国内最大級の福井県立恐竜博物館は、化石発掘体験も出来てリアルに動いて吠える恐竜がいて迫力満点!

福井県勝山市にある「福井県立恐竜博物館」は、展示品の量と質共に国内最大級の恐竜博物館です。

世界でも珍しい貴重な化石が多数展示されており、入ればそこは恐竜の世界にワープしたかのような気分になれるのです。

年間入場者数は、なんと70万人超という大混雑覚悟の超人気博物館です。

こんな大迫力の恐竜がたくさん見られるということで、さっそくジェラシックパークに行く気分で東京からはるばると行ってきましたよ。

迫力満点の見どころと魅力を、たっぷりとご紹介したいと思います。

恐竜博物館入口からワクワクする設備がいっぱい!

2015-08-01 13.52.48

恐竜博物館に今回休日に車で行ったのですが、駐車場は常に満車で観光バスまでびっしりと止まっていました。

2007年に亡くなられた世界的建築家である黒川紀章氏によるデザインされた卵型のシルバードームが、ピカピカと光り輝いています。

遠くからでもすごいワクワクするような、とっても目を引くデザインです。

 

2015-08-01 13.13.10

駐車場で、恐竜の大きなモニュメントを目の前に圧倒されてしまいます。

 

2015-08-01 13.14.32

入り口でダイノベンチ”恐竜博士”に出迎えられて、記念撮影を撮ることが出来ます。

 

2015-08-01 13.16.11

チケットの券売所は入り口左側にありますので、購入していない方はこちらで購入することが可能です。

入り口だけでワクワクしてきましたね。
それではさっそく中に入ってみましょう。

地下1階の「ダイノストリート」から恐竜博物館の展示が始まる

2015-08-01 14.00.46

地下1階に着くまでのこの美しい内装デザインも、同じく黒川氏によるデザインです。

 

2015-08-01 14.02.43

「ダイノストリート」は、いわば現代と恐竜世界の境目と言われている幻想的な道です。

 

2015-08-01 14.03.07

ボーンヘッドという全長約15mの恐竜化石が、発見されたままの状態で展示してあります。

アメリカで発見された「カマラサウルス」の全身9割の骨が保存されています。

背骨をそらせて頭部と尻尾がくっついた状態で、まさにエビ反り状態なんてすごい貴重な姿ですよね。

さてここから1Fに上がってみましょう。

動く恐竜がお出迎え!「ティラノサウルス」ロボットが迫力満点!

2015-08-01 14.19.50

長さ84m、高さ約37.5mの巨大ドームの中に、恐竜の全身骨格標本やリアルなジオラマが多数展示されている博物館のメイン展示室です。

広さは4,500㎡と、歩きまわるだけで1時間超はかかるような広さです。

 

2015-08-01 14.04.12

最初に入ってびっくりするのが、実物の4分の3のスケールという巨大な「ティラノサウルス」のロボットでしょう。

まるで本物と思えるほど、リアルな動きにびっくりです。

 

2015-08-01 14.05.08

質感もゴツゴツしていて、まばたきもするし手もしっぽも動くし、360度グルグル回って観察してしまいました。

吠えて動いている「ティラノサウルス」を見ているだけで、圧倒されっぱなしで迫力満点でした。

200インチのダイノシアターでは恐竜の世界をリアルに迫力体験!

2015-08-01 14.11.40

このダイノシアターは、200インチもある大迫力満点の巨大画面です。

ここではCG映像により、恐竜の世界にタイムスリップしたような気分になれます。

左右2個同じ画面が設置してありまして、大きな草食恐竜が小さな肉食恐竜に襲われるような映像でドキドキ体験をすることが出来ます。

左右の画面から次々とリアルに出てくる恐竜の映像に、びっくりしている子達もたくさんいました。

骨格標本が42体も展示!まさにそこは骨のジェラシックパーク!

2015-08-01 14.16.42

恐竜博物館のメインは、なんと言っても42体もある恐竜の骨格標本です。

左右どこを見ても恐竜の骨だらけで、まさに骨のジェラシックパークです。

 

2015-08-01 14.10.09

全長15m、高さ5mの草食恐竜カマラサウルスは大迫力です。

42体ある骨格標本のうち本物の化石で復元された標本が7体ありますので、それを見つけてみるのがまたおもしろいですよ。

大量の恐竜化石が発掘されている中国四川省の恐竜たちも多数展示!

2015-08-01 14.14.32

中国四川省には、大量の化石が発掘されているそうです。

こんな長い首の恐竜がいます。
ジオラマの精度にびっくりです。

 

2015-08-01 14.15.00

こちらの恐竜は動くんですよ。
葉や木の作りもすごい丁寧です。

ここでは小さい恐竜まで動いていて、まさに中世代ジェラ期の四川恐竜ワールドに引き込まれてしまいました。

地球の化学では、さまざまな地球の姿を体験出来ます

2015-08-01 14.41.37

「水と地球」「火と地球」という観点から、地級の姿を体験しながら学ぶことが出来ます。

さまざまな岩石をCCDカメラで観察して、鉱物のようすを知ることが出来ます。

小2の娘はこの化石をグルグル回して、調べることに夢中になっていましたよ。

 

2015-08-01 14.37.29

ここの入り口付近に、福井で発見された白亜紀前記の肉食恐竜「フクイラプトル・キタダニエンシス」のリアルロボットがあります。

 

2015-08-01 14.37.49

あまりにも動きが機敏でリアルなので、小さな子供には正直怖いかもしれません・・・。実際に泣いている子もいましたのでご注意ください。

46億年の育まれてきた絶滅と進化の過程が学べる

2015-08-01 14.21.16

進化と絶滅を繰り返してきた生物の様子が時系列で知ることが出来ます。

氷河期を生きていたマンモスのたくましさに感動したりしてしまいました。

 

2015-08-01 14.17.45

他にも陸を歩いていたクジラの祖先の骨格標本があったりと、太古の姿にびっくりしながら学ぶことが出来ます。

化石クリーニング室や「ダイラボ」で体験することが出来る

2015-08-01 14.38.19

本来裏方で行うような化石の周りの岩を取り除く「化石クリーニング作業」をしている姿が、ガラス張りで実際に見ることが出来ます。

 

2015-08-01 14.32.58

ティラノサウルスの全身の骨格標本が、こんな近くで上からも下からも見られる「ダイノラボ」もあります。

 

2015-08-01 14.34.13

展示室では化石に触れることが出来ませんが、ここでは実際に触れることが出来て化石クイズも楽しむことが出来ます。

ここの「ダイノラボ」は色んなことが体験出来ますので、小さな子供たちははしゃぎ回って遊んでいましたよ。

別料金で特別展示室に入ってより研究することが出来る

2015-08-01 13.31.57

通常の展示室とは別室で、期間限定で特別展示室を行っています。

今回行った特別展は、「南アジアの恐竜時代」という展示です。

何がすごかったかというと、全長15.5mの「プウィアンゴサウルス」の巨大な全身骨格です。

タイから日本に化石が慎重に輸入されて、忠実に再現された骨格はまさに圧巻です!

恐竜のぬりえコーナーや、スマホやタブレットでアプリをダウンロードすれば恐竜が3Dで出現する「AR写真コーナー」など、子供が楽しめるイベントもたくさん行っていました。

恐竜博物館内には、恐竜グルメと福井名物が楽しめるレストランがあり!

2015-08-01 13.20.05

恐竜グルメが食べられるレストランがあるのですが、大混雑で我が家は入ることが出来ませんでした。

 

menyu_20150802

恐竜の形をしたハンバーガーやランチプレートなどかわいい恐竜グルメがたくさんありますので、行くならお昼の時間をはずしていくとスムーズに座れるかもしれません。

 

2015-08-01 13.55.29

おみやげ屋さんの中も充実しており、ここでしか買えない限定グッズやお菓子などがたくさん販売されておりました。

 

2015-08-01 14.54.16

こんな顔になってしまうほど店内は大混雑で、身動きがとれないほどでしたよ。

恐竜博物館の入館料は激安!年間パスポートを買えばさらにお得に!

こんなにすごい迫力満点の恐竜博物館ですが、入館料はとても激安です。

  • 一般:720円
  • 高・大学生:410円
  • 小・中学生:260円

こんなに安いので、割引チケットがありません。

「年間パスポート」があれば、さらにこの値段で何度でも入館出来ますからお得です。

  • 一般:2,060円
  • 高・大学生:1,230円
  • 小・中学生:770円

「FPDMサポーター倶楽部」に入会すると、常設展も特別展も1年間で何回でも観覧出来て色んな特典がもらえますので、何度も行かれる方は入会した方がお楽しみが増えますね。

また毎月第3日用日の「家庭の日」、毎年2月7日の「ふるさとの日」は常設展観覧料が無料になります。

チケットはローソン、セブン-イレブン、ファミマ、サークルKサンクスの各種コンビニ端末で購入してから入館すれば、並ぶこと無くスムーズに入館することが出来ます。

我が家もこの方法で入りましたので、炎天下待たずに入ることが出来ましたよ。

参照:JTB 福井県立恐竜博物館 チケット一覧はこちら

福井県立恐竜博物館は、恐竜のロマンを体感出来るワールド!

2015-08-01 13.22.23

東京都民がはじめてこの「福井県県立恐竜博物館」に行ってきましたが、想像を超えた迫力に大人の私が圧倒されてしまいました。

子供たちは恐竜の化石のスケールの大きさやリアルに動いている恐竜の動きを見て楽しめますし、大人や大きな子供たちは専門的な解説を読んで聞いてさらに奥深く楽しめます。

この博物館に入った途端に、そこはまさに現代にタイプスリップした「ジュラシックワールド」を体験できます。

これだけリアルに再現出来る高度な技術力があれば、そのうち本当にリアルな恐竜が再現される日も近いかもしれません。

これは何度も行けば、もしかしたら将来子供が恐竜博士になれるかもしれませんよ?

ここは夏はすごい暑いのですが、子供の学び体験にはとってもおすすめスポットです!

恐竜の迫力に圧倒されながら、親子で思いっきり楽しんできてくださいね。

福井県立恐竜博物館のくわしい情報はこちら

  • 住所:福井県勝山市村岡町寺尾51-11
  • 電話:0779-88-0001(代表)
  • 開園時間:9:00〜16:30
  • 休日:第2・第4水曜日(臨時休館あり、夏休みは無休)
  • 電車アクセス:えちぜん鉄道勝山駅からぐるりんバスで20分(恐竜博物館前バス停下車)
  • 車アクセス:北陸自動車道福井北ICから23km(約40分)
  • 駐車場:博物館すぐ前に駐車場あり。無料
  • 恐竜博物館の公式HPはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立した生活家電と不動産が大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。