保育士さんの給料の手取りが安過ぎる!保育園の園長先生が子供を命がけで守りぬく姿にジーンとしたこと

私の次女は、ちょうど2年前に今の保育園に転園をしてきました。

今のマンションに引越しをした後にちょうど1人の空きが出て、運良く入ることができたのです。

いろんな園を渡り歩いてきて、いろんな先生や園長先生に出会ってきましたが、保育園は結構入れ替わりが激しい所です。

今の園長先生も、次女の転園と同時に他の保育園から移って着任された方でした。

色んな先生と出会ってきましたが、私はこの園長先生と出会ってからとても感動したことがありました。

保育園の外遊びの対応で保護者から問い合わせがあった

保育園では、定期的に外遊びタイムが設けられていて、その時には複数のクラスで合同で行くようにしています。

遠足の時は、私の園では全学年が合同で一斉に行きます。

これに対して保育園の意見箱で、保護者の中から質問があったそうです。

「なぜクラス別ではなく、クラス合同で外に行くのですか?」

クラスごとに分かれて行った方が、人数も少なくなるから効率的ではないか?と言うことです。

この質問に対して保護者会の時に、園長先生は目を真剣にして私達に話してくれました。

合同クラスで行く目的は、保育士さんの目線を増やすためだった

園長先生の話によると、クラス合同で行かせる理由は、先生の目線のチェックを増やす目的があるそうです。

最近、保育園児の外出時や小学生の列に車が突っ込んだりとか、痛ましい事故がとても多いです。

保育園児の1人が外出時に泣き出したり怪我をしたりした時に、1人の保育士さんが付きっきりになってしまったりします。

そういった危険を察知した時に、合同クラスであった方が保育士さんの数が倍に増えます。

年長さんクラスになると、1クラスに1人の保育士さんしか付きません。

年長さんと言えども、まだ6歳児の子供です。
危険を察知する力は、大人より不足しています。

そういった時に、先生が増えた方がより安全に子供達を守れるからという方針でした。

なるほど、安全面を考えているとはまったく気が付きませんでした。

大震災の時の教訓を得て、先生が倒れてもいいようにしている

2011年3月11日の起きた「東日本大震災」の時の教訓も、実際に取り入れているようです。

外出時に、大規模な震災が起きたらどうするかということです。

もしその時に1人の先生が、倒壊の建物の犠牲になってしまったらどうするか。

先生が不在になってしまった園児達は、そこで取り残されてしまうことになり、子ども達だけでパニックに陥って、2次災害に巻き込まれる危険性だったあります。

そんな大規模な災害が起きても、複数の先生がいることでリスクを回避出来ます。

最近とてつもなく地震が多いですから、本当に自然災害は心配です。

大震災時にいかに子供達を守れるかを、園長先生は真剣に考えておりました。

園長先生が言ったひと言に心がジーンとしたこと

m_sensei_201607015

園長先生が、最後に言ったひと言です。

「私達は、大切な命をお預かりしているのです。」

朝に預かってからお迎えが来るまで、1人の大切な命を守ること、これが私達保育士の務めと言うことです。

保育士さんて、オムツ替えに食事から遊びはもちろん、色んな性格の子供と向き合ったりして、ただでさえ大変なお仕事です。

でも正直な話、大人相手のストレスフルな仕事よりは、子供達の笑顔に囲まれて楽しそうな仕事だと思っていました。

でも、そうではないのです。
子供だからこそ大変なのです。

真剣に人の命を預かり、使命感を持って働いているのです。

園長先生は、保育士歴が30年近くあるベテランさんです。
過去に何度か涙ぐむ痛ましい事故を見てきたそうです。

同じ過ちを2度と繰り返してはならない。

繰り返さないためには、改革していかなければならない。

保育園に預けていただくことは、命を預けていただくこと。

お母さんお父さん達に信頼されて、無事に笑顔のまま戻してあげること。

これをモットーに、この園でも運営をしていきたいと話されておりました。

この話を聞いて胸の奥がジーンと来て、涙がジワジワと出て来てしまったのでした。

命を預かる仕事なのに、労働対価が安すぎじゃないかと思う

子供1人を見るだけでも大変なのに、さらに多くの子供を1人で見なければなりません。

こういった外出時は、人の「命」を預かっているというとてつもなく神経を使うハードな仕事でもあります。

体力面で精神面でボロボロなはずなのに、求人広告を見ると「保育士さんの給料ってなぜ?」と思うぐらい安すぎます。

月収が手取りで14〜16万円ってどういうこと?
月収160万円の間違いなんじゃないでしょうか?

せめて看護士さん並みに給料改定出来ないのでしょうか?
同じ国家資格なのに、この給料の差は何なのでしょうか?

これでは保育士不足になる現実も非常によくわかります。
こんなハードな仕事で、この給料じゃ辞めたくなりますよ。

これだから保育士不足が解消されず、待機児童問題がいつまでも解消されないのです。

こんなに保育士さんって、真剣にハートをぶつけて命がけで働いているのですよ?

こんな過酷でメンタルスキルがいる仕事であることを、もっと多く方に知ってもらいたいです。

いつも我が子の命を真剣に守って頂いている保育士さん、感謝し尽くせないです。

本気でありがとうございます。

国は、保育士さんの対価を今すぐにでも見直して欲しいです。

労働の対価がぜんぜん見合っていませんから。
国からの運営費をもっと増やすべきです。

なかなか財政的に厳しいかもしれませんが、本気で検討し直して欲しいです。

今は1人の親として、そう真剣に願うばかりです。

保育士さんの未来像が、もっともっと明るくなりますように。

今の給料じゃ満足できない!転職したいけれど不安なあなたへ

m_hoikuen_201607015

「人間関係にも疲れて、長時間労働なのになぜこんなに給料が安いの?」

保育士さんて、こんなにすばらしい職業なのに、給与が安すぎると思いませんか?

そんな所はさっそと辞めて、いい待遇の場所に転職してしまいましょう。

「でも実際に働いてみたら、変な人がいたらどうしよう・・。」

面接ではとってもよかったのに、実際に働いてみたら全然イメージと違ったなんてことはよくある話です。

面接をしてくれるのは園長先生を初めとした「上の人」でも、実際に一緒に働くのは同僚の先生たちです。

でも、そんな不安になる心配はありません。

「保育ぷらす+」なら最大求人数7,500件以上もあり、無料で体験保育が出来てしまうのです。

無料で体験保育ができてしまうなんて、今まで見たことがありません。

体験保育をしておくことで、一緒に働く先生たちとの相性や雰囲気を事前に知ることができますので、とっても安心です。

「実際に園の雰囲気を体験してみたら、なんだかイメージと違ったわ。」

もちろんそんな時は、体験保育の後に遠慮せずに断るのもOKです。

体験保育は、そのためにあるのです。

断りの連絡も「保育ぷらす+」が代わりに行ってくれますので、断るのが苦手な方でも安心です。

そんな「保育ぷらす+」のお悩み満足度は、驚異の98.5%です!

転職するしないに関わらず、相談可能です。

転職をお考えの方の保育士の資格をお持ちの方、育児で仕事をやむを得ず離れてしまった方は、ここで優良な高待遇の求人を見つけてみてください。

登録は無料で、たったの30秒で完了します。

あなたの求めている職場が、ここできっと見つかるはずです。

変わることを恐れていたら何も変わりません。
さぁ、勇気を出して前に踏み出してみましょう。

【満足度は驚愕の98.5%】体験保育ができる「保育士ぷらす+」で自分の満足できる居場所を探してみる

4 件のコメント

  • 保育士についての記事、とても胸が熱くなりました。

    私は保育士として働いている者です。

    新卒で保育士として働いた後、一度辞めて事務職に就きました。
    桃音さんの記事の通り、お給料と責任の重さが見あわないと思ったからです。

    命を預かっている、という責任に加え、持ち帰りの仕事が無い日はありません。
    子ども一人一人に対し、毎月指導案というのがあって、小学校の成績表よりも複雑なものを毎月作成しています。

    でも、大変で保育士を辞めたはずなのに、また、数カ月前から保育士として働き始めたのです。

    やっぱり大変な仕事だと思うことに変わりはないけれど、ボランティア精神があれば子どもからの愛情に救われ頑張れる職業でもあります(^^)

    そして、保護者の立場からこんな風に思って頂ける方がいるというだけで、とてもとても嬉しいし救われます。

    いつも楽しみにブログを拝見させて頂いています。
    こんな素敵な記事を、ありがとうございます(^^)

    また明日もがんばろう~!って思えました(*^_^*)

    どうか、お体に気をつけてください?

    長文失礼いたしました。

    • こころさんへ

      桃音と申します。

      保育士をされていた方から、コメントいただくなんて大変光栄過ぎます。

      やはり給料ではない、何か惹かれるような魅力的な仕事であるんですね。

      いつも保育園の実態がよくわからず、いつも預けて受け取るだけの毎日でした。

      でも本当に命を預かる使命を持って仕事をされているということを聞いて、本当に感動してしまいました。

      子供なんて、本当に何考えているかわからないからこそ大変なのに、ほんと頭がさがる思いでいっぱいです。

      子供の命を預かって下さる保育士さん、私は心から尊敬しています。

      こころさんも明日からお仕事大変でしょうが、ステキな「お仕事」ぜひとも頑張って下さい。

      私もこうやって情報を発信して、世の中をよくしていきたいと思っています。

      一緒に諦めないで頑張っていきましょう。

  • 初めまして。いつも記事更新楽しみにしています。保育士さんの給料の件、私も同感です。私も3歳と1歳の子供を保育園に預けています。私達親でも大変な子育てを毎日長い時間それもたくさんの子供達のオムツやお昼、お昼寝、遊び本当に感謝の気持ちしかありません。うちの子の通っている保育園は保育士さんにとって特に大変な保育園で、月に1回の遠足、銭湯。3歳からは年に3回のお泊り保育(田植え、稲刈り、キャンプ)とイベントが盛りだくさんなんです。それ以外でも決まりがたくさんあります。毎日3分間その日の子供の様子を親に伝えるなど…。
    それでもいつも笑顔で朝泣いてる子供がいれば気が済むまで付き合ってくれたり…先生達のおかげでわたし達は安心して仕事へ行けているんですよね。そんな大変な保育園だからw今年は5人もの先生が辞めてしまいました。親の方がショックでした。。辞めてしまった娘の担任の先生達は(担任2人辞めました)みんな育児経験のある方で、ママ達にとっても姉の様な存在だったんです。ある日こんな事を言っていました。「保育士って理想の的なお母さんを求めるけど、保育士はいくらベテランでも、技術があってもお母さんにはかないません。」「子供ってお母さんには全力ですきすきー!!僕を見て!!ってやるから大変なんだよね。」「私もダメダメなお母さんなのでわかります~」「だからお母さんでいる事を誇りに思って頑張りましょー」って。子供の事だけでなく親の私達の気持ちに寄り添ってくれていた先生方には感謝しかありません。
    話が少しずれてしまいましたが(笑)保育士さんは本当に本当に大変な仕事です。ももねさんのお子様が通っている保育園の園長先生の「子供の命を預かっている」とゆう責任や労働に見合ったお給料を!見直すべきです!!!何だか長くなってしまいすみません(笑)

    • なみさんへ

      初めまして、桃音と申します。

      コメントいただきまして、大変ありがとうございます。

      預けているとやっぱり気が付かないことが本当い多いと思います。

      私は色々と転園しておりますので、いろんな保育士さんを見てきておりますが、やはり辞めていかれる方とっても多いですよね。

      でも今の園ではやはりぜんぜん辞めていかないんですよね。
      これも園長先生の人柄であると感じています。

      先生って、ほんと親にとっても子育てを相談出来るプロであると感じます。

      私が保育士さんだったら、絶対続かない。

      きっとお金以上の何かやりがいがあって、続けられているのかなと感じます。

      3歳と1歳なんて今が1番大変な時ですよね。
      お互い無理せず、子育て一緒に楽しんでいきましょう!

  • ABOUTこの記事をかいた人

    橘 桃音

    東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産のことが大好きなブロガー兼ライター。

    このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。