カップヌードルミュージアムのチキンラーメンファクトリーは予約必須のワクワクラーメン製造体験!

横浜みなとみらい地区にある「カップヌードルミュージアム」をご存知でしょうか?

「カップヌードルミュージアム」は、インスタントラーメンにまつわるさまざまな展示や体験などが出来て、楽しみながら学べる体験型ミュージアムです。

2011年にオープン直後に1度行ってみたのですが、ものすごい行列で挫折した思い出があります。

今回子供が大きくなったこともあり、「チキンラーメンファクトリー」という手作りインスタントラーメン体験に早速行ってきました。

チキンラーメンファクトリーはこんな所です

fakutori_20150621

小学生からチキンラーメンファクトリーにて、チキンラーメンの手作り体験が出来ます。

所要時間は約1時間半です。

最初にラーメンの作り方についての映像で、どのように作るかの説明を受けます。

そのあとエプロンと三角巾をつけて、小人数のグループに分かれて作ります。

小麦粉からこねて製麺機で麺を作っていくのですが、これがとっても楽しいのです。

何度も何度も製麺機に入れてうすく伸ばして行く工程が、実におもしろい!

あんなにボソボソになっていた粉が、なめらかな麺に大変身です。

 

dekiagari_20150621

出来上がりの麺のごま油のおいしそうな臭いで、お腹がグーグー言いながら作っておりました。

 

2014-05-25 12.24.17

袋に自分で好きなイラストが描けます。
揚げたての麺を入れていただいて完成です。

この時に揚げたての麺を少し頂く事も出来ます。

小学生から参加(小学生:300円、中学生以上:500円)可能です。

休日はなかなか当日券は難しいですので、ネットで予約してから行きましょう。

カップヌードルパークで遊べたり、自分でカップヌードルを作れる

cupnudlepark_20150621

未就学児は、「カップヌードルパーク」というアトラクションの中で遊ぶことが出来ます。

 

aji_20150621
その他にも1食300円で、自分の好きな具を入れて作るマイカップヌードルファクトリーというものもあります。

自分でカップに好きな絵を書いて、好きな具を4つ選べるというものもありました。

我が家はみんなカレー味で統一です。
カレー味が大好き一家のようです。

私は単純にレジャー気分で行ってみたのですが、働いている私にとってこの記念館の内容は今後の自分に影響を与える事となりました。

チキンラーメン創業者安藤百福氏より、お金をもっと得るために大事な事を教わる

andoumomofuku

このチキンラーメンを作られた方は、安藤百福(あんどうももふく)という人物です。

宇宙で食べられるインスタントラーメンを作った方で有名ですよね。

戦後は食料がなく、無一文の極貧生活をしている時に、1杯のラーメンを求めて長蛇の列を作っているのを見て思ったそうです。

「みんなが並ばなくても食べられるラーメンを作りたい!」

その思いで現在のインスタントラーメンを作り上げたそうです。

身近にないなら自分で作るという発想力がすごいです。

1日の睡眠時間はわずか4時間です。

丸1年間、まったく休みなく研究を続けたといいますからすごい執念です。

ないものを作り上げると言うことは、非常に頭を使います。

脳みそを回転させたアイデアが必要なのです。

そのアイデアが思い浮かぶ場面ですが、普段の生活の中にあるもので、決して難しい事ではなかったのです。

「保存が利くような麺を作るためにどうしたらいいか?」

それは発想の逆転力で、カップを上から被せるというものでした。

このクリエイティブ・シンキング(創造的思考力)が大切なのです。

「みんなが求めているものを作りたい!世界中に広めたい!」

安藤百福さんは、自分のアイデア、今で言う特許・商標権を独り占めすることはありませんでした。

インスタントラーメン業界を大きく発展させるために、インスタントラーメンのトップを集めて、この業界を盛り上げていこう!とみんなに話を持ちかけたそうです。

この地道な努力と低い姿勢のコミュニケーション能力が、皆の共感や信頼を得ることが出来たのですね。

人からの信頼を得るって、とっても大事だと感じました。

カップヌードルミュージアムは、子供の想像力を育てるのに最適な施設だからおすすめ

ra-men_20150621

カップヌードルミュージアムは、楽しくラーメンの製造工程を学ぶために建てられたような施設です。

楽しく学ぶことって、子どもたちにとってとっても大切なことだと感じます。

その工夫が、全部の施設に取り入れられていると感じました。

子供の作って食べてみたいという発想力、想像力をつけるためにぜひ「チキンラーメンファクトリー」に予約して行かれてみてくださいね。

安藤百福さんのような、すばらしい発明家に育つかもしれませんよ?

カップヌードルミュージアムの詳細情報はこちら

  • 住所:横浜市中区新港2-3-4
  • TEL :045-345-0918
  • 開館時間 :10:00 〜 18:00 (入館は17:00まで)
  • 休館日:火曜日 (祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始
  • 入館料:大人 (大学生以上) :500円、高校生以下は無料、
    【チキンラーメンファクトリー】:小学生 300円、中学生以上500円
    【マイカップヌードルファクトリー】1食 300円
    【カップヌードルパーク】1回 [30分間] 300円
  • 電車:みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩8分
  • 車:首都高速神奈川1号横羽線「みなとみらいIC」より5分
  • 公式HP: http://www.cupnoodles-museum.jp/index.html

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産のことが大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。