今年こそお金を貯めたいけれどなぜかできない理由。お金を貯められる人になる「貯蓄」ルール

「今年こそは、お金を貯めたい!」

毎年年度が切り替わると、お金を貯めたいと意気込むけれど、あれ、もう1ヶ月が過ぎている?

あの時の意気込みを忘れてしまい、もうやる気はどこに行ってしまったのか、なかなかお金を貯めることができずに1年が終わってしまいます。

「家計の金融行動に関する世論調査」によると、今は貯金ゼロの世帯が約30%、3世帯に1世帯はお金がまったく貯まっていないという現実・・。

私も貯金ゼロでジャガイモ1個も買えない貧乏生活を送ってきましたが、やはり貯金ができてからは、不安がスーッと減っていきました。ほんとお金は精神安定剤です。

老後にお金のことで悩まないために、今からお金が貯まらない人に対して、お金に困った者として本気で何とかしてあげたい!

今年こそお金を貯めたいけれどできないあなたに、どうして貯められないかの理由をお教えしたいと思います。

貯金を貯めるための目的がない(夢がない)

叶えたい夢、ありますか?

マイホームを持ちたい、車を持ちたい、キレイになりたい、留学して英語がペラペラになりたい、老後は海外でゆっくりと暮らしたい。

私はキレイに痩せて、レギンスパンツをカッコよく履くんだ〜!なんていう目標があると、ただ痩せたいなんていう目標よりは、はるかに痩せます。

貯金目標はダイエットと同じく、「お金を貯めたい」と何となく思っているだけでは、お金はまったく貯まっていきません。意識が続かないんですよ・・。

35歳で、500万円の頭金を貯めて、私はマイホームを持つ!という、具体的に大きな夢を持って頭の中で思い描くことで、確実にお金は貯めることができるようになっていきます。

貯めた貯金をなんとなく使っている

10万円なんとか貯められたけれど、オーブンレンジを買うために使ってしまった・・。

貯められたようで貯まっていないお金は、貯金ではありません。「直近で使うお金」と「3年以上先に使うお金」とでは、まったく貯金の種類は別物です。

1年後の入学準備とか車検代とか海外旅行資金とか、そういったお金は貯まったら崩さずにしっかりと「別管理」にしておいた方がいいです。

せめて収入のうち10〜15%は「別管理」貯金として、計画的に取り分けておくようにしましょう。

150万円の車を3年後に買いたい!なんていう計画がある時は、将来貯金のうち、毎月3万円+毎年ボーナス14万円 = 1年で50万円を貯める必要があります。

貯金を習慣にしてしまうのです。

毎日20分間だけ筋トレすると決めるように、毎月26日に3万円自動積み立てしてしまうという風にすると、いつの間にか勝手に貯まっていきます。

夢を持ったら、具体的な金額を計算し、何となく使いとは別に貯金しておくといいでしょう。

家賃が収入に対して高すぎる

毎日出ていくお金の中に、「毎回決まって出ていくお金」と「毎月流動的に変わっていくお金」の2種類があるのをご存知でしょうか?

この2つを「固定費」と「変動費」と言うのですが、「節約しなきゃ!」って思うと、どうしても牛肉を鶏肉へ、トイレットペーパーは特売品のみ買うとか、そういった思考になってしまいます。

でも、本当に大切なことは、「固定費」を減らすことです。

携帯代はキャリアのプランを見直す、格安SIMも検討してみる、保険代は死亡保険をやめて医療保険だけにするなど、とっても大変ですが見直すと家計がグッとラクになります。

でも1番効果があるのが、家賃です!

本当に一般的な数値ですが、家賃は月収の20%以下が理想です。手取り年収300万円なら、毎月5万円程度ですよ。高くても6万5,000円ぐらいが理想ですが、都内では本気で難しいです。

でもそんな事言っていたら、いつまで経っても貯められる人になれません。

駅チカで新築物件なんて本気で高いですから、古い賃貸マンションでも、ちょっとオシャレにして住めばとっても楽しく住むことができます。

「UR賃貸」などでは、古い部屋を改造して、イケアや無印良品とコラボした家もあり、見ると本気で住みたくなるほどです。

IKEA(イケア)× UR団地リノベーション賃貸物件のモデルルームを実際に見学。メリット・デメリットを考えてみた

他にもシェアハウスなども、都内で住むためには有効です。渋谷や青山や下北沢などにも、キレイでオシャレなシェアハウスは多数存在し、通勤も買い物も便利ですよね。

引越しはとっても大変ですが、5年、10年スパンで考えれば、大金が違ってきます。ただ家賃を払うためだけに働くことを、今からやめてみるようにしましょう。

SNSを見て、人と比べてうらやましさから買っている

最近ではインスタグラマーという人も現れるぐらい、写真の投稿アプリ「Instagram(インスタグラム)」が流行っていますよね。

読者モデルや若手のタレントの方などが、ファッショントレンドに敏感な女性ユーザーを多く集めることに成功しています。

トレンドのファッションやおいしそうなスイーツや食べ物がアップされていると、「これ欲しい〜!」「これ食べたい〜!」ってなりますよね。

タレントだけではなく、身近な人がFacebookやTwitterやブログなどを見て、「私も同じものが欲しい。」「あの人が英会話学校に行っているから、私も・・。」と、思ったりしませんか?

SNS上の人を見てうらやましくなって、同じ洋服やバッグが欲しい、人が食べているから、私も同じものが食べたい〜!と思っていると、本気でお金なんて貯まりません。

人と比べてうらやましがるクセを持っていると、どんなにお金を稼いでも、お金が貯まらないどころか、心のエネルギーまで消耗することになってしまいます。

「人は人、私は私」

周りと比べずに、今ある自分にとって好きなことにお金を使い、それ以外はカットする。

すぐに変えることはできないかもしれませんが、レシートを見て「SNS浪費」とチェックして、少しでもチェックする項目を減らしていくようにしていきましょう。

あの人はお金持ちでうらやましい。良いねたみと悪いねたみの違いを知って自分の嫉妬心をマネーパワーに変えよ

貯めることも大切だけれど、旅立つことも考えていこう

貯金がある人を見て、私は本気でお金持ちの人を妬んでいた時期がありました。

「なんであの人は、海外旅行に行けて、我が家は行けないの?」

毎月1万円ずつ貯めて、やっと10万円やっと貯められても、冷蔵庫が壊れてスッカラカンになったり・・。食費の節約を頑張りすぎて夫婦ゲンカをして、ストレスでお菓子を大量に買ったり・・。

うらやましかった、くやしかった、もう泣き叫んで暮らしていました。

もう散々お金が貯まらないことに悩みに悩みすぎて、人生を生きてきましたが、私は考え方を変えました。

自分の心が満ち足りていればいい。

思い通りにならないことなんて、いっぱいあるかもしれない。でも、どんな状況になっても、どんなことを見たり聞いたりしても、自分の心を満たせる人間になっていこう。

最終的に自分の心のコントロールをすることが、1番心地よくお金が貯まっていきました。

お金を貯めることもとっても大切なのですが、気持ちよくお金が出ていくことも考えてながら貯めていくと、ストレスを感じることなく貯めていくことができます。

貯金する時は、ただ仕舞い込んでしまうのではなく、旅立つ日も計画しておくこと。

お金は使わないために貯めるんじゃなくて、お金は使うために貯めるんですよ?

お金の旅先をワクワクして考えながら、楽しくしっかりと貯められる人になっていきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう