レーシック手術を受けてから2年が経過。かかった費用と後遺症や視力低下は起きたのか?

「分厚いメガネ生活から開放されて、裸眼でくっきりと見てみたい!」

夫が「新宿近視クリニック」で受けたレーシック手術の快適さを見て、私もやってみたい!と思ったのがちょうど2年前です。

デメリットを見て不安になったり、費用の面で色々と悩んだ結果、無料のカウンセリングと適性検査に行ってこようと決意を固めました。

夫のレーシック手術体験談を聞いて不安で怖いけれど私もやりたい!デメリットを考えながら出した結論

カウンセリングで自分の悩みをきちんと聞いていただいて、適性検査でも問題ないという回答を聞いて、レーシック手術を決意して当日になんと施術!

私自身がレーシックの手術をしてからすでに2年が経過しましたが、費用や術後の経過などが気になる方も多いことでしょう。

レーシックの手術って一体どんな感じで、どれぐらいの費用がかかるのでしょうか?

術後2年が経過した後の視力はどれぐらいになっていたのか、実際に視力検査をして調べてみることにしました。

私が実際に受けたレーシック手術は、実は最新型ではない

m_2016-05-04 14.46.24

「新宿近視クリニック」では、レーシック手術を受ける前に視力検査があるのですが、近視の状態って以下の3種類に分類されます。

  • 弱度近視(S -3.0~)
  • 中程度近視( -6.0 ~ -3.0)
  • 強度近視( ~-6.0)

私は左目が「 S -5.50」、右目が「S -5.00」という測定結果でしたので、両目とも中程度近視でしたので、レーシック手術を何とか受けることができるとわかりました。

レーシックは強度近視(S-6.00以上)の場合は、残念ながら適応出来ない場合もあります。

夫は強度近視(S -7.50)だったためレーシックの適応ができ ず、「LASEK(ラゼック)」というかなり痛みが強い手術しか選択肢がありませんでした。

この辺りは目の状態によって個人でかなり差がありますので、できるかどうかはまずは検査してみないとわかりません。

夫が受けた時は、最新の近視矯正手術「ReLEx Smile(リレックススマイル)」という手術方法がいいと思っていましたが、実はデメリットもあったのです。

なんと視力が出なかったり変化した場合に、再手術ができないということがわかったのです。

角膜を切る傷口が少なくて負担がないことはメリットですが、施術費用も高いですし、術後に何かあったらもっと不安です。

そこで私は最新型ではなく、「iFSイントラレーシックオプティマイズ」という手術をすることにしました。

「今日何としても手術をしたいです。よろしくお願いいたします。」

怖くなって気が変わってしまう前に、もうその場で手術を受けてしまえ!と勢いだけで受けることに(汗)

この手術内容でも機械の精度は抜群だし、再手術の無料保証がついていたことで、安心して手術をお任せすることにしたのです。

レーシック手術は目の瞳孔が開いたら、あっという間に終わる!

m_2016-05-04 14.44.17

レーシックのために正しい視力検査を行うためには、瞳孔を開く必要があります。

注意事項として、検査および手術前にはコンタクトレンズは1週間程度は使用出来ませんので、注意してください。

私は近くのマクドナルドに入って待機して、マックシェイクを飲みながらドキドキしながら待っておりました。

だんだんかすんでボヤけて見えなくなってきて、時間が経ったので再度クリニックへ。

手術室は1つ上の階にありまして、そこでも何度か麻酔の点眼薬をさして座って待機していました。

「それでは手術をはじめます。」

手術台の上に寝て、目の上から強い光と水がドバーっとかかっているのはわかるのですが、痛みはまったくありません。

目だけの麻酔ですから先生と助手の方の声は聞こえるのですが、目だけがウルウルしているだけです。

手術中は緑の点滅がピッカピカとして、まるで信号機を間近で見ているような感じです。

ピカピカの視界を見ていただけで、なんとたったの15分で手術は終わってしまいました。

「大丈夫でしたか?手術は無事に成功しましたので、安心してまた明日の術後検診に来てくださいね。」

私は後から気がついたのですが、ラッキーな事に理事長に施術をしていただくことができました。

温かい執刀医に声を優しくかけていただいて安心したのか、不安な気持ちがスーッと溶けていきながらクリニックを後にしました。

黒いサングラスで目を保護しながら、電車に乗っているときはほとんど目を閉じたまま、家についてすぐに眠りについたのでした。

術後の回復は夫以上に早く、視界はびっくりするぐらいクリアに!

夫が1週間ぐらい目が痛くて悶えていましたので、痛みは覚悟をしていたのですが、私は次の日にはまったく痛みも感じなくなりました。

次の日の朝に、周り中を見て信じられない光景が広がっていました。

「あれ?裸眼で時計の針が読める!」

「あれ?遠くの建物までハッキリと見える!」

 

m_2016-05-04 11.52.04

裸眼で見える世界って、すご〜い!

早朝に我が家から遠くの方までくっきりと見えた時の感動は、今でもハッキリと覚えています。

でも今まで気が付かなかったシミやシワがこんなにもあったとは〜(泣)と、見えなかったものがハッキリと見えて、ちょっと悲しくなったのも事実です・・。

びっくりするぐらい裸眼で見える世界がクリア過ぎて、ドキドキしながら驚きを隠せませんでした。

術後1日目の経過とかかったレーシック手術費用

m_2016-05-04 14.41.28

次の日に術後の検査に行って、視力検査と医師の診察を行いました。

私は裸眼の視力が右0.2左0.06の中程度近視だったのが、レーシック後はたった1日で右1.0左1.2まで回復したのです。

1週間ぐらいしたらもっと視力が伸びてきて、両目共に1.5まで回復することもあるそうです。

裸眼で1.0台の視力が出たなんて、小学校低学年の時以来です!

そして今回のレーシック施術で実際にかかった費用は、25万7,840円です。

コンタクト代、ケア用品、メガネ用品、診察代と診察に要する時間など、お金の面で考えたら、3年で元が取れるはずです。

長年の目にかかるコストを考えたら、とってもお得ですよね。

今は1年間の再手術保証付きですが、私が受けた時は10年間のアフターケア保証がついていましたので、とてもラッキーな時に手術を受けることができました。

夫の紹介費用で1万円引きで、夫に紹介料として1万円のキャッシュバックが入りましたのでとってもお得に手術を受けることができました。

レーシック手術を受けた後はしっかりとメガネで保護がポイント!

2016-05-04 19.46.04

レーシック手術後は、紫外線が何よりの大敵です。

「Zoff」で1番安いやつを買って、税込みでなんと3,240円です。

こんな大きなメガネをつけて街ナカを歩くと、ちょっとセレブな感じになれます(笑)

 

2016-05-04 19.45.20

「眼鏡市場」で普通のメガネも、「PC PREMIUM」という度無しブルーライトカットのレンズに交換してきました。

両目のレンズの交換費用に13,824円かかりましたが、眩しさや目の疲れの原因となるブルーライトですから替えてよかったです。

夏場は特に日差しがジリジリとしてきますので、紫外線カットは術後1年程度は特に気をつけてしていた方がいいですよ。

術後2年が経過した今、再度視力検査を受けに行ってきた

m_2016-05-04 14.43.45

術後に視力がどうなっているか気になっていましたので、来院して視力検査をしてくることにしました。

なんと右1.2左1.2とまったく視力が落ちていないことがわかりました。

おぉ、よかった、よかった。

高速道路を夜に運転することも時々ありますが、ハロ・グレアを私はまったく感じたことがありません。

手術から2年経った今では、日常生活でまったく不具合や後遺症など起きていません。

メガネなし生活が快適すぎて、そういえばレーシック手術を受けていたことを忘れていたぐらいです。

医師によると、まれに近視が進行してしまう人もいるようですが、私の場合は良好な状態を保てているということでした。

ほんと2年前に不安になりながらも、レーシック手術を受けて本当によかったと思いました。

レーシック手術をしようか迷っていたら、まずは相談をしに行こう

m_2016-05-04 14.45.41

レーシック手術は目の手術ですから、失明したらどうしようかという不安もいっぱいあることでしょう。

私も受けるまでは「新宿近視クリニック」って美容外科みたいでうさん臭いし、ヘタな医者に当たって失敗したらイヤだなと、ずっと考えていました。

でもどの検査員の方もとても接しやすい方でしたし、先生もとってもフレンドリーなのに何でも質問に答えて下さって、本当に安心して手術をすることができました。

もし医者が変わってしまうのが心配でしたら、診察も手術も担当医を指名することができます。

心配事がありましたら誰にも聞かれない個室の診察室で、何でも相談に乗ってもらった方がいいですよ。

レーシック手術をやるかやらないかは、施術するリスクを十分にご理解の上、必ず自己判断で行ってください。

不安だと思ったら、まずは無料のカウンセリングで何でも質問して聞いてみましょう。

適性検査をしないとレーシック手術ができるかどうかわかりませんので、ぜひ1度受けに行かれてみてくださいね。

今は手術が不要で、寝ている間に視力が回復するという「オルソケラトロジー」というレンズもあるみたいです。

レーシック技術も、日々驚くような進化をし続けているのですね。

わずらわしいコンタクトやメガネ生活のストレスから開放されることで、人生がさらに楽しくワクワクしてくるかもしれませんよ?

「新宿近視クリニック」のレーシック手術を受けてみたい!無料カウンセリングや適性検査を受けたい方はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産を日々研究しているフリーライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。