フリー写真素材サイト「PAKUTASO(ぱくたそ)」のイベント「ぱくふぇす」に行ってわかった、素材とブロガーの共通点

何気なく毎日インターネットを見ていると、ふとあることに気がつかないでしょうか?

「この人たち、よく広告で見る顔だわ。」

色んなサイトを見ても、同じ人があらゆる表情でネット上を華やかに演出していることに気がつくはずです。

世の中には色んな仕事がありますが、自分自身を「フリー素材」として売り物にしている仕事があるのをご存知でしょうか?

ネット上で無料で人物写真などを配布している「PAKUTASO(ぱくたそ)」というサイトが、まさに日本を代表するフリー素材サイトです。

サイトを開けば、驚くほどの写真素材の豊富さとクオリティの高さにびっくりしてしまうはずです。

今回ぱくたそ開設5周年記念として「ぱくふぇす」というイベントが開催されることを知り、速攻申し込みをしてイベントに行って参りました。

日頃からフリー素材の方々に大変お世話になっている方達に会える、とっても貴重な機会が到来です!

早速行ってきた「ぱくふぇす」のイベントの概要を、お届けしちゃいますよ!

「ぱくふぇす」には、超有名な登壇者と人気フリー素材が大集結!

m_pakufesu_2016-05-29 16.19.32

今回のぱくたその5周年記念イベント「ぱくふぇす」は、トークイベントと交流会という形で開催されました。

登壇者としては、以下の6名です。

  • ぱくたそ運営管理人兼カメラマンのすしぱくさん
  • ぱくたそテクニカル・ディレクターのYuuさん
  • フリー素材モデル兼広報担当の大川竜弥さん
  • 株式会社ウェブライダー代表の松尾茂起さん
  • 大人気ブログ「gori.me」運営者のg.O.R.i(ゴリ)さん
  • ノオト所属記者・編集者の朽木誠一郎さん

いづれの方達も、ネット関係者界隈では超有名人ばかりですので、特に解説いらず・・。

 

m_2016-05-29 14.42.51

こちらはフリー素材の中ではダントツで大人気の河村友歌さんこと、ゆかちぃです。

どんな表情でも服装でも、とにかく笑顔がメチャクチャにかわいい!

 

m_2016-05-29 15.24.13

ゆかちぃが受付に立って、イベント限定のオシャレな「フリー素材Tシャツ」を、笑顔で対応しながら販売しておりました。

 

m_2016-05-29 17.33.22

そして表情筋の柔軟性では、この方の右に出る方はいないのではないかと思えるほど多彩であるOZPA(オツパ)さん。

いつもネットで静的な画像しか見ていない私としては、素材が目の前で動いていることにメチャクチャ感動してしまいました。

メディア・ブログ運営では、お二人の1日の過ごし方に興味津々!

m_2016-05-29 14.04.33

最初のセッションでは、ゴリさんと朽木さんのお二人による「メディア・ブログ論」によるトークセッションです。

ゴリさんはフリーランス、朽木さんはサラリーマンという違いはあるものの、お二人とも「書く」ことを仕事にしている共通点があります。

 

m_2016-05-29 17.01.01

お二人の1日の過ごし方を拝見したのですが、「えぇ!反対じゃない?」と思うぐらい、職業とは関係ないタイムスケジュールに思わずびっくり。

私もゴリさんと同じくフリーランスですので、1日の過ごし方や仕事に対する考え方に共通事項がたくさんありました。

「あぁ、私ももっと頑張らなくちゃ」など思いつつ、とっても親近感を覚えてしまいました。

とにかく更新頻度がハンパないぐらいブログに情熱を持っていて、この熱量が人気ブログを運営しているエネルギーになっているのだと感じました。

 

m_2016-05-29 15.19.18

「自分が作ったものを世の中に残したい。」

朽木さんがライターになった熱い思いを聞き、ネットと紙媒体の今後の行く末などが聞けて紙媒体の大切さも聞き、心がジーンと熱くなってしまいました。

 

m_DB88_danbelman15172352_TP_V

意識の低いダイエット素材としても、朽木さんは大活躍されていますよね。

「今後はムキムキ筋肉素材を目指します。」

いや、知的なのにユーモアたっぷりの朽木さん。

朽木さんのムキムキ筋肉素材が出てくることを、私は心よりお待ちしております。

広報・マーケティングの話でわかった、チャレンジする大切さ

m_2016-05-29 14.45.25

広報とマーケティングのセッションでは、大川さんと松尾さんとのトークセッションです。

 

m_ookawapin_546020140927112809_TP_V

この顔をインターネット上で見たことない人って、一体どれぐらいいるでしょうか?

自称・日本一インターネットで顔写真が使われているフリー素材モデルとうたわれていますが、他称でもその通りだと感じています。

 

m_2016-05-29 17.02.57

最近では、メンズアスリートモデル11位(18名中)となり、その筋肉美を披露していただきました。

実際に触ってみたら、めちゃくちゃ硬かった!

隣の水玉Tシャツを着たタムカイ先生、十分過ぎるぐらいすごい落書きパワーをお持ちなんですよ。

広報に求められるスキルは、発信力、記録力、行動力、継続力。

大川さんは、このスキルを少しずつ身につけてきたことで、色んな会社から仕事を獲得することができたそうです。

大川さん、サラリーマン素材が多いことでインテリチックなイメージがあるかと思いますが、いやぁ、すごくいい意味でステキ過ぎる変人でした(笑)

 

m_2016-05-29 15.24.22

松尾さんは、「ナースが教える仕事術」というサイトを運営しています。

健康に関する記事を書いており、たったの64記事で160万PVという驚異的なサイトを運営されています。

 

m_WEB86_bonpower20150207120628_TP_V

大人気Webコンテンツの沈黙のWebマーケティングを、ぱくたそとコラボレーションされたきっかけが、なんとツイッターだと聞いてびっくり!

私が日常くだらないことに使っているSNSツールが、ステキなおしごとが生まれるツールとなるのですね。

 

m_2016-05-29 15.04.14

そのサイトをどのように運営されているのか、テクニック的なことに興味津々だったとともに、「マンドリル松尾」という変わった一面も・・。

お二人の苦労話やたゆまぬチャレンジ精神力に感銘を受けつつも、おちゃめなマーケティング手法には腹を抱えて楽しませていただきました。

5年目の経緯や登壇者全員のトークイベントはオフレコだらけ

m_2016-05-29 16.04.39

このあとに、ぱくたそ5年目と今後のことや、登壇者6人全員のトークセッションと質問コーナーが設けられました。

ぱくたその運営を続けていく上での苦労話など、色々聞くことができたのですが、ほとんどオフレコ(公開NG)が多くて詳細は書けず・・。

全部がタメになること過ぎて、お伝えできないことが残念なぐらいです。

ぱくたそでこれから新しく作られていく企画やぱくたそとどのようにコラボすることになったのか、その経緯が聞けてとても興味深かったです。

 

m_OZPAyatta

ぱくたそでは、フリー素材にタイトルづけをすることをとてもよく練られて考えられているそうです。

たとえば、このフリー素材にタイトルをつけるとしたら、あなたはなんてつけますか?

ツイッター上に、謎の文字が並んで疑問に思われた方!

実はこの時に「タイトルをつけてツイッター上に流せよ」というお題が与えられていたのです。

最後に運営者であるすしぱくさんに選んでいただき、「「ヤングマン」のサビで恥をかく男性」というタイトルに決まりました。

ぱくたそ上に公開されるまでには、色んな企画が練られていたのですね。

このような目を引くタイトルをつけることで、素材がさらに際立つような工夫をされていることが、とってもよくわかりました。

 

m_2016-05-29 17.24.43

特にぱくたそで人気のフリー素材と言えば、とてもおキレイな女性モデルさん達ですよね。

日本語がペラペラでとっても上手な美人素材MERYさんから、アイドル素材ゆかちぃまで、女性素材は実にいっぱい!

その中でも広告規約がむずかしいグラドルの方を、どのようにフリー素材として使ったらいいかで、色んな企画が練られたそうです。

 

m_SAYA160312500I9A3721_TP_V

食い込みすぎやないか〜!

