ソフトバンク・au・ドコモ「学割」「U25割」情報2016。子供が携帯やスマホを持つのにもっともお得な時期はいつ?

我が家では、次女が来年度から小学生になります。

月日が流れるのはとっても早いですね。
あっという間に過ぎ去った6年間でした。

今までは、毎日保育園までお迎えに行く必要がありましたので、携帯や家のカギをもたせる必要はありませんでした。

しかし来年度からは、学校から学童クラブへ自ら行って、学童クラブからは直接家に帰ってきます。

自治体や学童クラブによっては、親のお迎えが必要になってきます。

現在長女が通っている学童クラブでは、ほとんどの子供があらかじめ決められた時間になると自分で帰宅するようになっています。

そうなると、友達や1人で帰ることになります。

幼稚園や保育園でずっと守られていたのに、1人歩きを自由に始め出しますからとっても心配になってきます。

「いざという時のために携帯を持たせてあげたいな。」

何かあったときの連絡用に、子供用の携帯を持たせてあげたいと思うようになりますよね。

子供用の携帯って、いつ頃持たせてあげればお得に持つことができるのでしょうか?

子供用の携帯はいつ購入すればよいの?

携帯キャリアでは、毎年1月ごろから「学割」や25歳以下の人がお得になる割引サービス「U25割」などの名称で、学生向けに料金の割引きキャンペーンを行っています。

基本的には1月から5月の間が子供用の携帯を購入するには、やはりベストなタイミングでしょう。

ouenwari1_20151223

長女が使っている携帯も、2013年2月に「ドコモの応援学割2013」というキャンペーンで購入しました。

このときはなんと「36ヶ月間月額0円」というとんでもないキャンペーンをおこなっていましたので、2年間で支払った金額は月額2円というユニバーサル料金だけです!

2016年1月以降になると、各社から「学割」や「U25割」の詳細が発表されてくると思いますので、その際にはまたお得な情報をアップデートしたいと思います。

最もお得なのは3月に親の携帯をMNPとともに新規加入

「学割」などのキャンペーンを行っているときに、子供用携帯を購入するのがお得なわけですが、親が持っている携帯は何もお得になりません。

最もMNPに対するキャッシュバックが出ると言われている3月に、複数台MNP + 子供用携帯の新規加入がお得と思われます。

現在でも「iPhone6」は、MNPにて一括0円で購入できます。

3月になれば「iPhone6s」あたりも、もしかすると一括0円になってくるかもしれません。

2015-12-23 11.21.29

ただし最近は携帯料金を引き下げ、販売奨励金の縮小を求められていますので、確定情報とは言えませんが、3月くらいまではなんとか続きそうな気がしています。

親のスマホが格安スマホだったらどうしよう?

親が使っている携帯やスマホが、ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリア携帯であれば、キャリア間の乗り換えがお得になります。

しかし、親のスマホが端末にSIMカードを入れて設定して使うMVNO、いわゆる格安スマホの場合、キャリアに乗り換えをすれば、月額料金がほとんどのケースで上がってしまいます。

親が格安スマホで子どもの携帯をキャリアで購入すれば、家族間でも通話料もかかってしまい、お得ではありません。

格安スマホの場合、月額900円前後から使えますから、子供用の携帯料金でスマホを利用することもできます。

いざとなったら、子供にも格安スマホを買って、それを利用するのもお得と言えるでしょう。

実際、我が家でも親が格安スマホを使っていた時には、「iPod Touch」を使って通話していました。

月額たったの3円ですが!ソフトバンク「みまもりケータイ」代わりに取り入れた我が家の無料通話方法とは

スマホを持たせることが心配の方は、ぜひ検討してみるといいですよ。

我が家の場合はどのようにしたのか?

我が家の場合は、月額料金を下げるために格安スマホや家のWi-Fiを使った「iPod Touch」で通話なども使っていましたが、すべてまとめてauにMNPしてしまいました。

au MNP一括0円 キャッシュバック付きでGalaxy S6 Edgeを入手!携帯は複数回線同時契約がお得

「でも30秒で20円も通話料がかかってしまうじゃない!」

子どもだけ別の携帯会社を使っていると、子どもから電話がかかってきたときに、携帯料金が気になってしまいます。

逆に自分から電話をかけようとしても、通話料が気になってしまったり・・・。

あとは、データ通信用に「IIJmio」も契約しています。

でも基本的にキャリアであるauのほうが通信品質は安定していますから、パソコンを持ちだしてテザリングのような大量の通信をしそうなときのみ、「IIJmio」を使用しています。

iijmio_kupon_20151223

auをメインで使っているので、データ通信が相当あまってしまっていますけれどね。

我が家は8月にMNPしたばかりですので、月額料金の割引もまだ残っていますし、再度のMNPは現在のところ考えていません。

mamorino3_detail_01-side

2月か3月になったら、auの「マモリーノ」にする予定です。

その時々に合わせてどれが最適化を考えていくことが、通話料を節約できることにもつながっていくのです。

通話料を気にするならキャリアの方がだんぜんお得

大人だけの利用であれば、格安スマホでもいいでしょう。

しかし、子供用の携帯電話(防塵・防水・セキュリティ機能などがあるもの)を使いたいとか、家族間通話を無料にしたいとなると、まだキャリアのほうが使い勝手が良いと思います。

子どもが大きくなって、自分でスマホを管理出来るようになれば、子供用に格安スマホを使わせても良いかなと考えています。

しかし「子供に携帯なんてまだいらないわよ!どこでも勝手に自由に遊んできなさいよ!」と思うようにしないと、本当はいけないのかもしれません。

親が子供の自立する心を育てることが、1番お得な方法であることに間違いありません。

もしこれから子供にどうしても携帯を持たせたいと思われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

お得情報も大切ですが、子供の成長を「みまもる心」も大事にしたいですね。

キャリア3社の学割を比較してみました

au・ソフトバンク・ドコモ学割2016はスマホデータ通信対応がメイン。子供向けのキッズプラン3社比較

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住小学校2人の娘を持つ母。機械メーカーで10年間勤務した後に独立。Webサイト運営、ブロガー、ライター。

このブログは家計管理や貯金などお金との向き合い方、自分らしい生き方や働き方を見つけて人生をプラスに変えていける方法を誰にでもわかりやすくお届けしていきます。