何だかもう疲れた、何もしたくない。忙しい主婦が5月病にならないための5つの予防法と対策

「何だかもう疲れた。何もやる気が起きない。」

毎日が怒涛のように異動や引越しで忙しかった3月。
新しい環境で頑張らなくちゃと気が張っている4月。

ゴールデンウィークの長期休暇で、リフレッシュしたい!

でも何だか、無気力で何もやる気が起きてこない。

なぜ?

ゴールデンウィーク開けぐらいから、ウツウツとしてくるのが「5月病」と言う、俗に言われている心の病にかかる方が多くなっています。

5月病って、新社会人や異動で新しい部署に配属されたサラリーマンがなるようなイメージですよね?

でも実は5月病って、主婦も気をつけないといけない症状なのです。

4月下旬のこの時期って風邪を引きやすかったり、とても心が疲れてイライラしていませんか?

忙しい主婦が5月病になって疲れ果ててしまう前に、私が実践している予防法と対策をお教えしたいと思います。

主婦が5月病に気をつけなければいけない理由

2016-04-25-05.41.09

主婦って、どうして4月下旬頃から心も体もヘトヘトに疲れてしまうのでしょうか?

それは、旦那さんや子供の新生活の影響をもろに受けているからです。

旦那さんが3月に異動が決まって、引越しの手続きや新生活の準備でバタバタ、それに伴うお金のやりくりで頭がいっぱい!

新しい職場に慣れてくれるか不安で心配だし、大変な時期だからこそ家ではリラックスさせてあげなくちゃ!

心配事は、実は旦那さんだけではありません。

子供が幼稚園や保育園に入園するための準備をしたり、小学校に進学したら新しい環境に慣れてくれるか気が気じゃありません。

小学校1年生は約2週間もお弁当がないことで、働くママでも毎朝いつも以上にバタバタと早起きが必要になってきます。

私の周りでもちゃんと通学できるかが心配になってしまい、学校に子供と一緒に登校するママさんも多いです。

小学校に入ったら勉強について行けるのか、友達が出来て楽しく学校に行ってくれるかを考えただけで、胸が詰まっていっぱいに。

夫と子供のことばっかりを、毎日ずっと考えているのですよね。

自分のことを考えている余裕もヒマもないのです。

主婦って、しんどくてとってもたいへんな生き物です(泣)

家族のことを1番に考えてしまいがちですが、本当は自分が1番気をつけなければならないのです。

私も次女が小学校入学でバタバタが終わった頃から気が抜けてしまって、体調を崩して4日ほど寝込んでしまいました。

やる気も起きずに無気力になって、鼻水ズルズルでのどが痛くてとってもしんどかったです。

5月になると、ふと気が抜ける燃え尽き症候群に近い症状が出てくるのです。

お金がザクザクと貯まればいいのに、ストレスがたまるのなんてイヤになりますよね。

「もやもやーっとするイライラを、何とかして吹き飛ばしたい!」

ほんとこの憂うつな時期のまま6月に入ったら、(梅雨)つゆだくストレスですよ。

私は牛丼チェーン店の中では、すき家が1番大好きです。関係ない

牛丼のようなつゆだくのストレスにならないために、一体どうしたら5月病の予防と対策をしていけるのでしょうか?

私が実践!主婦が5月病にならないための5つの予防法と対策

私がこの時期に5月病にならないために実践していることは、以下の5つの方法です。

1.体をゆっくりでいいので適度に動かす

m_ranning_20160425

脳を元気にさせるために必要な物質が、「セロトニン」という脳の中にある神経伝達物質です。

セロトニンが不足してくると落ち込むだけではなく、ひどくなるとうつ病になりやすいと言われています。

このセロトニンを活発にさせるのが、適度な運動です。

私は天気がいい時は早起きして、近くの公園をゆっくりと歩きに行きます。

たくさん運動しなきゃ!とか、まったく焦らなくてもいいんですよ。

マイペースで近所を歩いたり、ちょっと公園をゆっくりとジョギングしたり。

子供と一緒に行くと草花を見つけたりと、五感も磨かれてお互いのコミュニケーションにもつながります。

一定のリズムで体を動かせば、セロトニンがどんどん増えていきますので、体を動かすことを習慣にしてしまうといいですよ。

室内運動では「ホットヨガ」も心をリラックスさせてくれますし、ダイエット効果もありますので疲れた時はおすすめですよ。

ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)でヨガを初体験で汗びっしょり!ダイエット効果以外に得られるもの

