家計簿も節約も苦手だけれど貯金したい!お金を使わないのではなく幕の内弁当方式でお金を増やす

「家計簿なんて、毎日つけるのめんどくさい。」

「節約も苦手で、使わないとイライラする!」

なんで家計簿ってこんなにもめんどくさいのかと思うぐらい、毎日続けることってとってもむずかしいですよね。

あと残金がいくらか残っているかを考えながら、食べたいものも買えずにお金を使わない生活なんてすごいつらいです。

私も節約ばかりはイヤです。

だって、おいしいものを食べたいですからね。

お金を貯めたいと思った時に、どうしても支出を削ることを考えてしまいがちですが、私も実は支出を削りすぎて失敗してしまいました。

節約が苦手でもお金を貯めたい人は、これからは増やしていくことを考えていくことをおすすめしたいのです。

銀行にコツコツ預けていても、ほとんど増えない時代

なんとか苦手な節約でも、毎月少しずつでも銀行にお金を預けている方も多いかと思います。

でも残念なことに、毎月お金を銀行にコツコツ預けていても、今は定期預金でもお金はほとんど増えていかない時代です。

例えば毎月3万円を30年間積み立てをした場合は、定期預金(年利0.1%)では約1,096万円、元本が1,080万円ですからほとんど増えません。

30年間で約16万円しか増えませんから、毎日苦手な節約をしていることがなんだか苦痛になってきてしまいます。

しかもお金が突然必要になった時に、時間外にお金を引き出したりなんてしたら、余計な手数料が取られてしまって、返ってマイナスになってしまうことも!

