小学校の新学期がスタート!通学や学童で不安がいっぱい。この時期を乗り越えるために1番大切なこと

小学校でも入学式が各地でいよいよ始まりました。
ランドセルを背負った姿に目がウルウルになりますね。

私もちょうど1年前の入学式はワクワク感でいっぱいでした。

でも同時に不安と心配ばかりしていました。

「ちゃんと小学校に通えるかな?」

保育園までは先生が見てくれていたのに。
1人で勝手にどっかに行かないかしら?

仕事と育児とでてんてこまいに。
子供のことで頭がいっぱいです。

しかし何とか春の嵐を乗り越えることが出来ました。

一体私はどうやって乗り越えていったのでしょうか?

共働きの場合学童弁当は頑張らなくていい

obentou_20150406-min

保育園では毎日お給食が出ておりました。
しかし入学して2週間ぐらいは給食が出ない所がほとんどです。

学童保育に預ける方はお弁当を作らなければなりません。

これがかなりしんどいです。
作り慣れていないからです。

2週間も弁当との格闘が始まります。
仕事も家事もあるのにパンク状態です。

心配になって娘の学童保育の様子を調査しました。

「お弁当ってみんなどんなの持ってきているの?」

聞く所によると、キャラ弁なんてみんな持ってきてないそうです。

よく気合を入れてキャラ弁とか特集されているじゃないですか?
みんな朝からピンセットを持って作ってなんていないです。

本当は作ってあげたかったですけれどね。

働いていて忙しいから当たり前です。
弁当より他の事に力を注ぎましょう。

おにぎりに夕食のおかずだそうです。
私なんてほとんど冷凍食品に頼っていました。

「お母さん、今日のお弁当おいしかった!」

それでも毎日こうやって学童弁当をペロリとおいしく食べていましたので、心配し過ぎないで下さい。

子供は見た目ではなく食べられればいいのです・・・。

新学期の学童弁当は気合を入れないことが乗り切るコツです。

子供の力を信じて玄関で見送りをしてあげる

「ちゃんと学校にたどり着いてくれるかなぁ?」

聞いた話によると、お母さんが4月の間は毎日いっしょに登校して行く方がたくさんいたそうです。

私はこれを聞いて正直びっくりしましたが・・・。

子供がきちんと登校してくれるか心配なのはわかります。
でも小学校1年生ってすごいしっかりしています。

新学期ですと、黄色い旗を持ったボランテイアの方が目を光らせて見守っていてくれます。

その方達を私は信じて、初日から小学校まで30分もかかる道を1人で行かせました。

子供も親から信じてもらえているという安心感があるのでしょうか?

帰ってきてから目がキラキラと輝いていました。
でも時には疲れて落ち込んで帰ってきたり・・・。

一進一退していましたが、一緒に登校はしませんでした。

親が子供のためにいろいろとしてあげることは甘やかしです。
子供の将来のためにはまったくなりません。

厳しさは、優しさです。

もっと子供の力を信じてあげましょう。

学校や学童のプリント類はしっかりとチェック

学校の様子や行事などは紙のプリントで知ることが出来ます。

保育園でも同じでしたが、このプリント類は情報の宝です。

忙しい方は、この紙に書かれていることだけが貴重な資料になります。

子供が帰ってきたらくまなく目を通した方がいいですよ?

我が家の長女のランドセルの底には、プリントがぐちゃぐちゃになっていた事がよくありました。

まるでボロボロの宝の地図のように・・・。

何度も提出物や持ち物を忘れて怒られました。
面談や保護者会の日程がわからなくて何度も電話がかかってきました。

我が家は先生に完全にマークされていました。
ほんと先生、大変ご迷惑をおかけいたしました。

ダメ母の私から言えることは、新学期から子供に習慣づけをさせておいた方がいいということです。

「今日プリント類先生からもらわなかった?帰ったらお母さんに出そうね。」

毎日帰ってきたら最初にプリント類を出すように言い聞かせました。

同時に明日の授業の準備もさせました。

それからはようやく忘れ物が減ってきました。
通知表も忘れ物が減ったと書かれるようになりました。

 

2015-04-06 10.01.31-min

プリント類は、壁にコルクボードをつけて見えるようにしておくと便利です。

載せるためにわざと裏返しにしていますが、いつもはオモテ向きに貼ってます(汗)

我が家の壁には、小学校用、保育園用、永久保存版用(連絡網など)の3つのコルクボードが壁に貼ってあります。

ダイソーなどの100円ショップで買えますし、ネット上にも売っています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

この時期を乗り越えるために親が1番大切にすること

何だか季節の変わり目ってただでさえ疲れます。

転職だったり。
異動だったり。
引越しだったり。

気分的にすごいストレスがかかります。

そんな時に子供の新学期のことで頭がいっぱい。
自分のことなんて構っているヒマがありません。

でもここでちょっと待ってください。

1番大切なことは子供ではありません。

自分自身が笑顔でいることが大切です。

家事や仕事や周りとのかかわり合いで精いっぱい頑張っています。

でも自分自身が倒れてしまったら、まったく子供にもいい影響を与えません。

子供自身も緊張感でいっぱいになってしまいます。

頑張りすぎて倒れないようにして下さい。

休んだっていいんです。

去年の私の家なんてグチャグチャでした。
同時に心の中までがグチャグチャでした。

でも自分の性格上、手が抜けなかったのです。
そして、とうとう倒れましたから・・・。

無理してはゼッタイだめですよ!

子供は新しい生活への順応能力が非常に高いです。
ぜんぜん心配いらないと思いますよ?

親が1番この時期に大切にしなければならないこと、

そのこたえは自分自身です。

自分を1番いたわってあげてください。
大変だったら助けを周りに求めてください。

子育ってほんとうに思い通りにいかないです。
思い通りにいかないから楽しんじゃえ!ですね。

不安やストレスもありますが新学期ってワクワクがいっぱいです。

小学校に慣れて新しい学校生活が楽しく送れるといいですね。

小学校の春休みの宿題がない時の乗り越え方はこちら

小学校の春休みに宿題がない時はどうやって過ごす?しんどい長期休み中の我が家の乗り越え方

2 件のコメント

  • こんばんは。

    うちの子(次女)も今日入学式でした。

    本当に、初めての学校生活、心配でいっぱいです(^^;)
    でもそうですね、子供の順応力を信じて送り出してやるしかないですよね。
    失敗も自分の力をつけるための経験ですもんね。
    それより、自分が倒れないように。
    ホントに、そう!
    特にお仕事されてるお母さんはそうですよね。
    私も(専業主婦だけど(^^;))適度に力を抜いて、子供のことを見守ってやりたいと思います。

    桃音さんのお仕事ももう少しですね。
    心残りのないよう頑張ってくださいね。

    • ayaさんへ

      桃音です。

      次女さんの入学おめでとうございます!

      私も去年は本当にちゃんと通えるのかと、ハラハラしっぱなしでもうどうしようかと思っていました。

      でもいつの間にか自分で用意して行くようになってすごい楽になってきました。

      仕事中も気になっていたのが、いつの間にか気にならなくなったり。

      これから私ももっと子育て頑張らなくてはと思っている次第です!

      そうですね、ほんと今の仕事は最後ですね。
      このさきどうなることやら・・・。

      課題が色々と山積みなので、1つ1つ片付けていきたいと思います。

      コメントありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    橘 桃音(たちばな ももね)

    東京都多摩地域在住小学校2人の娘を持つ母。機械メーカーで10年間勤務した後に独立。
    このブログでは、生きていく上では欠かせないお金や家のこと、自分らしい生き方や働き方など、1度きりの人生を前向きにシンプルに変えていける方法をお届けします。

    人生相談も無料で受付中です。お気軽にご相談下さい。https://momonestyle.com/life-counseling