というぐらい、女性でもドキドキしてしまうようなフリー素材もありますが(笑)、グラドルという色を薄くするような企画を考えたりといった、貴重な裏話も聞けました。

あ、この気になっていた素材、私のサイトで使う記事がなくて、やっとここで使えたことがうれしい!

あぁ、ほんと面白すぎる話がたくさんあったのですが、これはイベントにいた方達だけのお楽しみとさせていただきますね。

フリー素材とブロガーとの共通点、それは継続していく大切さ

m_2016-05-29 17.33.27

今回特にセッションの中で、とても印象的だったのが「継続性」についてです。

ぱくたそも少ないPV数からめげずに、なぜ5年もの長い年月を続けてこられたのでしょうか?

大川さん「いい意味で深く考え過ぎず、でも手は抜かないから」

Yuuさん「普段やっていることと違うことをしていることが楽しいから」

仕事をしていく上で、とっても当たり前でシンプルな考えなのですが、どれだけの人が実行できているでしょうか?

「ただ楽しいから、続けている。」

「やりたいと思うことが、強いモチベーションになって続いている。」

フリー素材も、血が通った「人間」です。

素材も歳を取る事で、素材の使われ方も変わっていきます。

旬や流行りが終われば、もう「お前はいらない」って、人気が落ちたら切られてしまうかもしれません。

でも大川さんは、未来の自分にはいたってポジティブです。

 

m_ZOM83_nanikaomouzombie20140503_TP_V

「遺影までフリー素材にする。」

死ぬまでフリー素材を続けていきたいそうです。

おじさん、おじいちゃん素材、葬式用の素材(?)までずっと活用されたいという、とっても熱いビジョンを持っていました。

実はブロガーにも同じことが言えて、ブログを1年でさえも続けている人がとっても少ないのが現実です。

続けられる原動力がないと、やはり続けることってとってもむずかしいです。

今流行っている技術やブログが、3ヶ月後や3年後にはどうなっているかなんて誰にもわかりません。

でもやりたいことをやっているから、苦でもない。

ただ無心にやりたいから、やっているだけ。

フリー素材にもブロガーにも「継続」することの難しさや楽しさが共に大きな課題として持っていることが、熱いトークを聞いてわかったことでした。

ぱくたその中の人達はとても温かくて情熱を持つ人達だらけだった

m_2016-05-30 12.00.13

最後の交流会では、たくさんのぱくたそを愛する参加者と色んなお話をすることができました。

交流会では飲み物の他に、大川さんがダイエット時代に食べていたミックスナッツと干しいもとするめシートをいただき、お土産にもいただいてきちゃいました。

かわいいぱくたそオリジナルステッカーもいただいて、至れり尽くせりのとっても楽しいイベントでした。

ぱくたそのフリー素材の方達って、ただ写ってきらびやかな世界にいるだけでありません。

サイトのビジョンをきちんと持ち、それぞれにしか持っていない個性、そして人とのつながりをとても大切にされてきたからこそ、5年も継続してこられたのです。

 

2016-05-29 17.24.36

ぱくたその中の人たちは、とっても面白くて温かい人達が多く、現在と未来にとっても情熱を持ったステキな方達ばかりでした。

今後も1人のブロガーとして、ぱくたその愛あふれるフリー素材を末永く使わせていただきたいです。

そしてもしできれば、30〜40代の主婦素材をもう少し増やしていただけますと、とてもありがたいです(笑)

あ、「私もフリー素材になりたい!」「ゆかちぃや大川さんみたいになりたい!」と思われた方!

ぱくたそでは、フリー素材モデルを随時募集しています。

ぱくたそ フリー素材モデルの応募はこちらから

とっても温かくて情熱的なビジョンを持っている方達とともに、あなたもお仕事されてみてはいかがでしょうか?

これからも更なる発展を願って、ぱくたそのステキなフリー素材をどんどん使って応援していきましょう!

最後に、ぱくたその運営者であるすしぱくさん、ステキなイベント開催ありがとうございました。

ぱくふぇすのイベントの様子は、こちらからでも見られますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産のことが大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。