小学校のPTA役員はママ友同士のトラブルが多発。パパが参加することで変わると思ったこと

PTA役員決めは、ママ同士の罰ゲーム。

小学校に子供が進学するときに、PTAの役員決めはママ同士を苦しめる恐ろしい罰ゲームであるというウワサが飛びかいます。

まるで親を苦しめる罰ゲームであるかのごとく、最初の親同士の保護者会は手に汗握る恐ろしい儀式であるかのようです。

私も長女が小2の時に、PTA役員の代表委員を1年間なんとか務めました。

PTA役員決めの時は、どちらかというと争奪戦に近い形でバトルが繰り広げられました。

小学校PTA役員決めはママ同士の壮絶な戦い!?自ら代表役員に立候補してわかった役員になるコツとは

1年経ってから次のPTA役員決めの時期がきたときに、私がどうしても仕事で用事があって出席ができなくなってしまったのです。

仕方なしでしたが、1度もPTA役員会議に代理出席もしたことがない夫に、私の代わりに役員決めに出てもらった時のことでした。

とんどもないママ友同士のバトルが、そこでは繰り広げられてしまったのです。

PTA役員決めの前に、すでにママ友同士の作戦会議があった

夫はわけがわからないPTA役員決めのやり方や進め方を、PTAの幹部の人に聞いて何とかメモを取りながらマスターしたそうです。

いざ保護者会のメインイベントであるPTAの役員決めの時になって、教室の黒板の前に立って司会進行をすることになりました。

「それでは代表委員2名、学級委員3名を決めたいと思います。立候補したい方はいらっしゃいますか?」

夫が言ったところ、なんと隣同士で座っている3組のママ友同士が一斉に手を挙げたのです。

まるで事前に打ち合わせでもしていたかのように、キレイに隣通しの6人がパッと挙手をしたそうです。

まさにママ友同士の派閥の世界!

おそらく直接話したりLINEでやり取りをして、一緒にやろうよと事前に話し合っていたに違いありません。

同じクラスではなくても、幼稚園や保育園や近所のママ同士で一緒にやろう決めているパターンが多いのです。

ここで女性同士の、イヤ〜な空気が教室内に流れていったのです。

イヤな雰囲気の中で、夫がいきなり女性同士をまとめはじめた!

女性同士、決して誰も何も意見を言おうとしません。

だからと言って、誰もこうしようという意見を周りから言おうともしませんから、まったく役員決めがまとまりません。

ママ友同士、誰にも嫌われたくないという心理が働くからでしょうか?

しかし、教室内で唯一男性である夫が、ここでリーダーシップを発揮しはじめました。

「このままでは何も決まりませんから、ジャンケンしてください。」

女性達がここで夫の決め方に反発をするどころか、やり方を決めてくれたことに安堵したような顔色をしたそうです。

2人1組になっている仲なんておかいましに、公平なジャッジであるジャンケン大会が繰り広げられました。

結局ジャンケンの結果によって、仲のよいママ友同士は引き裂かれて、全然顔の知らない人同士で代表委員2人が決まり、学級委員も同じような結果になったのです。

色々文句を言う方もいたそうですが、夫は「公平に決めましたので文句はなしです。」とキッパリと言い切ったそうです。

会社でイヤな会議を何度も乗り越えてきているサラリーマン、こういう時は本領を発揮してとっても強いです。

夫がここでママ同士の陰湿なトラブルにたじろくことなく、まとめたおかげで何とか事なきを得た感じで決まったのでした。

1期終わったものの、PTA活動を2期連続でなってみた

PTAの役員は、どこの小学校もほとんど同じだと思いますが、6年間で1度はやるような決まりになっています。

夫が長女のクラスのPTA役員を決めたことで、長女のクラスでのPTA活動は我が家では終了いたしました。

しかし我が家には小1の次女がいますので、今回私は2期連続でPTA役員に立候補して役員になることにしました。

低学年のうちに早めにやることがコツと前回教わったことで、なったはいいのですが、今回代表委員ではなく学級委員に。

理由としては代表委員よりラクそうかな?という気持ちでなったのです。

でも実は、学級委員の活動はとんでもなく大変なことになってしまったのです。

学級委員会は、PTA役員本部が不在のために女性だけのカオス状態

私は学級委員になって、正直ビックリしてしまいました。

代表委員と違って学級委員は、なんと男性の会長や副会長、副校長などが出席しているPTA役員本部の人が不在なのです。

幹部の人がいないために、司会進行役の人も学級委員の中の女性のため、PTA幹部の人に渡された紙を読み上げるだけです。

「それぞれの学年で、やりたいレクレーションなどの行事を決めてください。」

たったこれだけ言っただけで、後は各学年のママさんたちに委ねます。

これがもう、ぜんぜん決まらない!

むしろ、兄弟がいてやったことがあるママさんがいなかったら、まったく何をしたらいいのかチンプンカンプンの状態です。

本の読み聞かせやるとか、近くの工場見学やけん玉大会とか、そういった行事は経験者のママさんから聞かないと全然わからない状態でした。

でもやたらと「私は知っているのよ!」と仕切りたがっているママもいて、それもそれで違うストレスに・・。

私もこんなにイヤそうにやっているなら、ホンネとして「ムダな行事だと思ったら無理矢理やらなければいいのに。」と、言いたいのをずっと我慢していました。

最終的に女性同士って、全然結論が出なくて平行線で話しが続きますから、永遠と会議が終わりません。

15時からはじまっても終わるのが17時すぎになってしまい、慌てて終わらせようというグループがほとんどでした。

「もうLINEで話そう。」

私はLINEなんて夫と連絡手段でしか使っていませんから、ママ友同士のLINEに対して不安な気持ちでいっぱいになっていました。

やっぱりその不安が、見事に的中してしまったのです。

平日の日中でもLINEのやり取りが終わらなくて、ノイローゼ気味に

「工場見学ってどうする?」

「読み聞かせって、私達が本を読むのかしら?」

「私、明日の学級委員会出られないわ。」

「え、どうしたの?お子さん、まさか熱?」

「うん、風邪引いちゃってね。そっちは大丈夫?」

「いま、流行っているよねぇ。たしか隣のクラスでもさ。」

「そうそう、それで私もうつっちゃってさ。」

「旦那さんに子供みてもらえばいいのに。」

「でも○○ちゃんて、全然病気にならないよね。」

「そういえば、○○ちゃんのママの旦那さんって、かっこいいわよね。」

 

m_line_kaiwa_20160521

永遠にLINEの会話が終わりません!

一体、何を話していたんだっけ・・?

PTAの学年別の学級委員のLINEグループに8人登録しているのですが、PTAの活動の内容とは別の会話が永遠と続いていくのです。

しかも平日の日中も、ずっと私のスマホがピコピコ光るので、私はもうかなりノイローゼ気味に・・。

みんな、仕事ってどうしているのさ?

1日のやりとりが100件以上は続いている感じで、私は会話の内容を見るのもイヤになってしまいました。

特定の人達でずっと会話をしているようですが、はっきり言って迷惑極まりないぐらいの行為です。

これが「LINE依存症」ってやつですか?

LINEで決めたって何も公式文書でもないですし、こんな閉鎖的な会議が許されてしまうのでしょうか?

こんな感じでママ友同士のPTAの活動は、LINEというとっても小さい閉鎖空間の中で行われているという実態も、PTAの中には実はあったりするのです。

代表委員との違いは、やはり男性が参加しているかいないかだ

去年の男性が主体となって進行していた代表委員の時は、こんなことは一切あり得ませんでした。

やはりサラリーマンをしながらでもPTA活動をしている人達が、司会進行をピシっとしてくれて、とっても手順よく会議も活動もすることができたからです。

小学校PTA役員奮闘記。本部の方の職業を聞いてびっくり!子育て中の働くパパが実は1番頑張っていた

ムダな時間を作ることなく、ママ同士で決められないことをズバッと決めてくれたからこそ、代表委員の時はストレスなく続けることができました。

これがママ友同士だと、意見を言い合うと嫌われることを恐れてか、まったく決まらない会議になってしまうのです。

1度嫌われたら、違うLINEグループを作ってどんな悪口を言われるかわかったものではありません。

男性がいないだけで、こんなにも決まらないものなのか・・。

これが私が2年目のPTA活動で感じているイヤなストレスではないかと、今になって感じているのです。

パパはもっとPTA活動に参加しよう。ママに大歓迎されるよ!

m_chichisanka_20160521

PTA活動にもさまざまな形がありますし、私の所のような活動ではないところもたくさんあります。

もちろん男性の会長や副会長とウマが合わなかったり、優柔不断だったりしてストレスだらけというところもあるかと思います。

女性同士でもどなたかがリーダーシップを発揮してくれて、うまく活動が回っているところもいっぱいあると思います。

でもほとんどのママはママ同士に仲間はずれにされるのを怖がってしまい、ズバッと結論を言い出せない雰囲気を出してしまうのです。

一般的に、女性は横のつながり同士をとっても大事にするいきものです。

上から目線でモノをいう人は、途端に嫌われる対象に成り果ててしまいますし、ボスママのような威張る存在がいたら、嫌われたら目も当てられません。

こんなことが横行しているからこそ、PTA活動がめんどくさくてイヤなイメージになっている原因の1つになっているのではないでしょうか?

この女性同士の束を束ねて、PTAのブラックで陰湿な体質を変えていけるのはやっぱりパパだと思っています。

パパのちからは、とっても偉大です。

やらなきゃ、やらされている感が強いPTAは、どうも積極性に欠けていることがありますが、きっとパパの参加率が上がれば違う風が拭いて来るに違いありません。

PTAってやっぱりママがやるという風潮が、昔からずっと変わっていません。

そこにパパがPTAに入って、昔ながらの体質を改革していってください。

なかなか仕事がいそがしくて参加がむずかしいかもしれませんが、今は多くのママも働いている時代です。

パパも参加することでママの悩みがわかり、子供の様子がわかるチャンスでもあります。

PTAってイヤなイメージもありますが、参加することで何か改善点が発見できるかもしれません。

ママ友同士のストレスやトラブルをなくすためにも、パパの参加を私は希望します。

ママの代理でも構いません。
1度だけの参加でも構いません。

PTA活動に、パパは積極的に参加しましょう!

パパのPTA参加が、PTAの世界を変えていけるパワーとなるのです。

1 個のコメント

  • その通り!!と何回も思いながら読ませていただきました。
    私も全くこの記事のような話し合い、帰宅してからのLINE地獄を経験しました。
    なぜ多数決でもとって決められないのか、なぜ横道にそれるのか、、、結局はPTAされてるママさんの中に、このやりとりがしたいが為にやってる方がいるんだろうと思います。だからこそ仲良しさんと立候補していたり。
    私のところはそうでした。仲良しさん達が徒党を組んで?だらだら会議を開催するので、少数派は付き合うしかなかく…私も仕事があるので発狂しそうでした。

    パパの参加、素晴らしいと思います。
    周囲でも、保護者会へのパパ参加は徐々に増えています。
    働いている方が増えているなか、女性だけでも内容のある会議ができればベストではありますが…
    私もパパ達が活躍してくれることを願っています(^-^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    橘 桃音

    東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産を日々研究しているフリーライター。

    このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。