歩行者優先道路で自転車のベルを鳴らされたら譲らないといけないのか?おまわりさんに聞いてみた

桜が舞う晴れた日に、本日下の娘の小学校の入学式を迎えました。

保育園を無事に卒園して、この日をどれだけ待ちに待っていたことでしょうか?

我が家から小学校までは、徒歩30分もかかる長い道のりです。

夫と祖母と一緒にワクワクしながら、楽しく学校に向かって歩いていた時のことでした。

しかし、そんな楽しい気持ちを打ち消してしまうような、イヤな事件が発生してしまったのです。

チャリンチャリン!と鳴らす自転車がとっても多い

m_hokousha_yuusen_20160407

小学校に向かう道のほとんどが「歩行者優先道路」で、その名の通り歩行者が優先して通ってもいい道路です。

新品のランドセルを背負ったピカピカの1年生の娘の手をギュッと握りしめて、道路を並んで歩いていました。

 

m_2016-04-06 12.32.39

2人並んで歩くと、自転車が抜かせないぐらいの道幅ですが、隣に自転車専用レーンがある場所でした。

「チャリン!チャリン!」

歩行者優先道路のはずなのに、後ろから何台も自転車に鳴らされるのです。

そのたびに娘と手を離して、自転車に道を譲ります。

でも5台ぐらいに鳴らされたところで、もう頭がカチン!と来てしまいました。

「ここって歩行者優先道路のはずでしょ?何で私たちが譲らないと行けないの?」

堂々と歩いていればいいんだ。

そう思って、また「チャリンチャリン!」って鳴らされた時は、譲らなかったのです。

チラッと後ろを見たら、50代ぐらいのおじさんが自転車に乗ってベルを鳴らしています。

でも私と娘は堂々と手をつないで歩いたまま、譲りませんでした。

そしたら大変なことになってしまったのです。

50代ぐらいのおじさんが、絡んできて大変なことに!

m_jitensha_20160407

「チャリン、チャリン!どけよ!」

先ほどのおじさまが、今度はすぐ後ろの至近距離で怒鳴りこんできました。

「ここは歩行者優先道路ですから、自転車は走ってはダメなんですよ?」

後ろのおじさまに向かって、私は冷静になって言ったのです。

そしたらおじさまがカチっと切れたのか、私たちの前に回り込んで通せんぼです。

「お前、何言ってるんだよ。ここは通っていいんだよ!」

嫌がらせのように前に自転車を止められて、前に進むことができません。

夫と私の祖母は声が届かないぐらいの前方を歩いていたため、助けを求めることも出来ません。

「警察に通報しますよ。いいですか?」

もうこうなったら、住民のミカタである警察に通報するしかありません。

「おう、上等じゃないか!通報してみろよ!」

あまりにも横柄な態度すぎて、スマホをを取り出して110番の番号を打っていたところ、そのスキにおじさまに逃げられてしまいました。

「お母さん、あのひと怖い!」

せっかくの楽しい入学式までの道のりが、とってもイヤな思いをすることに・・・。

でも何だかものすごい釈然としません。

自転車のベルをチャリンチャリンって鳴らされたら、歩いている人は道を譲らないといけないのでしょうか?

教えて、おまわりさーん!

真相を聞きに、交番のおまわりさんのところに行って聞いてきた

m_kouban_20160405

入学式を終えてから、早速近くの交番のおまわりさんのところに行って、真相を聞いてくることにしました。

自転車のベルでチャリンチャリンする人がとっても多くて、おじさまにも絡まれた話をしました。

「あの、こういう時って交番に110番しても大丈夫なのでしょうか?」

恐る恐るおまわりさんに聞いてみたところ、

「それは変なヤツですから、遠慮せずにすぐに通報してください!」

そうだったのですか・・。

暴行を受けたわけでもないですし、事件性もないですから、忙しいおまわりさんが来てくれるわけがないと勝手に思い込んでいました。

2015年6月に「改正道路交通法」が施行されました。

危険行為をして3年間で2回摘発されると、公安委員会の「自転車運転者講習」(1回3時間、受講料5,700円)を受講しなければなりません。

もし受講しなければ、5万円以下の罰金が科せられ、前科一犯がつきます。

当然このように歩行者を妨害するような行為は「違法」であり、罰せられるべき対象なのです。

「歩道でチャリンチャリン!って鳴らされたら、譲らないといけないんですかね?」

原則的に歩道を走ることを禁止されている自転車なのですから、譲らなくてもいいかの真相を聞いてみいました。

「もし身の危険を感じた時は、自転車を譲ってしまった方がいいですよ。」

過去に自転車にチャリンチャリンってされて譲らなかったら、その自転車にひき逃げされた事件も起きたことがあるそうです。

「スマホなどで写真を撮って、証拠を取っておいたほうがいいんですかね?」

これは感情をさらにヒートアップさせて何をされるかわかりませんし、スマホを壊される可能性がありますので、危険ですから止めたほうがいいそうです。

とにかく勇気を出して、すぐに110番通報をしましょうということでした。

常識的な人だったら、まず歩行者にベルを慣らしたりしません。

ベルを鳴らすような運転マナーの悪い人に変に絡まれて、最悪命を落としたらたまったものではありません。

「わかりました。子供にはそのように教えておきます。教えていただきましてありがとうございました。」

自転車を譲らなくてもいい、堂々と歩けばいいなんて教えたら、子供が危険な目に遭ったら親としてたまったものではありません。

ものすごい悔しい思いもしましたが、危険な人には近づかないことも大切です。

「チャリンチャリン!って鳴らされたら、ルールを守れないかわいそう人だと思って仕方なくよけてね。」

子供たちは、何となく理解したようです。

一緒に今回の光景を目の当たりにした次女と同じ道を通う長女には、「身を守るためにやむを得ず譲る」と教えることにしました。

身勝手な大人よ、ふざけんな!ちょっとくらいが命取りに!

m_2016-04-06 12.28.26

交通安全運動の日で「自転車マナーアップ強化月間」の最中に、まさかこんな目に遭うとは思ってもみませんでした。

車の運転も自転車の運転も、マナーを守っている人もとても多いです。

しかし1部の非常識な大人が、人に向かってクラクションやベルを鳴らしているのも現実です。

本来車のクラクションと自転車のベルは、人向けではなく対車両用で車や自転車に向けに鳴らすものです。

何に対してイライラしているのかわかりませんが、いい大人がなぜ子供の前で非常識な姿を見せるのですか?

子供は大人の行動を見て、マネして育ちます。

未来を担う子供にマネされる大人が、身勝手な態度を見せてどうするんですか?

ふざけんじゃないわよ!

歩くことが目的の道路に、自転車という車両で入ってきて、万が一のことがあったらあなたは責任取れるんですか?

道路に車両が止まっていて、やむを得ず歩道を通らないといけない自転車は、通行している歩行者がいたら徐行して一時停止をするべきなのです。

「自分だけはいいや。」

「どうせ警察官になんて、捕まりっこないや。」

そうした自分勝手な身勝手な気持ちが、子供の大切な命だって奪うことだってあるのです。

大切な子供の命を奪われた親の思い、どんなにつらくて悲しいことか。

起きてからでは遅いのです。

ちょっとぐらいいいやではなく、ゼッタイダメです。

ブレーキが効かなくて止まれないなどの危険な場合を除いて、チリンチリン!って人に向けて鳴らすことは、やめましょう。

自分がされてイヤだと思うことはするな!

イヤホンで音楽を聴きながら乗るな!
スマホを見ていじりながら、乗るな!

ルールを守れない大人は、自転車になんてゼッタイに乗るな!

いい大人がほんとみっともない、かっこ悪い。

たった1つの大切な命を守るために、周りも一緒に声を第にして悪質マナー違反者を撲滅していきましょう。

大切な命、決してムダにしてはいけない。

11 件のコメント

  • 自転車に乗る人が増えて自転車マナー問題もあちこちで起きてますね。私は歩行者天国状態の商店街でおばさんの自転車足をぶつけられました。イタイと思った瞬間、「ごめんね。」とスーっと行かれてしまいました。幸いストッキングが伝染して擦り傷で済んだのですが。神経疑いますね。
    自転車が来るので、広い歩道を歩いていても並んで歩くことはしてません。
    怪我させられたらつまらないですからね。

    • ヤスコさんへ

      えぇ、ストッキングが破れてしまったなんて、それ弁償してもらう対象ですよ!