2.「鶏ムネ肉」など、良質なタンパク質を多く取る

m_2016-04-25 21.38.30

ひどく疲れた時には、高カロリーのものを食べると逆効果になります。

体の細胞もクッタクタですから、カロリーをたくさん取り過ぎると、さらに体がクッタクタになってしまうのですよ。

消費しきれなくなって、返って太って脂肪に変わる可能性もあるのです。

そんな時は、良質なタンパク質が豊富な鶏のムネ肉を摂取すると効果的です。

他にも「イミダペプチド」という成分が疲労回復には効果バツグンだそうで、豚ロース肉や、かつお、カジキも多く含まれています。

鶏のムネ肉は脂肪も少なくてタンパク質が豊富ですから、晩ご飯のレシピに迷ったら鶏のムネ肉料理にしてみてくださいね。

何でも1品モノを取り過ぎないで、バランスよく食べることが大切です。

鶏のムネ肉はお財布にも優しく脳みそにも良いので、この時期は特に意識して積極的に摂取するといいですよ。

3.R-1乳酸菌をとって、免疫細胞を活性化させる

m_2016-04-23 17.13.24

疲れ果てて病気になりやすい体になっているということは、病原菌が寄ってきやすい体になっています。

そんな時は、病原菌を寄せ付けない体にすることが大切です。

そのためには何と言っても、免疫力をつけて免疫細胞を活性化させることです。

私は「R-1ヨーグルト」という自然免疫の一種であるNK(ナチュラルキラー)細胞の働きを高めてくれる作用があるヨーグルトを、定期的に摂取しています。

機能性あるヨーグルトっておいしそうじゃないと思ってしまいますが、これがとってもおいしい!

ブルーベリー味が特におすすめです。

細胞ですので目に見えた効果がハッキリとあるわけではありませんが、風邪を引くリスクが低下するということでおすすめですよ。

4.やっぱり早寝早起き。規則正しい生活習慣を送る

m_tokei_20160425

早く寝て早く起きるって、とても大切です。

セロトニンを増やすために不規則な生活を改めて、自分が1番ぐっずりと寝られる時間を見つけることが大事です。

夜はテレビやスマホを見ない。
SNSが気になるけれど見ない。

ママ友とのLINEのやり取りをずっと気にしていると、ますます気になって寝られなくなります。

寝る1時間前ぐらいにはPCやスマホの光を遮断して、おもいっきり瞑想にふけりましょう。

私の夫なんて夜は寝られなくなるからと、パソコンもスマホもまったく見ないんですよ。

21時に子供を寝かしつけて、その後はゆっくりして22時には寝てしまいます。

ほんとこの習慣はぜひ見習いたい・・・。

眠りたいのに寝られなくなって不眠症に陥ってしまう前に、早寝早起きをしてリラックスすることを心がけましょう。

眠りたいのに眠れない!夜寝られない原因って何?寝られないストレスは「ねむりの香り」でリラックスを

5.家事と育児を何もしない日を1日でもいいので作る

m_2016-04-13 13.22.34

子育ても家事も仕事も全部を完璧にこなしていたら、ヘットヘトに疲れ果てています。

だからあえて何もしない日を、1日でもいいので作ってみましょう。

私は夫と家事と育児の分担を相談して、1ヶ月の間に数日は「1日だけ何もしなくていい日」を作るようにしています。

本屋に行って、好きなだけ本を読んだり。
新しい街に行って、自由に散策してみたり。

おしゃれなカフェに行っておいしいパンケーキをゆっくり味わいながら、自分のことだけを考えて家事や子供のことは一切考えないようにします。

家事や子育てをあえてせずに、自分の心がワクワクすることだけをするのです。

たった1日だけでも自分時間を作るだけで、ヘトヘトになった体も心もスーッとラクになっていきますよ。

心の余裕がなくなる前に、余裕を生み出す対処法を知っておこう

m_kanyoushokubutu_20160421

まだまだ私なりの5月病を予防したりする対処法がありますが、出来る事から実践していくといいですよ。

この時期に特にストレスが増えるのは、心の余裕がなくなっているからです。

イヤな人間関係だったり。
時間がないことだったり。
お金がないことだったり。

イライラの正体は「心の余裕不足」です。

心の余裕不足を解消するためには、ストレスの発散が1番です。

体をほどよく動かして、おいしいものを程よく食べて、後はリラックスして早く寝て早く起きるだけです!

ストレスを発散すれば、心にも余裕が生まれてきますよ。

でもこの習慣を変えても改善しない場合は、心療内科または精神科に行ってみましょう。

単なる5月病ではなく、うつ病という医学的な病気の可能性があります。

でも「心療内科は敷居が高すぎるわ・・・。」という方は、まずは内科に行くといいですよ。

適切な病院を紹介してくださるはずですから、気軽に受診してみてくださいね。

あまりにもイライラしたら、紙にイライラしたことを殴り書きしてグチャグチャに丸めてごみ箱にエイ!って投げると、ストレス発散になりますよ。

あなたの不満やイライラも、実はお金に変えることだって出来てしまう時代ですからね。

「不満買取センター」はおいしいお小遣い稼ぎ。生活のイライラやお店への不満やクレームを買い取ってもらおう!

あ、これは、私の秘密のストレス発散法だった・・。

あなたの心に余裕をもっと作って、心の中から楽しく乗り切っていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立した生活家電と不動産が大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。