ららぽーと立川立飛のグランドオープン前に行ってきた。駅直結のアクセス抜群の地でイチオシな所をご紹介

ついに、待ちに待ったこの日がやってきました。
この日をどれだけ待ち望んできたことか・・・。

子供の時から立川周辺に住むものとして、三井ショッピングパーク「ららぽーと立川立飛」がグランドオープンすることは、子供が生まれた時と同じぐらい感動があります。

プレオープン日、グランドオープン日が決まった時は、出産予定日が決まったぐらいうれしかったです。

いやもう、楽しみすぎて待ちきれない私としては、グランドオープンなんて待っていられません!

2015年12月8日(火)がプレオープン日、12月10日(木)がグランドオープンの日ですが、本日12月7日(月)15:30から「特別ご招待会」がありましたので、早速行ってきました。

敷地面積94,000㎡、店舗数250店舗もある新しく生まれたショッピングパークの中は、一体どんな感じだったのでしょうか?

ここがおすすめ!という場所を、一気にご紹介したいと思います。

場所は多摩都市モノレールで立飛駅直結でアクセス抜群!

2015-12-07 15.12.14

郊外にある大型ショッピングモールって、駅から遠くて車じゃないと行けない場所が多いと思います。

しかし「ららぽーと立川立飛」の魅力と言えば、何と言っても駅直結型ショッピングモールであるという点です。

JR立川駅から歩いてすぐの多摩都市モノレール 立川北駅より、2駅4分の立飛駅に直結しています。

降りてすぐなんて、とっても便利です!

モノレールを降りて新設された南口改札を出れば、そこはすぐにでっかいショッピングモールというアクセス抜群の地にあるのです。

多摩地区にふわさしい、コンセプト通りの緑いっぱいあふれる自然空間

2015-12-07 15.17.18

「ららぽーと立川立飛」のコンセプトは、「& Garden Tachikawa(アンド グリーン タチカワ)」という通り、立川の地形をモチーフに市の木であるケヤキやコナラがたくさん植えられています。

立飛駅の2階の連絡ブリッジには、たくさんの木立であふれていて、心がとってもなごみます。

 

2015-12-07 14.58.08

ブリッジを抜けたところに、多彩な催しが行われるイベント会場が広がっています。

 

2015-12-07 14.56.34

こちらが立飛駅から歩いてすぐのところにある、2階からの入り口です。

早速中に入ってみましょう!

店内の中央部分には、大きなシンボルツリーがそびえ立つ

2015-12-07 15.07.49

店内に入ると、ガラス容器で樹木を栽培する「テラリウム」という樫の木のシンボルツリーがあります。

上部は吹き抜けになっていて、太陽の光をいっぱいに浴びていて、見ていてエネルギーを感じます。

 

2015-12-07 15.10.41

プロジェクションマッピングは、毎日17:00〜22:00まで開催されます。

 

2015-12-07 17.03.20

ほんの5分ぐらいしか映らないのですが、キラキラしていてとってもロマンチックな気分にひたれます。

四季折々の自然と様々なイベントが迎えてくれる、多摩地区にふさわしい癒やし空間が広がっているのです。

オシャレでとってもセンスがいい高感度なショップがたくさん!

2015-12-07 15.08.22

東京郊外って田舎臭いかもしれませんが、「ららぽーと立川立飛」には、世界各国から集めた最旬アイテムが多数そろっています。

 

2015-12-07 15.08.11

日常生活に使えるような普段着から、おでかけに最適なアイテムまで見ていて飽きないほど多数のショップが並んでいます。

 

2015-12-07 15.06.59

オープン限定アイテムや開店記念のノベルティグッズを用意しているショップもありましたので、ぜひ現地で自分の目で確かめてみましょう。

ファミリーにはとってもうれしいショップが大集結している!

