2015年12月3日 

愛する夫や妻が浮気や不倫をしていたらあなたは許せますか?離婚に踏み切ってしまう前に考えておきたいこと

愛する夫が浮気していた。
愛する妻が不倫していた。

結婚式であんなに愛を誓って、これから温かい家庭生活を築いていけると信じていたのに、突然裏切られたらつらくてたまったものではありません。

こんな現実受け止めたくない。
これは夢じゃないかと思いたい。

我が家だけは絶対に大丈夫と思っていたのに、現実に起きてしまうことはよくあることでしょう。

私の周りでも30代前半は結婚報告が多かったのに、30代後半になって離婚報告が増えてきたのが気になります。

中学時代の友達からも先日「住所が変わりました。」のハガキが届いて、あんなに仲が良かった夫婦がこんなことになっているのかと、かなりショックを受けたのです。

心配のあまりに先日実際に会って話をじっくりと聞いてきたのですが、他人事とは思えないような衝撃を受けてしまったのです。

友人の旦那さんの異変に気がついたのは結婚後3年目

友人は就職してから知り合った5歳年上の男性と、熱すぎるほどの社内恋愛の末に結婚しました。

ちょうど2年経ってから「子供が生まれたよ!」という、かわいい赤ちゃんの写真が入った年賀状をいただいたことを覚えています。

友人は退職してから最近はパートで働き出していましたが、旦那さんはとっても忙しい方でして、たびたび国内や海外出張に飛び回る方でした。

何週間と家を開けることも多く、不規則な勤務でメチャクチャ激務なので、LINEやフェイスブックとのやりとりが多かったそうです。

久しぶりに家に帰ってきても、グッタリとしていて話もできない関係に・・・。

「あまりにも私に無関心だから、もうLINEを見ちゃったのよ。そしたらさ・・・。」

結婚してからわずか3年目で、旦那さんが単身赴任先の支店の女の子と愛あふれるやりとりをしていたそうなのです。

相手にはお子さんがいなくても旦那さんがいますから、これはれっきとした不貞行為である「不倫」です。

やりとりを見た途端にショックで泣き崩れてしまい、旦那さんに問い詰めた結果、やはり不倫が発覚してしまったのです。

友人は不倫が発覚してから旦那さんを許したのか?

「もうね、私、生きていけないと思って1度実家に帰ったのよ。」

愛する旦那さんがこんな風に裏切ることをしたら、私だって同じく実家に子供を連れて出ていきます。

法的にどうするかうんぬん以前に、一緒にいることなんて考えられないからです。

旦那さんは「もう2度としないから、お願いだから帰ってきて!」と何度もLINEに送ってきたそうです。

でも本気で許してくれと思ったら、仕事なんてほったらかしてでも実家に来ることでしょう。

結局友人は、旦那さんの愛する本気度が感じられず、愛情が違う人に向けられたことが許せずに、そのまま離婚してしまいました。

旦那さんは泣く泣く同意したそうですが、自分の行いが悪かったのですから仕方がありません。

つい先日わかったことですが、友人は半年も実家でパートで働きながら暮らしているそうです。

離婚して後悔していないのか?
私は友人に聞いてみました。

「でもね、あの時もうちょっとよく話し合って考えなかったこと、すっごい後悔している。」

まだ小さいですが「パパは?」と、とってもさびしかっているそうです。

子供のこれからのこと、よく考えずに突発的に踏み切ってしまったことが、やっぱり引っかかるそうなのです。

あなたは突然パートナーが浮気や不倫をしていたら許せますか?

あなたのパートナーが実は、浮気や不倫をしていることがわかった時どうしますか?

「1度ぐらいはいいわよ、次からやめてね。」

こんな風に、あなたは優しく相手を許すことができますか?

浮気と不倫の定義って同じような意味かもしれませんが、相手にも配偶者がいるようなパターンの不倫の方が、ものすごい罪の重みを感じます。

私の場合は、果たしてどうでしょうか?

そこら辺の飲んでいる勢いで、かわいいお姉ちゃんと一夜限りの肉体関係を持ってしまったと、正常心ではない時に起きたような浮気だったら、まだ許せるかもしれません。

でも相手が結婚していたとしたら・・。
ましてかわいい子供がいるとしたら・・。

そこに深い愛情を見てしまったら、おそらく、いや、絶対許せません。

でもね、現実問題、いきなり離婚なんてことは、子供がいる場合はなかなか踏みきれません。

それは子供、お金、住む場所や仕事の問題など、様々な問題を抱えているからです。

友人が感情にまかせて離婚したことを後悔しているように、1度冷静になって考える必要があるのです。

離婚した後の生活のことをじっくりと考えてみよう

「腹が煮えくりかえるほど許せない、もう死にたくなるほどつらい。」

死にたくなるほど悲しい時は、ほんとつらいですよね。

でもちょっと落ち着いて、感情がグツグツ熱い鍋で燃えたぎっている時は、1度火をパチッと消してみましょう。

1度冷静に考えて、相手を許すことも検討できませんか?