      でもなかなか言えないですよね。みんな不満に思いつつスルーしているんだと思います。

      震災以来かもしれませんが、自転車に乗る人が本当に増えたなと感じます。

      マナーを守らないことが当たり前になりすぎていて、今は何が悪いのかがわからなくなっているのではないかと。

      警察の方でもこの春の交通安全運動で、自転車の取り締まりはものすごい強化しているって言っていました。

      色んな人間がいるからこそ、色んな人間に合わせた対応をしなきゃいけない。

      大変だけれど、危ない目に合わない対処法を身につけることが生きていく上で大切なのではないかと思いました。

  • はじめまして。私も日々歩道を我がもの顔で走る自転車の人たちに嫌な思いを抱えてます。
    マナーの良い人なんて、本当に一握り。
    歩道では自転車を降りて押して歩くべきなのに、道を譲れとばかりに
    爆走して向かってきたりします。
    実際何度もぶつかってます。大概謝りもせずに過ぎ去ります。
    卵もその拍子で割れたこともありました。

    歩道でベルを鳴らすことももうマナーではなく違反なのにわかってないし。
    片手運転でスマホ見ながらとかはもう論外ですが、傘さして乗るって芸当をする人もいて
    雨の日くらい自転車乗るな!健康のためにたまには歩け!と思ってしまいます。

    徐行運転する自動車よりも早く、人の間を走り抜ける自転車って凶器以外の何物でもありません。
    人の近くを通ろうとすると検知してスピードが落ちるとか避けて通るような自転車を開発してもらって、
    それ以外乗ったら改造車扱いで、所持しているだけで自転車を購入するより高い罰金を払ってもらうようにしてほしいと願ってます。
    長々と失礼しました。

    • 怒り心頭のマダムですさんへ

      えぇ、卵が割れてしまったなんて、すごいイヤな思いです!
      卵投げつけたくなりますよね。(それはそれでいけないんですが・・笑)

      スマホや傘は、人に迷惑かけないだろうという気の緩みがさせてしまうのではないかなと思っています。

      自転車事故で多くの人が悲しい思いをしている現実です。

      自転車も車という意識を持って、マナーを守って欲しいですよね。

  • すみませんが、私は自転車に乗っていてよくベルを鳴らす側の人間です。
    今回のケースは自転車の専用レーンがあるところということでしたが、すべての道路が自転車専用レーンがあるわけではありません。
    たとえあったとしても車がよく通るところでしたら、子供を乗せていたら歩道の方を通ります。
    歩行者を追い越すことのできる幅があればベルを鳴らします。ベルを人に向けて鳴らしてはいけないということは知識としてはありますが、歩行よりスピードがあり、遠くから「すみません」と大きい声が出るかというと出ないのです。ですのでベルを鳴らすのです。
    できるだけ、よけていただいた方には「すみません」「ありがとうございます」と声をかけるようにしています。
    歩いているから優先ではなく、急いでいる人もいるから、鳴らされたら道を譲るという配慮も必要だと思います。
    どうぞ、娘さんには仕方なくよけるのではなく、思いやりをもって譲るという方向で話していただきたいと思います。

    • 後藤さんへ

      コメントいただきまして、ありがとうございます。

      ベルを鳴らすことが許可されている場合は、見通しのきかない交差点や道路の曲がり角など、見通しが悪い場所での通行時のみ許可されています。

      歩行よりスピードがあるからという理由では、鳴らしてはいけないことになっています。

      人にぶつかりそうだとか、危険を防止するためやむを得ないときなどは鳴らしてもいいのですが、それ以外の時は違法になりますので気をつけてくださいね。

      歩道でも自転車がすれ違える場合は通っても構わないと思うのですが、すれ違えないほどの歩道を自転車が優先であるかのようにチャリンチャリンと鳴らすのは、やはり問題であると思っています。

      急いでいるからという理由で通って、万が一人に自転車が当たってしまっては、後藤さん側に多大なる問題が発生してしまいますよ?