2015-12-07 15.35.38

一流シェフによるビュッフェと、7つの室内遊具が1つになった「Kids Bee(キッズビー)」は、子供たちがとっても喜ぶ場になっています。

 

2015-12-07 15.34.27

貸し切りできるパーティールームやゲームコーナーなど、子供が飽きない工夫が至るところにされています。

 

2015-12-07 15.39.05

こんなに楽しそうな大型の遊具で、子供たちが思いっきり元気に遊んでいました。

 

2015-12-07 15.52.54

1つの空間で食事と遊びが楽しめる画期的なレストラン「モグーン」があります。

 

2015-12-07 15.53.02

0〜12歳の子供が音と光あふれる遊び場で遊びながら、ママとパパはおしゃれなカフェでくつろぐことができるのです。

お子さんを連れたママが、たくさん遊びに来ていましたよ。

地元で長年愛されている「オリオン書房」に落ち着いたカフェが併設!

2015-12-07 16.02.06

多摩地区市民には欠かせないほど長年愛されている「オリオン書房」には、本屋とは思えないカフェが併設されています。

 

2015-12-11 10.38.20

本だけではなく文具や雑貨、木製玩具なども並んでいたり、なんと店内には飛行機の模型が置いてあるのです。

さすが立飛!ここにシンボルである飛行機を置くことで、オリジナリティあふれるショップになっています。

 

2015-12-07 16.02.30

驚くのが、店内に広々とした落ち着いたカフェが併設されていることです。

えぇ、ここは本屋?カフェ?

ブックストアズドッグ(580円)など、本を買ってゆっくりとくつろぐことができる空間が広がっているのです。

 

2015-12-11 11.03.04

オリオン書房で本を買うと、このように割引券をもらうことができます。

 

2015-12-07 16.03.52

残念ながら電源は使えませんが、Wi-Fiは使えるようです。

ちなみに総合案内センターで聞いた話では、電源が使えるお店は、1Fのケンタッキーフライドチキン、神楽坂茶寮、ドング・ミニワン、2Fのスターバックス・コーヒーの4箇所だけですのでお気をつけ下さい。

実際に行ってきたレポート記事はこちら:ららぽーと立川立飛の「本棚珈琲」はカフェ内の本が読み放題

フードコートは広々していて、地元の名店が大集結している!

2015-12-07 15.43.31

ショッピングモールで欠かせないのが、3階にあるフードコート「sora  Picnic(ソラ ピクニック)」です。

 

2015-12-07 15.45.21

大きな窓から明るい光が差しこむほど、開放的な空間が広がっていて、窓際のカウンター席では目の前にモノレールが走っている様子を見ることができます。

立川の街並みが見られたり、晴れた日には富士山を一望することができます。

 

2015-12-07 15.45.59

何と言っても、立川を代表するラーメン店「ラーメン鏡花(きょうか)」など、地元の人気グルメ店が多数集結している点がポイントです。

 

2015-12-07 15.50.11

キッズゾーンには、こんなにかわいらしい切り株のイスがありました。

 

2015-12-07 15.50.04

子供向けの洗面台がありますから、小さなお子さんでも大丈夫な作りになっています。

 

2015-12-07 15.49.48

奥には小上がり席もあって、赤ちゃんがいても安心ですね。

家族で来ても子供が大喜びするような空間が、フードコートにはいっぱいに広がっているのです。

行列ができる有名店「Eggs ‘n Things(エッグス ン シングズ)」が西東京エリアに初出店!

2015-12-07 15.12.43

2010年にハワイから上陸して、パンケーキブームの火付け役となった行列ができるお店で有名な「Eggs ‘n Things(エッグス ン シングズ)」が、西東京エリアに初出店してきました。

 

2015-12-08 10.22.53

生クリームがいっぱいのったフワフワ食感のパンケーキって、とってもおいしいですよね。

 

2015-12-07 17.06.17

エッグスベネディクトや、新鮮な卵を3個も使ったオムレツなど、本場の味がたっぷりと楽しめるので、ぜひ行ってみたいと思っています。

採れたてがいっぱい!立川生まれの名産品が大集結!

2015-12-07 16.07.36

野菜や卵、くだものなど、立川市って実は有数の農作物の生産地なのをご存知でしょうか?

立川市の地域性の強みを活かした採れたての恵みがいっぱいに詰まった、地元の新鮮野菜を販売しているショップがあります。

 

2015-12-07 16.55.48

「WAKUWAKU HIROBA Sprout(ワクワク ヒロバ スプラウト)」では、立川市を中心とした地元の新鮮野菜や「もりのこむぎ」などの地元の天然酵母パンなども販売されておりました。

これは立川市を愛する人からしたら、とってもうれしいお店に間違いないでしょう。

行列ができるチーズタルト専門店「PABLO(パブロ)」が大人気!

2015-12-08 10.25.24

チーズタルトで大人気の「PABLO(パブロ)」が、なんと「ららぽーと立川立飛」にもオープンしました。

私も行列に並んで買って来ましたが、とろとろのチーズケーキが絶妙のあまさとふわふわ感で、とてもおいしかったです。

気になる方は、ぜひこちらをご覧くださいね。

人気の焼きたてチーズタルト専門店「PABLO(パブロ)」に行ってきた。とろっとろの焼きたてレアスイーツはまさに絶品!

女性だけの特別なスイートバスルームも設置されている!

2015-12-07 15.58.23

2階の中央部には、女性だけの特別な空間が設置されていて、メイクアップルームは6個のブースに分かれています。

 

2015-12-07 15.58.53

淡いブルーの壁が印象的なバスルームでは、メイク直しや全身のチェックができる大きな鏡などがあって、手洗い場も広々としていています。

 

2015-12-07 15.58.41

ソファーがある快適な待合室があり、ここはホテルかと思えるぐらい女性には嬉しすぎる空間です。

まさに女性の願いを思いっきり叶えてくれる、シンプルでオシャレなスイートエリアが広がっています。

まるで家にいるかのような空間がいっぱい!ファミリー層は行かないと損!

2015-12-07 17.05.07

店内をグルグルと回ってみて、入り口から店内までまるで家にいるかのように落ち着ける空間が広がっておりました。

ファッションから、雑貨&インテリア、そしてレストランやフードコート、おいしそうなスイーツなど、1箇所ですべてが済ませられる点は、ショッピングモールの強みです。

「ららぽーと立川立飛」で1点残念なのは、映画館がない点ですね。

それもそのはず、立川市は映画館の街と言われていますので、映画の役割は極上爆音上映で有名な「立川シネマシティ」が担ってくれているからでしょう。

立川シネマシティは「極上爆音上映」が楽しめる映画館で、重低音と空間デザインまでがヤバ過ぎる!

やはりファミリー層向けの施設がとっても多く、小さな赤ちゃん連れのパパやママでも、ストレスなくゆっくりとくつろげる仕掛けがたくさんありました。

 

2015-12-07 15.11.17

グランドオープンすると、大混雑必須だと思いますので、行きたいところはサイトで先にチェックするなどして、ポイントを絞って行くようにしてみてくださいね。

多摩地区にずっと住む私としては、本当に嬉しすぎる「第2の我が家」ができました。

これからグランドオープンしたら、さらにたくさんのお店に足を運んでみたいと思います。

遠くの方でも電車で気軽に来られますので、魅力がいっぱいの立川にぜひお越しくださいね。

アプリをダウンロードしておけば、アプリ会員限定のお買い物クーポンや、お近くの施設の最新情報が配信されます。

さらに「三井ショッピングパークカード」と連携すると、もっとベンリですよ!

三井ショッピングパークカード《セゾン》はららぽーと、アウトレットで特典いっぱいの高還元率カード

「三井ショッピングパークアプリ」はこちら

三井ショッピングパークアプリ

三井ショッピングパークアプリ

三井ショッピングパーク「ららぽーと立川立飛」の詳細情報はこちら

2015-12-07 17.04.51
  • 住所:東京都立川市泉町935-1
  • オープン時間:10:00〜21:00(店舗によって異なる)※12/10(木)〜13(日)は9:00から
  • 休日:不定期
  • 駐車場:3,100台(最初の1時間500円、以降30分毎に250円、2,000円以上のお買い上げで1時間、5,000円以上のお買い上げで2時間無料)
  • 電車:多摩都市モノレール立飛駅直結
  • サイト:http://www.lalaport-tachikawatachihi.com/

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産と生活家電が大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。