2015年12月20日 

年末の大掃除は部屋の中だけではない!ムダな家計のゴミを捨てて年始までにお金が貯まる家計に変身

12月なんて、あっという間に終わってしまいます。

気がついたら「え?今日は紅白歌合戦?!」って、赤ら顔になっているかもしれません。

師走の忙しい時期ですが、12月は年賀状やお歳暮の準備のほかに、部屋中の大掃除をされる方が多いと思われます。

年末の大掃除は「チェックリスト」を作って、100均のお掃除グッズでやれば、時間もお金も節約することができます。

大掃除の便利グッズは100均がコスパ最強!お金なんてかけなくてもできるおすすめ節約掃除グッズ10選

「ふぅ〜、これでお正月ようやくのんびりとこたつでぬくぬく・・。」

いやいや、大掃除でなにか大事なことを忘れていることはありませんか?

大掃除は部屋のそうじだけではなく、ムダに膨れ上がっている家計の大掃除をするとってもいい機会です。

年末にどのように家計のゴミを見直したら、年始に貯まる家計に変身ができるのでしょうか?

1年間パンパンにたまってしまったポイントカードを断捨離

気がついたら、財布の中にいつの間にかポイントカードがいっぱいになっていることってありませんか?

「こちらのポイントカードお持ちですか?お作りいたしますか?」

「は、はい・・。」

お店の人に言われて断れない人は、財布の中にパンパンにポイントカードが貯まっていってしまっているはずです。

財布に入りきらずに、ポイントカード入れなんて持ったら、入れる余裕があるからどんどん貯まっていってしまいます。

私はそれがイヤなので、ポイントカード入れは持ち歩いていません。

自宅にカード入れはありますが、今日の予定を決めてそこから必要なカードしか持ち歩かないようにしています。

そうすると、ムダなお店には入らないようになっていきました。

ポイントカードは1ヶ月に2〜3回以上行かないかな?というお店のカードは、作らないようにしています。

何が財布に入っているのか把握する意識が、貯められる脳へと変えることができます。

クレジットカードも本気で必要だと思う枚数にしぼる

2015-08-27 12.36.37

ポイントカード同様に、クレジットカードに関しても無料だからと作っていると、いつの間にか増えていることがあります。

クレジットカードが増えすぎることによって、管理が面倒になったりポイントが分散して効率よく貯めることができません。

また問題なのが、クレジットカードはお金を借りることができるキャッシング機能がついています。

これは金融機関にとってみたら、カードを保有しているだけで借金とみなすことがあります。

これから住宅ローンの審査を受けようとしている人は、借金を多く抱えていると判断されて審査に通らない可能性があります。

公共料金などを引き落とすのに使うようなメインのカードと、よく行くショッピングセンターのカードや交通系のカードなど、多くても2〜3枚にしぼるようにしましょう。

我が家なんて、この年度末に夫婦で共有で使うためにたった1枚に絞りました。

すべてのポイントが集約できますし、家計管理もラックラクになってとってもスッキリとしました。

ムダに定期的に購入しているものを洗い出してみる

いつの間にか無意識に定期購読している雑誌や有料のセミナー、有料会員制のフィットネス、ムダな通信費のオプションなどありませんか?

面倒くさいから定期購読でいいやと、なんとなく入っていることってあると思います。

これってなんか定期的に入っているだけで、安心感を買っているだけに過ぎません。

本当に毎月その雑誌は必要なのか、毎月その習い事やフィットネスに行っていたのか、ムダなスマホの有料オプションなど、定期点検する機会を持ちましょう。

とくにスマホやタブレットから手軽にゲームなどは課金ができる時代になりましたので、これが本当に要注意です。

pazudora_20141110

我が家の夫も、パズドラや白猫プロジェクトの課金をやめてスッキリしたぐらいです。

白猫プロジェクトガチャの課金で4,100円が一瞬で消えてなくなった。私が白猫プロジェクトをやめたわけ

私は事業に必要だった有料のセミナーに定期的に入っていましたが、思い切って最近契約を解除しました。

無意識だったものを、あえて年末に意識してみることが大切です。

なんとなく支払いしているものを、ザーッと洗い出してみましょう。

点検方法はカードの明細だったり、通帳を見れば一目瞭然です。

「あ、この月額300円の音楽配信サービスはもう使ってないよな。」

結構な数が出てきたりするものです。

習慣化してしまった行動を見直して、行動の断捨離化をする

2015-09-01 06.56.01_staba

意外と自分が無意識に行っている行動って、結構あったりします。

無意識のうちにスーパーやコンビニに行くクセ、なんとなく時間が空いているとカフェに行くクセ、駅の売店でガムや新聞を買うクセなど、日頃から「なんとなく浪費」をしていませんか?

お金がないけれど出かけたいにチョット待った!お金が貯まらない人がショッピングモールで浪費を防ぐ方法

この「なんとなく浪費」は、結構やっかいでして、体と脳に染みこんでいる行動です。

100円だからいいやと思うと、1ヶ月で3,000円、1年間で36,000円とかなりの金額になります。

36,000円あったら、年末の豪華ディナーに行けてしまいます。

すべてのちょこちょこ買いがムダと言ってしまうと、かなりのストレスにもなってしまいます。

私は会社員だった頃は、財布からほとんど買うことはありませんでした。

共働きだからってお金を浪費して散財しないぞ!私の平日1ヶ月の財布からの驚きの支出額

しかし、フリーランスになってから、スタバ通いがやめられなくなって、かなりの浪費家になっていました。

「お金貯めたいし、住宅ローンも完済したいから、ムダにスタバには行かない!」

夫にも宣言して、他人からの監視をしてもらって意識するようにして、近くにいてもスタバに行かず、家に帰るようになりました。

意識をしてムダな習慣を断捨離化していけば、自然と消えていくことがわかりました。

年度末という区切りを利用して家計の大掃除をして、貯まる家計を目指す!

大掃除って、本当は年末になんてやらなくて済むぐらい日頃から気をつけていれば、する必要なんてまったくありません。

日々余計なものを持たないように意識していれば、必要なものだけを持つ暮らしをすることで、浪費をしなくても済むようになります。

年末年始ってどうしても気が緩みがちになってしまって、散財する元になってしまいます。

ちょっとした節約術を知っているかどうかで、何万円もの差を生み出すことができます。

クリスマス・年末年始のお得な過ごし方。年賀状や帰省などでお金がかかるからこそかしこく節約!

それでも日頃からがんばっているのですから、多少は散財してもいいとは思いますけれどね・・・。

でも習慣ってなかなか直せる機会がありませんので、年末を利用するのも1つの手です。

本気で貯めたいと思ったら、今年中に家計のゴミは捨て去りましょう。

ゴミは浪費のもとです。

必要な物で満足できる人は、余分な出費がありませんので、お金が貯まっていきます。

部屋もスッキリとして家計もスッキリとさせて、新しい年を迎えるようにしたいですね。

めんどくさい大掃除なんて計画せずに、乗り切るコツはこちら!

年末大掃除を計画せずに上手に乗り切るコツ。大掃除しない我が家の「ついで掃除グッズ」を大公開!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう