跳ね上がりますので、注意が必要です。

結局無料でサポートなんて、受けられないのですよね。

それに使ってみた所、動作がメチャクチャ重かったです。
うーんとじーっと待ってから、やっと動作する感じです。

  • 昔からやよい会計ソフトを使っていた方
  • ある程度会計の知識がある方
  • サポートなんていらないよって方

こんな方達には最適かもしれません。
たった3日使ってお別れを告げました。

愛ちゃん、ごめんねー!

次に検討したのが多くの人が使っている「freee(フリー)」

free_20150309

今大人気のクラウド会計ソフトは「会計ソフトfreee(フリー)」です。

なんとクラウド型会計ソフトシェア数No.1でして、多くの個人事業主の方も「freee」を使っているようです。

「freee」は、銀行やカード明細から自動で帳簿を付けてくれる点が最大のメリットです。

やよいと違って操作は本当に快適で、サクサクと記帳を終わらせることが出来ます。

さらにメールサポートは無料ですので、超初心者にはとっても重要です。

「freeeっていいじゃん!便利じゃん!」

でもデータ保存期間が、たったの1ヶ月しかありません。

これは来年になってから、慌てて一気に入力するなら問題ないかもしれません。

しかし私は、1年じっくりと時間をかけて帳簿付けを覚えていきたいですので、無料のプランでは限界があります。

free_2015-11-17 17.26.57

その上のプランに、個人事業主プランがあります。

月額980円年額9,800円です。
うーん、やはりかかりますね。

メールとチャットのサポート付きですが、チャットは開設後1週間のみなのです。

となるとデータの保存期間の違いだけですね。

「freee」は、「簿記を知らなくても使える会計ソフト」というのが特徴です。

複式簿記の知識がなくても簡単に入力が可能です。
他の会計ソフトと比べると特殊な入力方法です。

「freee」に慣れてしまうと、他が使えなくなってしまうそうです。

それは恐ろしい・・。
さて、どうしましょ。

「freee」は機能面が少ないこと、帳簿形式の入力が出来ない点が最大のデメリットのようです。

私はこれでも十分なんだけれどなぁ。

さらにもう1つ検討してから、決めることにしました。

最後に試したのがサポート充実!「MFクラウド確定申告」

mfcloud_20150309

最後に試したのが、「MFクラウド確定申告」です。

無料家計簿ソフト「マネーフォワード」を作っている「株式会社マネーフォワード」が出している会計ソフトなのです。

個人事業主は法人用のMFクラウド会計ではなく、「MFクラウド確定申告」の方を使います。

2つあるから間違えやすいですよね。

無料会員ですと、仕分け数が月15件しか使えません。
やっぱり無料で使うことは限界があると判断しました。

仕分け数を無制限に使うには、プレミアム会員になる必要があります。

月額800円で、年額8,800円(月あたり733円)で、しかも30日間は基本料金無料で試すことができます。

これは「freee」よりも安いですね。
節約主婦としてはめちゃ嬉しい!

メール、チャット、電話でのサポートが、期間に関係なく受けられます。

やはり会計なんてわからない事が多いですから、サポート体制が充実している方が魅力的です。

私は最近「マネーフォワード」を使い始めましたが、銀行やカードの情報が共有出来る点がとっても便利です。

家計簿が忙しくてストレスになって続かない。無料の家計簿アプリマネーフォワードを活用して全自動化!

しかもプレミアム会員に登録したことで、無料でこの本を頂きました。

早速この本をもとに事業用の口座を選択して、試行錯誤しながら現在使っています。

MFクラウド確定申告で、私が日々の帳簿付けで行っていること

超初心者のペーペーですが、日々帳簿付けを以下のように行っています。

クレジットカードで事業に必要なものを購入するとします。
今回執筆のために、必要な本をAmazonで2冊購入しました。

shiwakehouhou_rei_20150409

カード決済すると、「MFクラウド確定申告」に自動で取り込まれます。

1冊200円ちょっとなんて安い本ですね。
Amazonで中古で購入しましたから・・・。

勘定科目は、「新聞図書費」です。これで合っていれば、登録ボタンを押します。

meisai_20150309_choubo

これだけで勝手に仕分けられました。
なんとも便利です!素晴らしい!

