ふるさと納税「ふるなび」が超お得!Amazonギフトコードが寄附金額に対して1%もらえる

テレビCMや雑誌などで、最近よく耳にすることが多い「ふるさと納税」ですが、あなたは今まで利用したことはありますか?

ふるさと納税とは、実質負担2,000円の「寄附」という形で、好きな地域を応援できる仕組みのことです。

寄附をすると、寄付金の使い道を選べて、地域に貢献することができ、さらに地域の特産物の寄附の返礼品としてもらえ、寄付金が税金から控除される制度です。

ふるさと納税の仕組みを簡単にわかりやすく解説!魅力的なポイント3つと申し込みからお礼品受け取りまでの流れ

「ふるさと納税」のサイトは今ではたくさんあって、どこを利用したらいいのか迷ってしまいますよね?

「もっとお得に納税したい!」というあなたに、ふるさと納税の超お得な情報をお知らせしちゃいますよ!

「ふるなび」で納税するとAmazonギフトコードがもらえる!

ふるさと納税のサイトはたくさんありますが、返礼品や地域の探しやすさなどから「ふるなび」はとっても使いやすいサイトです。

「ふるなび」でふるさと納税をすると、寄附金額に対して1%のAmazonギフトコードがもらえるのです。

例えばですが、30,000円寄附すれば、300円分のAmazonギフトコードがもらえます。

返礼品と税金が控除されるだけでもお得なのに、Amazonギフトコードがもらえるってすごいお得ですよね。

Amazonギフトコードをもらう条件

Amazonギフトコードをもらうためには、以下の3つの条件を満たす必要があります。

  1. 「ふるなび」に会員登録済み、かつログインされた状態で行われた寄附
  2. ふるなびのサイト上から行われた寄附
  3. クレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)での決済による寄附

Yahoo!公金支払いで行ったクレジットカードでの決済も、プレゼントの対象となります。

クレジットカード決済ならプレゼントの対象になりますが、郵便振替や銀行振込などの決済方法、災害支援への寄附はプレゼントの対象外となります。

「ふるなびグルメポイント」、「ふるなびトラベル」への寄附もプレゼントの対象となります。

「ふるなびグルメポイント」は、体験型のふるさと納税で、地域の誇る高級食材を有名店のプロが調理した料理を楽しむことができます。

ふるさと納税「ふるなびグルメポイント」を使って高級料理店でお得に食べる方法。実際に予約してみた

私も実際に利用してみましたが、最高級A5ランク肉「飛騨牛」は、ホロホロに柔らかくて夢のような体験をすることができましたよ!

 六本木ヒルズ けやき坂通りのイルミネーションが見えるレストラン「Andiamo(アンディアーモ)」をお得に楽しむ方法

Amazonギフトコードはいつもらえるの?

「Amazonギフトコードは、いつもらえるのかしら?」

Amazonギフトコードは、寄附した翌々月の末日から半年間、「ふるなび」のマイページよりAmazonギフトコードの取得が可能となります。

例えばですが、1月1日にクレジットカード決済で30,000円の寄附を行った場合は、2ヶ月後である3月31日以降、マイページより300円分のAmazonギフトコードが取得可能になります。

ただし、取得期間の開始日から半年間を過ぎた場合は、Amazonギフトコードの取得権利が失効されてしまいますので、注意しましょう。

Amazonギフトコードを受け取るまでの流れ

実際にAmazonギフトコードを受け取るまでの流れは、以下の通りです。

  1. 「ふるなび」にログインし、「マイページ」に進む
  2. 「ギフトコードを発行する」ボタンより、ギフトコードを発行
  3. 発行されたギフトコードをAmazonで登録

この大出血キャンペーンは、2017年11月1日(火)より開始されましたので、早くても来年以降にギフトカードを発行するボタンが出現することでしょう。

 

私も以前「静岡県小山町」に寄附し、「リンガーハット」の商品券をいただきました。

リンガーハットの皿うどんが大好きですので、お得な商品券とAmazonギフトコードをもらうために、再度寄附したいと思います。

リンガーハットのメニューをお得に食べる方法。レシートのアンケートが無料クーポンになるから捨てちゃダメ!

初めての利用は限度額を知り「人気ランキング」を参考に!

ふるさと納税で応援したい自治体に寄附をして、さらにAmazonギフトコードがもらえるなんて、「ふるなび」のサービス、最高すぎます!

でも、まだまだふるさと納税の利用率は低く、恐らく制度の複雑さが利用したい人のハードルを上げているかと思います。

初めて利用しようと思っているあなたは、まず最初に自己負担2,000円で寄附できる税控除の目安額を調べてみましょう。

あくまでも目安ですが、独身・または共働き世帯で年収400万円の控除上限目安額は41,000円です。10,000円で寄附できるお米やお肉など豊富に揃っていますので、楽しく選べますよね。

ふるさと納税サイト「さとふる」で「控除額シミュレーション」をすることができます。忙しい方は、ネット上で自分の限度額を確かめてみて下さいね。

ふるさと納税限度額を住宅ローン控除がある共働き夫婦が計算!シミュレーションしてみた結果は?

利用してみたいけれど、どこの自治体に寄附をしたらいいかわからない時は、「総合人気返礼品ランキング」を参考にしてみましょう。

ビールや山形牛焼肉、佐賀県産黒毛和牛など、年末年始に忘年会などで大活躍しそうですね。もらいたい返礼品から自治体を選ぶ方法なら、楽しく選べそうです。

うーん、こうしている間に、返礼品もどんどんなくなっていきますし、Amazonギフトコードがもらえる日も遅くなってしまいます。

Amazonをよく利用し、これからふるさと納税をしようと悩んでいるあなたは、「ふるなび」の超お得なサービスをぜひ利用してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう