第2回「全国ふるさと甲子園」開催!福井から淡路島までおすすめのご当地グルメを5つご紹介!

あの日テレで毎年放送される「24時間テレビ」と同じ日である2016年8月27日(土)に、なんと第2回「全国ふるさと甲子園」が開催されることになりました。

台風10号が近づく蒸し暑い日に、熱い夏の戦いが東京都内で激突です!

第1回目は「人来るかな?大丈夫かな?」と心配しておりましたが、第2回目は秋葉原という好立地に恵まれたおかげか、たくさんの人が訪れました。

第1回「全国ふるさと甲子園」の食べつくしレポ!ご当地グルメとご当地の方の愛にいっぱい触れてお腹も心も幸せ

今回は小学生以下は無料だったこともあり、家族4人で参加することに!

ドラマや映画のロケ地となった55団体の熱い戦いの中、いっぱい食べて楽しんできました。

今回のご当地グルメの中で、「これはおすすめ!」と思われる5つのグルメをご紹介したいと思います。

ソフトバンク お父さん犬の故郷!福井名物「ソースカツ丼」

mm_2016-08-27 11.31.59

ソフトバンクのCM「〜白戸家の故郷の夏〜」に出てくる「一乗谷朝倉氏遺跡」は、白戸家の故郷でもある福井県福井市一乗谷にあって、ロケ地としても有名です。

 

mm_2016-08-27 11.33.04

福井県が発祥で名物グルメといえば、「ソースカツ丼」です。

我が家も福井に身内がいることから、福井県にはかなり熱い思いを抱いています。

東京で「カツ丼」くださいって言ったら、卵とじのふわふわカツ丼が出てきますが、福井県福井市では、カリッカリの揚げたてのカツに、ソースをくぐらせたカツがごはんの上にのっているだけです。

 

mm_2016-08-27 11.35.18

こちらが「ソースカツ丼」です!
かぶりついて食べるのかしら?

 

mm_2016-08-27 11.35.50

カリッカリのカツに、ソースが甘辛くからまっていて、これはスタミナがたっぷりつきそうです。

白戸家のお父さん犬は、こんなにおいしいソースカツ丼を食べていたのかと、おうちでも福井のソウルフードをマネして作ってみようかと思いました。

大人気アニメの舞台!埼玉県秩父名物「あの花 どら焼き」

mm_2016-08-27 11.42.55

テレビドラマ化もされたほど大人気アニメである『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の舞台となったのが、埼玉県秩父市です。

都心からわずか80分で行ける地にある秩父市は、自然、花、祭り、グルメにパワースポットが楽しめる観光文化都市です。

秩父市は「秩父夜祭」や「龍勢祭(りゅうせいまつり)」などたくさんのお祭りがありますし、今では人気アニメの舞台地として、四季を通して全国よりファンが訪れている作品の聖地となっています。

 

mm_2016-08-27 11.42.26

秩父市から出展されているのは、秩父限定の「あの花 どら焼き」です。

「あの花どら焼き」のパッケージが、とってもかわいらしいですよね。

 

mm_2016-08-27 11.49.54

「あの花」の”めんま”に直接聞いてみたのですが、このどら焼きは大好物だそうですよ!

 

mm_2016-08-27 11.52.00

ふわっふわでしっとり甘い生地の中に、ほどよい甘さの白あんこが実においしい!

アニメの舞台にもなった埼玉県秩父が、アニメの聖地である秋葉原で食べられるなんて、夢のコラボが実現して感動的でした。

八王子のパンカツは、多摩地区大表するC級のソウルフード

mm_2016-08-27 11.44.00

多摩地域に住む地域ブロガーとして、地元のふるさとご当地グルメをご紹介しないわけにはいきません!

八王子発の地域ドラマとして出た「東京ウエストサイド物語」のロケ地となった八王子市は、都内市町村で第1位の人口をほこる多摩地域最大の都市です。

有名なのがパワースポットと呼ばれている「高尾山」でして、駅前に日帰り温泉施設がオープンしたほど、都内有数の観光地としても有名です。

京王高尾山日帰り温泉『極楽湯』がオープンしたので行ってきた。登山帰りの疲れがとれる癒やし施設

 

mm_2016-08-27 11.45.23

福井県福井市が「ソースカツ丼」だとしたら、東京都八王子市は「パンカツ」です。

「パンカツ」は、戦後に食料が不足していた時に、豚肉のカツを子供たちに食べさせることができなかったために、作られたのが起源です。

食パンに衣をつけてカツに見立ててつくり、仕上げにウイスターソースをかければできあがりです。

 

mm_2016-08-27 11.46.18

まさに見た目は、トンカツそのものです!

肉汁ジューシーなトンカツではありませんが、中のパンはフワッフワで、食感はまさしくトンカツそのものです。

協会の方がB級ではなくC級グルメと呼んでいるのは、八王子市内の本当に小さな地域限定で、安価な食材だけで作っているからだそうです。

八王子市民の方も知らない人が多いぐらい、とっても小さなグルメなのだそうです。

なんとも謙虚な姿勢で、泣けてくるじゃないですか!

懐かしい昭和の味がする八王子市民に愛されているからこそ、「パンカツ」は、地元愛がギュッと閉じ込められたソウルフードと言えることでしょう。

 

mm_2016-08-27 11.47.33

「日本パンカツ協会」のフェイスブックもありますので、ぜひいいね!を押してください!

愛情いっぱいあふれるご当地グルメがある八王子市に、みんなぜひお気軽に来てくださいね!

兵庫県明石市「あかし玉子焼」は、ふわっふわで絶品グルメ!

mm_2016-08-27 11.39.56

兵庫県明石市は、ドラマ「半沢直樹」のロケ地としても有名です。

明石市は、ギネスにも認定されている世界一のつり橋「明石海峡大橋(あかしかいきょうおおはし)」があり、壮大な景観が見られる地です。

 

mm_2016-08-27 12.05.08

ロケ地としては最適なスポットがたくさんある中で、明石市のご当地グルメとしては、「あかし玉子焼(明石焼)」がとっても有名です。

私は今年の初夏に、兵庫県に行ってきたのですが、その時に食べた「あかし玉子焼」がメチャクチャおいしかったのです。

もうあの味が忘れられなくて、今回東京の地で食べられることを本気で楽しみにしておりました。

 

mm_2016-08-27 12.05.19

東京では大阪と同じように、たこ焼きが一般的ですが、こんなにおいしい食べ物があるのかとびっくりしてしまったぐらいです。

 

mm_2016-08-27 12.10.05

食感はプルっとふわっとした玉子風味で、かつおだしの魚介系のうまみたっぷりつけ出汁につけて食べます。

いやぁ〜、おいしかった!

ソースをつけてもよし、出汁だけでもよしで、色んな感触と味を楽しむことができました。

最強のご当地グルメは、第1回目王者「淡路島たまねぎ」

mm_2016-08-27 12.02.52

なんともおキレイな方ですこと!

第1回目の優勝団体である、大人気NHK連続テレビ小説「あさが来た」のロケ地となったのは、兵庫県淡路島です。

淡路島はとにかくおいしい食の宝庫でして、淡路牛、ハモ、タイ、フグなど、たくさんの特産品があるのが特徴です。

 

mm_2016-08-27 11.57.40

その中でも日本一美味しいと言われるのが、淡路島の「玉ねぎ」なんです!

淡路島 = 玉ねぎ

と言っても、過言ではありません。

昨年も淡路島のブースにお邪魔しましたが、「淡路島たまねぎ」がおいしくて本気でびっくりしてしまいました。

去年も実際に淡路島方面に旅行に行った時に、淡路島産の野菜をたくさん堪能してきたのですが、新鮮で甘みたっぷりでこんなにも野菜っておいしいのかと感動したぐらいです。

朝食のおいしいホテル全国1位「ホテルピエナ神戸」に泊まりに行って、人気ブッフェの売れている秘密に迫ってきた

玉ねぎって、食卓にとって万能食材ですから、玉ねぎがおいしいことで、料理の旨味もまったく変わってくると思います。

 

mm_2016-08-27 11.59.08

玉ねぎスープは、玉ねぎの甘みがギュッと詰まっています。

 

mm_2016-08-27 12.00.53

玉ねぎカレーは濃厚な味で、玉ねぎの甘みとコクがすごく入っていて、パンとの相性バツグンでした。

玉ねぎの素材の味を活かして、甘味成分がギュッと詰まったたまねぎの味は、口の中がとろけてしまうほど絶品のおいしさでした。

お値段はなんと1玉200円もするビックリ価格なのですが、スーパーに売っている玉ねぎより1玉がとってもでかいのです!

2連覇になってもならなくても、淡路島の玉ねぎは本気でおいしいですので、1万円出してでも「ふるさと納税」でお取り寄せしようと考えています。

第2回「ふるさと甲子園」は、地元愛がギュッと詰まっていた

mm_2016-08-27 12.18.41

第2回「ふるさと甲子園」は、今回午前の部だけ参加してみたのですが、とにかく第1回目と比べると、さらに熱気が熱く感じられるイベントでした。

雨の日でも土曜日開催だったこともあり、ものすごい人混みで動けないほどで座るスペースもなかったこともあり、子供たちがヘトヘトになってしまっていました。

できれば、少しでもいいので座れるスペースがどこかにあると、子連れとしては非常にうれしかったです(泣)

でもご当地ゆるキャラがかわいすぎて、子供たちは見たこともない生物(?)を見て触って楽しんでいましたし、秋葉原に新しい癒やしをもたらしてくれました。

 

mm_2016-08-27 11.14.28

1つの地域にいるとどうしても視野がどんどん狭くなって行きがちですが、忙しい現代社会では、なかなかたくさんの地域に気軽に行くことができません。

多数の地方団体が1箇所に集結することで、色んなご当地グルメが一同に楽しめてしまう「ふるさと甲子園」は、全国一周を短距離走でできてしまうようなすばらしいイベントでした。

ふるさと同士の熱い想いがとっても感じられて、地方愛をギュッと感じ取ることができました。

回数を重ねるごとに大きくなっていく「ふるさと甲子園」ですが、第3回目も開かれるのでしょうか?(ぜひ開いてください!)

55団体のみなさま、楽しくておいしいひとときを本当にありがとうございました。

また来年も、ぜひともよろしくお願いいたします。

追記:第2回「全国ふるさと甲子園」の投票結果

2回目の投票結果は、こちらのようになりました。おめでとうございます。

  1. 静岡県 沼津市
  2. 愛知県 蒲郡市
  3. 千葉県 いすみ市
  4. 千葉県 勝浦市
  5. 兵庫県 淡路島

ロケ地&ご当地グルメの祭典!第2回「全国ふるさと甲子園」情報はこちら

  • 日時: 2016年8月27日(土)
  • 場所 :アキバ・スクエア(秋葉原UDX 2F)
  • 住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1
  • アクセス:JR秋葉原駅 電気街口より徒歩2分
  • 昼の部:11時00分~14時00分
  • 夜の部:16時00分~19時00分
  • 表彰・閉会式 19時30分〜
  • 参照:第2回「全国ふるさと甲子園」の公式サイトはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産と生活家電が大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。