      1番の対策は、急がないで済むように何でも早めに家を出るようにすればいいのではないかと思います。

      時間も心もゆとりを持つことが、とっても大切ですよね。

      声を出す勇気が出ないのも十分にわかるのですが、出すこともマナーの1つであると思います。

      イレギュラーなこともありますから、人間同士どうやって譲りあう精神を持つかも大事だと感じます。

  • 交通指導員をしています。歩道は原則歩行者優先です。後藤さんのように車道の交通量が多く、危険を感じたり工事をしている場合など歩道を走る事出来ますが、いつでも止まれるように、歩行者に恐れを感じさせないような運転をお願いします。あくまでも自転車が通らせて貰ってる立場です。小学生までと70才以上の方は歩道はしれますがやはり人のペースに合わせて…と学校や高齢者の講話でお話しています。自転車のマナーまだまだ分かってない方多いですね。思いやりと心のゆとりがほしいものです。お子さんを乗せたお母さんの間違った乗り方を見るととても残念に思います

    • KEIさんへ

      交通指導員の方からコメントをいただくなんて、大変心強いです。

      車道も整備されていない場所が多く、自転車の通行も危険を感じることがいっぱいありますよね。

      やはり 車 < 自転車 < 歩行者 という式を常に意識していることって大切だと感じます。 車や自転車などの車両に乗ると、人が変わったようになる人も多いですよね。 どんなに立派な法律が出来ても、人と人とで成り立っている人間社会の中で、どう柔軟に対応していけばいいのか。 そして子供にどう言った正しい知識と対応方法を教えていったらいいのか。 いつも私も考えさせられながら、こういった社会の問題点は常に発信していきたいと考えています。

  • 初めまして。
    いつもお金や家のこと、楽しく勉強させてもらっています。

    自転車を趣味として乗っている者として、今回のような横暴な自転車の話を聞くと悲しい気持ちになります。
    歩道は歩行者の安全が最優先であり、歩行者に対してベルを鳴らすことは違反行為です。
    ですので桃音さんが自転車に対し遠慮する必要は全く無いと思います。

    自転車は歩行者を撥ねて死なせてしまう可能性だってある乗り物なのに、
    スマホをいじりながら走ったり、無灯火だったり、歩行者のつもりで歩道を走る人が多すぎますね。

    自転車のおじさんもこうした行為で自ら肩身を狭くしていることに気付いていないのですね。
    こんな無知で身勝手な人が少しでも減るよう、
    警察やマスコミも自転車のルールを周知してもらいたいものです。

  • 世間の死角
    2016年に於ける世間の死角を考えるとこの自転車問題を含め他にも多々有ります。
    極端に言うと防犯カメラの設置されてない道路は悪の目の付け所となります。何時の世にも悪は存在し、隙あらば侵入してきます。人間にも車と同じようなドライブレコーダーが必要かもですね!

  • 車道側の自動車通行量が多く、国や市など怠惰であるが故に自転車専用レーンが整備されていない状況下においては自転車も歩道を通ることは可能であり、ベルを鳴らされたら譲ったほうが良いと思いますよ。
    譲らないという判断に論理的に合理的な根拠がある場合は別でしょうが、感情に身を任せた恣意的な判断は文明社会に生きる一人の人間としてモラル意識の欠如が疑われます。
    譲らなかったが故に口論になり殴られたなどの事件も記事中に出しておられるように取り返しのつかない状況までもを想定した行動ではないのですよね?嫌な思いをする原因は自身にもあるということをしっかり自覚なさったほうが良いと思いますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    橘 桃音

    東京都在住小学校2人の娘を持つ母。機械メーカーで10年間勤務した後に独立。Webサイト運営、ブロガー、ライター。

    このブログは家計管理や貯金などお金との向き合い方、自分らしい生き方や働き方を見つけて人生をプラスに変えていける方法を誰にでもわかりやすくお届けしていきます。