お金がほしいと思ったら働かないと得られない。1日こども店長を体験して給料をもらえる喜びを学ぶ

お金がほしかったら、何をすればいいのでしょうか?
待っていれば、お金は降ってくるのでしょうか?

子供の金銭教育に関しては、残念ながら学校では教えてくれません。

身近な人、特に親からお金の使い方、稼ぎ方、貯め方などを習得していく必要があります。

親でさえお金の使い方を知らない人が多い中、今の子供達はどうやって学んでいったらいいのでしょうか?

生まれてお金について詳しくない子供のために、今回ネッツトヨタ多摩にて「こども店長」の職業体験をしてきました。

いったいこの体験プログラムは、どういったことをするのでしょうか?

1日こども店長をするために最初にしたこと

こども店長になるために、まずは近くのネッツトヨタ多摩に連絡します。

日時を予約して、親子で出発です。

2015-07-27 15.18.49

着いたら簡単に登録をして、子供向けにハッピと名刺、タスキを作ってくださいます。

「何だかお祭りに行くみたいではずかしい。」

最初はとても恥ずかしがっていましたが、気分は店長そのものです。

最初営業担当の方に、お仕事内容を教わります。
まるで社員研修を受けているようでしたね。

これで親を相手に、早速車の販売の接客をはじめるのです。

2015-07-27 15.26.39車のパネルを持って、車の特徴の説明をしてくれます。
みんな見ている前ですごい堂々とした接客対応です。

営業マンの働く大変さが、ここでわかるという体験なのですね。

こども店長による車の案内と試乗体験が出来る

2015-07-27 15.28.52

こども店長に車まで案内をしていただき、試乗体験が出来ます。

本日は、発売されたばかりの新型シエンタに試乗させていただきます。

 

2015-07-27 15.34.47

「つぎの信号を右にまがってください。」

こども店長が持っている地図をもとに、運転手の私に教えてくださいます。

もちろん後ろには本当の営業担当が乗っていて、どうお客さんに言ったらいいのかを優しく教えて下さいます。

 

2015-07-27 15.34.30

1周約10分弱の運転を楽しく回ることが出来ました。

「気をつけておりてくださいね。」

アドリブまで言えるようになった長女の顔は、とても自信にあふれていました。

 

2015-07-27 15.36.25

最後にお客さんであった親からの採点をして終了です。
今日はすべて良く出来ましたので全部に◯をしました。

こんなに短時間で働くスイッチが入るものかと、正直びっくりしてしまいました。

仕事を終えたあとには、修了証とお給料がいただける

2015-07-27 15.41.15

きちんと仕事を終えたあとは、修了証と給料をいただけるようです。

この修了証をもらっている顔は、ニヤニヤ顔でとてもうれしそうでした。

そして肝心の給料が本物の店長さんからいただけます。

 

2015-07-27 15.41.54

「すごい!お金もらえたよ。」

働いたことによって得られたお金はたった500円でしたが、やはりお金をもらえることはとてもうれしかったみたいです。

金額ではないんですよね。

頑張ったあとに、その対価がもらえたことがうれしいのです。

 

2015-07-27 15.42.05

その500円を使って、ものと交換をして終了しました。

「お母さん、とても楽しかったよ。」

頑張って働いてお金を得られた長女は、非常に自信あふれた顔をしておりました。

自分で働いてお金を稼ぐという「金銭感覚」を子供のうちから学ばせよう

どうしてお金って、大人になってからも貯まっていかないのでしょうか?

それは大人になってからも「金銭感覚」が身についてないからです。

どうしてもこの感覚だけは、後天的なものなのですね。
この金銭感覚を身につける方法は、お金を稼ぐことです。

アルバイトでも何でもいいので、自分の手や足を使って汗水垂らして働くことをまずは覚えることがとても大事です。

お金がないと、食べるものも住むところにも払えません。
そうなると生きていくことが出来なくなってしまいます。

しかし苦労して働くと、お金を得ることが出来ます。
「苦労=お金」となると、感覚がどんどん身につきます。

働くことでしかお金を得られないという経験を、子供のうちから楽しく感覚だけでも身につけていくと、大人になってから相当な金銭感覚に生まれ変わることでしょう。

「一生懸命働いて稼ぐと500円になるんだ。」

苦労したり失敗して悲しい思いをすることで、金銭感覚はさらに研ぎ澄まされていきます。

こんな楽しい職業体験があるなら、またどんどん参加させていきたいですね。

いまのうちに汗水垂らして失敗して苦労してみるんだ。
それがお金を得る喜びにつながっていくのだから。

熱かったり冷たかったり感じることが、将来大やけどを防ぐことが出来るのです。

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産と生活家電が大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。