つらさのあまりに「1回限りの浮気も許せない。すぐに離婚だ!」と、とっさに考えてしまうかもしれません。

たしかに許せない行為であるのは、紛れもない事実です。

ただし、後先のことを考えずにいきなり離婚に踏み切るのは、あまり賢い手段ではありません。

煮えくり返るほど腹が立つ気持ちは分かりますが、まず気持ちをスーッと落ち着かせて、冷静になって考えてみましょう。

大好きなハーブティーなどを飲んでから、ゆっくりと考えましょう。

「離婚をした後の生活はどうなるのか」です。

子供の笑顔を奪うことになりませんか?
離婚後の生活費はめどが立っていますか?

離婚をすると、大切なものさえ失います。
子供にだって会えなくなるかもしれません。

「1度ぐらいは、浮気を許す選択肢もあっていいのではないか」と考える余裕が必要です。

相手を責めるだけではなく、自分にも原因がないか考えよう

あなたは他人のせいだけにしていることって、ありませんか?

相手を責めるだけではなく、自分にもどこかに原因がないかどうかじっくりと考えてみましょう。

「私には何も悪いところなんてないわよ、決して悪くない!」

そうとも限りません。

私も夫婦げんかをしている時、相手ばかり責めていて何度も離婚寸前までいってしまいました。

でも実は自分が子育てや仕事やお金のことでイライラしていることを、夫にぶつけていただけのことがありました。

夫にぶつけたことが結婚したことを見直すきっかけとなって、今は離婚しないでよかったと心の底から思っています。

旦那と離婚したい時に簡単にはできない理由。マイホーム購入前に考えておきたい35年住宅ローン返済というリスク

夫婦2人きりで会話をしているか。
夜の関係は、冷め切っていないか。

イライラしてばかりで、ケンカばかりしていていないか。

浮気をしてしまう原因が、1つでもある可能性を秘めているかもしれません。

相手はさびしかったり、刺激をほかに求めたりして、浮気に走ってしまったのかもしれません。

私も実は夜の夫婦生活がまったくないことに悩んでいたこともあり、恥ずかしい気持ちを一切捨てて、自ら夫婦生活の改善を試みていきました。

夜の夫婦生活が長年ない私が取った肉食系解消法。浮気や不倫や離婚しないために取った行動

まだお互いに夫婦で改善できる余地がないかどうか、早まる行動を起こす前に1度落ち着いて考えることが大切なのです。

つらい経験は時間が癒やしてくれる。人生は勉強だと受け入れる

fire-candle-flame-hearts

「なんでこんなにつらいんだろう?もう生きていけない。」

生きていると、立ち直れないほどつらすぎることが襲って来る時があります。浮気や不倫したことは、一生許せないぐらいあなたの深い傷になるに違いありません。

受けた時の傷は、ズキズキして涙で血がにじんで、もだえ苦しむかもしれません。

でも傷って傷跡にはなりますが、癒えない傷はないのです。あなたの心の傷が癒えるまでに、長い時間が必要なのです。

私も体にたくさんの傷跡がありますが、心の傷は時間と共に癒えていくことができました。

体の傷跡を消したいと思っても一生残る。でも心の傷跡はいつか癒える時が来る

無理やり許すのではなく、「許せない気持ち」をあなたが受け入れましょう。私も父が突然自ら命を経ったことに対して許せない気持ちでいっぱいでしたが、今では受け入れて生きています。

「これも人生勉強なんだな。大切なことを学べたのかな。」

浮気や不倫がきっかけで、家族の中で「夫婦」という2人の愛する人間同士の関係を見直すきっかけをいただけたと思いましょう。

つらい時につらいことを受け入れる努力をすることも、生きていく中でとっても必要です。

「許す」という受け入れる覚悟を持つことって、マイナスばかりではなくプラスにもなります。

つらい時には、1人で悩んで抱えていたらダメですよ?

友人も私に時々話して、つらいことを吐き出してすっきりしているようです。

友人はかなり後悔したみたいですが、ひと回りも大きく心が成長したみたいでして、これからバリバリ働いていくと固く決意していました。

許せるか許せないかは、やはり人によって違ってきます。許せなかったら、その時に踏み切ればいいのです。

でも、たった1つだけ覚えておいてください。

人生で起きた事実は変えられませんが、意味は変えられます。

起きたことをいつまでもクヨクヨ悩むのではなく、自分で変えていきましょう。

冷静になって考えた後に、2つの道のどちらかを歩いて行くかは自分自身が決めていくのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう