PTA役員2年連続任務満了。仕事を休めない働くママが両立しながら世渡り上手になって乗り切る方法

春がもうすぐやってくる3月1日ー。

PTA役員を2年連続で行い、ようやく任務満了いたしました。

今は正直な話、「やっと終わった〜!」という、ホッとした気持ちしか残っていません。

我が家は長女が早生まれの年子ですので、長女が小2の時、次女が小1の時と、2年連続してPTA役員をやり抜いちゃいました。

小学校PTA役員決めはママ同士の壮絶な戦い!?自ら代表役員に立候補してわかった役員になるコツとは

えぇ、早く終わらせたかったんです・・。
もう、もう、怒涛の2年間でした(泣)

今は働くママが増えているからこそ、PTA役員と仕事をどう両立したらいいかわからない!という方も多いのではないでしょうか?

本当は任意加入なのに、見えない強制力があって、どうしても避けては通れないのがPTA役員・・。働くママにとって、切実な悩みに違いありません。

同じく働くママである私が、PTA役員に関する疑問点や仕事の乗り越え方をお教えしたいと思います。

PTA役員って、いつぐらいにやった方がよい?

PTA役員は、子供が在学中の6年間で必ず1回はやらなければならないと決まりがある学校が多いです。

我が子の小学校もそんな決まりがあり、PTA本部役員になれば、兄弟がいてもたった1回やればいいという決まりまであります。

働くママにとって、このPTA役員が平日の昼間にあることで働き続けることが困難になってしまう「小1の壁」にぶつかってしまう方が多いです。

私も「小1の壁」のハードルを何とか減らすために、長女の時は立候補しませんでした。

小1の壁に悩む働くママ必見!保育園との文化の違いに戸惑わないために知っておいたほうがいいこと

よくPTA役員は高学年になると、卒業式や謝恩会までやる必要があるから、低学年のうちにやっておいた方がいいという声をメディアなどでも聞きます。

私は小2の時は、PTA役員経験のある3人の子持ちママさんがリーダーになってくれて、すごいやりやすかったです。今でも感謝しつくせないぐらい。

全然知らないママさんとも仲良くなれて、とっても楽しかったです。

しかし、小1の時は保育園や幼稚園のママさんグループで入学してきますので、保育園や幼稚園のママさんグループで固まってしまいました。

以前とまったく交流の幅が広がらず、すでに保育園や幼稚園時代からの派閥ができていることで、すごいやりづらかったです。

小1で初めてPTA役員をやる人は、学校にも慣れていないので、もっと大変な思いをしたことでしょう。

ある程度学校に慣れてから中高学年でやった方が、意外とスムーズに行くこともあります。また学年が変わっても、まったく差がない所もある事でしょう。

学校によってそれぞれ役員選抜方法や運営方法が違うと思いますので、同じ学校に通っている身近なママさんにぜひ聞いてみることが1番です。

色んな委員会がある中で、働くママに最適な役割もある

PTA役員と言っても、実は色んな委員会に分かれています。

会計委員会、広報委員会、行事担当委員会、ベルマーク委員会、緑化委員会、役員選出委員会などがあって、私の場合は希望の委員会に立候補することができました。

最初はどれがラクな仕事なのか、みんな詮索し合いますよね。私も自分にとって1番ラクな仕事はどれか、すっごい悩みましたもん・・。

結局行事担当委員会という1番大変な中に入ってしまったのです。でも、自分自身が得意だと思えることを積極的にやるようにしました。

例えばお祭り用の賞品を選ぶ時に、パソコンを学校に持っていき、ネットで安い問屋さんを見つけて発注したり、エクセルで金額を集計したりしていました。

他にも「パソコンなんて、使えないわ!」という方が多かったので、PTA便りという季刊誌を、得意のWord(ワード)で作ってしまったり。

写真の現像なども、ネットプリントの方が安いわよ〜!って提案して、お店に現像に行く手間と写真代を少しでも減らしました。さすが、節約好き主婦です(笑)

仕事でパソコン作業が多い人は、持っているスキルをきっと活かせる役割があります。

自分が得意でできることは積極的にやるようにすると、その中で信頼がどんどんたまっていきます。

万が一仕事で行けなくなった場合でも、周りの人の信頼を得ていればフォローしてもらいやすくなります。

自分でできることは、ぜひ積極的にやっていた方がいいでしょう。

PTA役員をやっていて感じたデメリットとは?

私が2年間PTA役員をやってきて1番大変だなと思ったことは、ママさんたちとの役割と時間調整です。

原稿を学校の印刷機で刷らないといけなかった時は、早朝に来て先生に確認して印刷をしたり、仕事時間に間に合わせるために、スピーディにやる必要があったり。

子供が病気で行けなかったり、どうしてもはずせない仕事があった時に、他のママさんにお願いするために、何度もLINEを通して謝ったり・・。

ゆっくりしたい夜の時間にPTA便りを作っている時は、「残業時間かよ!!」と吠えたくなる時も度々ありました(泣)

保育園の役員の時と違って、みんなが働いているわけではないので、平日なのか土日がいいのか、委員会全員の時間調整をするのが、1番しんどかったです。

下の子がまだ保育園児だったこともあり、PTA役員だったことで小学校優先で保育園の行事には参加できなかったり。

フルタイム勤務の方は、延長保育をバリバリ利用している方もいました。

ママという独特の横並びを尊重する風土の中で、どうしてもやらなければならないPTA役員・・。

うまく人間関係を壊さずにやること、何とかして時間を作って活動しなければならないことがもっともしんどかったです。

デメリットも多かったけれど、メリットもあったPTA役員

デメリットもたくさんありましたが、メリットもありました。

普段なかなか行けない学校に行って、子供達がどのような活動をしているのか、間近で体験をすることができたことです。

「これから楽しい絵本を読みまーす!」

子供達を教室の真ん中に集めて座らせて、絵本を読んだ時は「うぁ〜!」って目をキラキラと輝かせてジーッと聞いていたり。

体育館で思いっきり親子でレクレーションしたり。最後の記念品作りをした時は、色んな飾りを我が子と一緒に体験したり。

小学校って保育園と違って、1人で登校するからこそ、親が学校に行く機会ってなかなか取れないです。

PTA役員をやっていたことで、子供の成長も見られたし、何より先生や副校長、校長先生と間近で真剣に話せたことは、とってもメリットが大きかったです。

同目線のママ達はあまりメリットはなかったですが・・、やっぱり先輩ママとお知り合いになれたことは非常に心強かったです。

「働いているからできないわって、絶対言っちゃダメよ?」とか、「このママさんは近所でもボスママだから、何でも教えて下さいという姿勢が大事よ。」とか・・。

「この先生はすっごい細かいから、きちんと見た方がいいわよ。」とか、「もうすぐ設立○周年だから、その年には役員はやらない方がいいわよ」とか。

学校の貴重な情報やPTA役員を乗り切るコツを聞けたことは、メリットがありました。

やっぱりネットの情報は、一般的な情報でネガティブなことがとっても多いです。

だからこそ、同じ学校の同じPTA内での情報がもっとも信頼度が高く、これはPTA役員をしていなかったら、決して聞けなかった情報です。

PTA活動だけではなく、どんなことにも共通して言えることですが、世の中に溢れ返っている情報よりも、身近な人のリアルな情報をよく聞くことが世渡り上手になれるコツです。

PTA役員はデメリットもいっぱいありますが、メリットも実はたくさんあったなぁ・・と、2年間を振り返ってしみじみと思ったのでした。

PTA役員はもう時代遅れだと思う。代替策でぜひ継続を

2年間、あっという間と言えないほど、かなりしんどい思いしか残っていない私としては、PTA役員をやっていてよかった〜なんて、決して言えないです(汗)

全部一人で乗り切れたわけではなく、3回ぐらい夫に行ってもらったし、実家の母に来てもらって放課後の子供の事を頼んだりして、何とか終えることができました。

もう正直な話、ぶっちゃけですよ?

PTA役員なんて時代遅れ。もう廃止すべきだと思う!!

やりたい人なんて、いないでしょ?ねぇ、いないでしょー?

もしいたら、ぜひ教えて欲しい!

子供はかわいいです。よき環境、よき先生や仲間がいる学校に通わせたい思う親心は同じ・・。だからこそ、働いて学費を稼ぐ必要があります。

でも、PTA役員をやっても1円ももらえません。

天使の心がないと、とてもじゃないけれど1年間しんどすぎてやってられません。

むしろ延長保育園代やボランティア的なお金や時間がかかり、ヘトヘトで疲れている体にムチ打ってやる必要があります。

実際にやっていて「これ、PTAでやらなくてもいいんじゃない?」というものも、いっぱいありました。

PTA役員は任意加入だなんて言われたところで、ママや先生に嫌われることを嫌がり、自分はよくても、子供がいじめられることをもっとも恐れています。

みんながイヤだと思う暗黙の強制方式で加入を決めるぐらいだったら、もう時代遅れの制度なんて辞めちゃいましょうよ?

ただ2年前は会長になって変えてやる!と意気込んでいた私が、何もできなかったことが心残りでなりません。

PTA会長に何度も「ここ、おかしくないですか?」って提案したのですが、一切取り扱ってくれませんでした。

PTA変える宣言をしたことがお恥ずかしいぐらい、何も変えられませんでした(泣)

変えたくても、変えられない。

承認ルートがモヤモヤでまったく見えないからこそ、しっかりと意見を聞いてもらえる道筋を作って欲しいです。これじゃあ、ブラック企業よりヒドイですよ・・。

まぁ、でも、イヤイヤ引き受けるより、開き直ってぶっちゃけ楽しんじゃった方が、後々スッキリと学校生活を送ることができます。

相手が変わらないなら、自分が変わる。

変わる保証のない制度で変えられなすぎて、イライラしてストレスを感じるぐらいだったら、先に自分をコントロールして変わっちゃいましょう。

私、来年のPTA役員決めの保護者会の司会、買って出ましたよ〜!ぶっちゃけ、やる気満々です!

「橘さん、さすが〜!司会、お願いしますね!」

は、はい!!

最初はやる気なくて結構反感を買っていましたが・・、最後の方は開き直ってメッチャやる気出して参加して、無事に役員任期を終えることができました(笑)

終わりよければ、すべてよし!

こんな私のぶっちゃけ体験談が、これからPTA役員になられる方の参考に少しでもなれば幸いです。

新サイト「ミライクライズ」のご紹介


人生の中で幸せになれる働き方やお金の事がわかるサイト「ミライクライズ」を新しく立ち上げました。

まだ立ち上げたばかりの出来たてホヤホヤのサイトですが、ご興味のある方はぜひお暇な時にでもぜひお越し下さい。

https://miraikurise.com/

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住小学校2人の娘を持つ母。機械メーカーで10年間勤務した後に独立。Webサイト運営、ブロガー、多摩地域・PRライター。

このブログでは私が生きている中で経験してきたことや日々の暮らしに役立つ情報を誰にでもわかりやすくお届けしていく予定です。