 

2015-03-08 15.15.30

Amazonの領収書は、ネットから印刷してパンチ穴を開けてそのままファイルです。

その他の経費は取引No.を書いて、のりで貼っています。

取材に要した旅費交通費なども経費になるとか?

実はわからないことがいっぱい過ぎます・・・。
あとでマルサのおじさまが来たらとビクビクです。

2015-03-08 15.19.02

まだカード明細が上がって来ていない場合は、レシートはこのように取っておいています。

いやー、なんか自宅で経理部にでも入ったかのようです。

個人事業主って税理士に頼まない限りは、全部自分でやらなければなりませんからね。

実際に私が1年間つけてみた感想をかきました。

色々試してみて失敗することもたくさんありますが、日々、コツコツ続けることが大事かと思いました。

個人事業主におすすめの青色申告のフリーソフト「MFクラウド確定申告」を1年間付けてみて痛感したこと

会計ソフトを超初心者が比較して使ってみたまとめ

mm_zeirishi_2016-11-20-09-38-08

今回私は「MFクラウド確定申告」を選択しましたが、「freee」でも「やよいの青色申告オンライン」でも自分に合ったものを使うことが大事です。

私は値段とサポート体制の充実度から「MFクラウド確定申告」を選びましたが、また年度途中で気が変わったら変えるかもしれません。

レシートが溜まりだすと一気に溜まっていきそうですので、手軽に続けられるものを使っていきたいです。

1番わかっていないのが、どれが経費になってどれが勘定科目になるかということです。

これはソフトに関係ないですよね。

超初心者の個人事業主の私は、もっと節税の勉強が必要です。

これから先輩フリーランスの方に、ビシッバシッと指導してもらおうかと考えています。

まだまだ始まったばかりで挫折しそうですが、今年は節税対策との戦いを続けていきたいです。

あなたも、ぴったりの会計ソフトが見つかりましたか?

すこしでも日々の税務処理をラクするために、クラウド型確定申告ソフトをぜひ取り入れてみてくださいね。

確定申告をとってもラクにする!『MFクラウド確定申告』を実際に使ってみる

税務関係はお任せしたい!自分に合った税理士さんを探したい方へ

m_zeimusoudan_20160516

クラウド型の会計ソフトもいいけれど、自分で経費を入力するのもめんどくさいし、わずらわしい確定申告も全部お任せしたい!

税理士さんに税務関係は全部お任せしたいけれど、顧問料が高かったら払えないし、自分と合わなかったらどうしようか不安・・。

税務関係のことでどうしていいかわからないと、悶々と悩んでいませんか?

そんなあなたにおすすめなのが、あなたにあったぴったりの税理士さんが見つかるサイト「税理士ドットコム」があります。

多くの個人事業主や法人の方は、適正ではないとは言えない高い顧問報酬を税理士さんに払っています。

また税理士さんに不満があっても、なかなか契約を打ちきれずに悩んでいると思います。

そこで「税理士ドットコム」では、あなたにぴったりの税理士さん探しをお手伝いしていただけるのです。

なんと「税理士ドットコム」を利用した方のうち、約70%の方は顧問報酬額の引き下げに成功しています。

自分に合った税理士さんを、なんと24時間全国対応で無料で紹介していただけます。

すばらしいぐらい、温かいサイトですよね。

私も実際に「税理士ドットコム」を利用して、ステキな税理士さんに出会うことが出来ました。

税理士検索・紹介は「税理士ドットコム」が無料でおすすめ!私も自分に合ったステキな人に出会えました

悶々と税務関係で悩んでいたら、せっかくの仕事をする時間がもったいないです。

悩んでいる時間をぜひ「税理士ドットコム」に問い合わせをして、あなたの悩みをスッキリと解決してみてください。

あなたの悩みを解決してくれる心温まるステキな税理士さんが、ここで見つかるかもしれませんよ?

何度でも無料で紹介してもらえる!「税理士ドットコム」で探してみる

スマホで領収書撮影で保存が可能になったので、申請してきました

電子帳簿保存法の改正で領収書がスマホ撮影で保存可能に!個人事業主が税務署に申請に行ってきた