このように銀行に長年お金を預けても、ほとんどお金が増えていかない悲しい時代なのです。

ほとんど増えていかないからこそ、思い切って運用してみる

節約してムダな支出をしないことは、家計管理では本当に基本的なことで大切なことです。

でも節約ばかりの使わない生活は、ずっとお金に我慢する生活を強いられてしまい、自分が働かない限りはお金は入ってきません。

それがつらくてイヤだったら、お金自身にもっと働いてもらうことを考えることが大切なのです。

お金に働いてもらうことを「資産運用」といいますが、運用って大金が必要なイメージですし、お金が減るリスクも当然のごとくあります。

コツコツ貯めた100万円が、1円でも減るのってすごく怖いですよね。

私もお金を運用することは、はじめはとっても怖かったです。

だって家計を預かる主婦が大事なお金を減らすなんてイケナイことをしているような気分になってしまうからです。

でも思い切って運用してみたら、節約ばかりの生活でつらかった私でも、少しずつですがお金を増やしていくことができるようになったのです。

ほとんど貯金感覚でできる運用方法は、ほったらかし投資

多くのお金をかけるから、多くのお金が減ってしまうのです。

運用って100万円単位とか大金のお金がないとできないと思ってしまいますが、実は毎月500円から運用ができてしまうのです。

500円だけだと永遠と増えていきませんから、せめて5,000円から1万円ぐらいは運用に回すお金を捻出するだけで、定期預金よりはるかに多くのお金を増やせます。

しかも自分で色々考えて、運用なんてしなくていいのです。

その方法が「投資信託」という方法でして、忙しく働く子育て世帯の方でもほとんど貯金感覚でほったらかしで運用することができてしまうのです。

「全面改訂 ほったらかし投資術」で人気投信ブロガーから運用術を学ぶ!忙しい人こそ始めるべき理由

時間をミカタにつければ、時間と利息の力でぐんぐん貯まる

20代や30代前半まではまだ何とかなることが多いのですが、30代後半になって感じることは、子供の教育費がどんどんかかってきていることです。

中学校から高校、そして大学進学時には膨大な教育費がかかることが予想されていきます。

いざ大学進学時にお金がかかってどうしよう!と思うときに、必要なお金を出せない時があったら悲しくなってしまいますよね。

だから、今のうちからお金を運用していけば、時間がミカタになってくれてお金がお金を生む力によってさらにお金は増えていきます。

先ほどの金利0.1%の定期預金では、ほとんどお金は増えていきませんでした。

しかし「投資信託」という方法を使えば、年利3〜7%ぐらいで運用することも可能になってきます。

m_shouken_2016-05-20 09.54.01

例えばですが、年利3%で先ほどと同じ条件で毎月3万円ずつ30年間を投資信託で運用していけば、なんと約1,080万円が約1,748万円にもなります。

リスクは高くなりますが、年利5%にもなると約2,496万円とおうちが買えてしまうほどの大金に。

投資におけるリスクって、減るだけじゃなくて増えるというバラつきがあるのですよ。

節約だけをして貯金で16万円か、運用で1,000万円以上増やすか。

あきらかに運用した方が、お金の増え方がまったく違ってきます。

長い人生という時間をミカタにつけることによって、お金はぐんと大きく増えていくのです。

毎月自動的に定額を積み立てていけば、価格の上下に左右されない

確かに、経済情勢でお金が減ることだってあります。

私もリーマン・ショックでコツコツ積み立てをしていた投信が、いきなりマイナスになって怖くて積み立てをやめてしまったことがあります。

個別株式もやっていましたので、何百万円が一瞬で減った時は泣き崩れてしまったぐらいでした。

でもその時にあきらめずにコツコツと積み立てをしていたら、実はその時に多く買うことができたので、さらに増えていたかもしれないのです。

もし自分で運用をしていたら、「経済大暴落」なんていうニュースが流れてきたら、また同じように怖くなって売ってしまうかもしれません。

でも毎月コツコツ積み立てをしていく投資信託であれば、価格が上下することに影響をほとんど受けずに、長い年月をかけて買った価格が平均されていくのです。

自分でやると怖いし値動きが気になってしまうからこそ、お金の運用をするプロに任せておけばいいのです。

まさに「運用お願いしまーす!」と言って、お金を預けていけばいいだけのほったらかしハイパワー貯金をすることができるのです。

お金の運用が怖い人は、運用は幕の内弁当方式がうまくいく

m_2016-05-18 13.28.56

やはりお金の運用を1つにしてしまうから、経済ショックが起きた時にその1つが全部ダメになってしまうのです。

1つだけで運用するなんて、私だって不安です。

だから色んなモノをちょっとずつ買うことが、とっても大切なのです。

例えていえば、個別株式が牛丼だとしたら、投資信託は幕の内弁当のようなものです。

国内や海外株式、国内債券や海外債券など、実に多くの銘柄がありますから、それをバランスよく買うことでリスクを分散できます。

もしかしたらエビが暴騰してエビフライにするエビが買えなかったら、エビ天丼を買っていたら大打撃です。

でも1つのエビ天が入っている幕の内弁当だったら、唐揚げやハンバーグなどで代用することが可能です。

なんだか変なたとえですが、1つだけを買うことなくバランスよく買うことが不安をなくし、いざという時にでも安心して長く運用することができるのです。

ちなみに私は、幕の内弁当より牛丼、牛丼よりかつ丼が大好きな人です・・。

リスクが許容できる人は、戦略的な幕の内弁当方式でもいい

投資する銘柄として、リスクが高いものは得るお金も大きくなります。

ただお金を増やしたいからという理由だけで積み立てるのではなく、積み立てたお金を何に使いたいかもしっかりと考えることが大切です。

m_2016-05-18 13.37.50

例えば20代でまだ積み立てる時間が長く取れるのであれば、リスクが高い株式投資を多めにすることで、さらに大きく増やすことができます。

住宅購入資金などに、この増やしたお金を充てることもできますよね。

 

m_2016-05-18 13.32.59

反対にもう30代だし子供の教育費を貯めたいと思えば、確実に増やすことも考えつつ少し攻める形で増やすことも大切です。

例えばですが、株式と債券という反対に値動きする投信をバランスよく組み合わせることで、やや攻める投資スタイルを作ることができるのです。

こればっかりはライフスタイルによっても違いますし、どの目的にお金を使うかによっても違いますので、しっかりと検討することが大切でしょう。

幕の内弁当式積立投資をはじめて、将来予想される出費に備えよう

m_20160702_120725 2

節約が好きで得意な人もいれば、節約することが苦手な人もいます。

節約が苦手でもうストレスになってしまっている人は、減らすことがつらければ増やすことを考える逆発想がおすすめです。

節約が得意な人でも、ちょっと怖いけれどリスクを許してあげる大きな心を持つことができれば、何百万円も多くのお金を将来手にできるかもしれません。

実はいつも一緒にスーパーに行っているママ友や、幼稚園や保育園のママ友もこっそりと投資をはじめているかもしれません。

「毎日大変よねぇ〜。」って言っている人に限って、おうちでこっそりと運用していたりするものです(笑)

この幕の内弁当方式の積立投資術だったら、少ないお金でリスクを分散して、長い期間の中で大きく増やしていくことができます。

私は「セゾン投信」をして、老後のお金を1億円増やすことを計画しています。

セゾン投信でゼッタイ貯める1億円!年金なんてもうアテにならない!自分の将来は自分の手で守りぬく

幕の内弁当方式で、貯金感覚でほったらかしでお金を増やす

これからはつらい節約じゃなくて、楽しく増やす時代。

幕の内弁当のようにリスクを抑えてバランスを取りながら、コツコツとお金を増やしていきたいですね。

毎月コツコツ積立すればお金が貯まる!「セゾン投信」の資料請求や口座開設はこちらから

【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産を日々研究しているフリーライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。