注文住宅購入を失敗して大後悔。日当たりが悪くて育児に集中できずにノイローゼ。どうしたらいい?

mm_20160824_110641

マイホームを持ちたい人にとって、注文住宅は憧れだと思います。

自分の気に入った土地に、自分の好きなような間取りで建てられますから、童話に出てくるようなステキな家を建てることだって可能です。

自分たちの思い通りに自由に建てられる注文住宅だからこそ、家が建つまでにやることがいっぱいです。

しかし、家を建てる時にいいことばかりではありませんよね。

土地探しから間取り、オプションなど、予算オーバーにならないように気を取られてばかりいると、後で思いっきり後悔することだってあるのです。

注文住宅を建てたのに日当たりが全然悪い。ノイローゼ状態に

現在育児休業中でお子さんが3人いらっしゃる方から、注文住宅を建ててから後悔しているというご相談をいただきました。(一部抜粋)

土地から探していた時に、予算と広さで決めてしまいました。

北西角地の高低差のある土地で東側が2メートル高く、南も吹き抜けがあるからと思い、間を十分にとりませんでした。

家のつくりも東側南側に水回り、階段やロフト、中2階のようなスペースのためリビングや子供部屋が北側になりました。

南側の家が、家まわりに廃材などを置いており、そちらに洗濯ものを干したくないと思い西側に物干しスペースをとっています。隣がゴミ屋敷に近い状況をわかっていながら買ってしまいました。

中途半端なロフトにより吹き抜け窓が2階の床の高さで、なおかつ南に寄せすぎたため日当たりが悪いです。

朝日は年中あたりませんし、冬は昼からしかあたりません。

土地に難があっても注文住宅だから明るくできるだろうと思っていたのですが、朝日もあたらない、居住スペースに陽があたらないで精神的にうつになりそうです。

注文住宅だから大金つぎこんでいますし、ローンも残っています。

笑顔で暮らすはずが、暗い表情で接してしまいます。

このままだと子供にも申し訳ないし、引越したいのですが、日当たりで引越したいと思うのはわがままでしょうか?

日当たりがこんなに重要とは失って初めて気づきましたし、もっと子供たちに集中して生活したいのにノイローゼ気味で、子育てに集中できないことが一番つらいです。

人生終わりのような境地で、こんな失敗なんてうちだけだとこの5年間モヤモヤしています。

日当たりのために引越しをして大損することは、間違っているのでしょうか?

注文住宅を建ててから5年間、よく頑張られてきましたね。

ずっと誰にも言えないような悩みであったでしょうに、どれだけつらかったことでしょう。

同じ経験をしているだけに、私も心境がとってもよくわかります。

笑顔になるために買った家だったはずなのに、笑顔を失ってしまっては生きていて楽しいはずがありません。

こんな時に、「すぐ家を売ってしまえ!引越しちゃえ!」なんて簡単に他人は言うことができますが、当事者はそう簡単にはいきません。

まずは考え方から、変えていってみることにしましょう。

日が当たらないということは、夏場は涼しく光熱費が安い

日が当たらないことをとっても悲観的に考えていらっしゃいますが、今の日本は夏が6〜10月まであるんじゃないかと思うぐらい暑いです。

冬場は寒いかもしれませんが、夏場はかなりリビングや子供部屋は涼しいのではないでしょうか?

日当たりのいい家はとってもよく見えてしまいますが、家の中まで紫外線がいっぱい入ってくることで、人もモノも日焼けしてしまう可能性が増えてしまいます。

我が家は南向きの高層階マンションですが、夏場は死ぬほど暑くて室内で熱中症になりそうですよ・・。日当たりのいい家っていいことばかりじゃないです(泣)

家の中で1番お金を食うエアコン代も、夏場はかなり安くなるのではないでしょうか?

日本は四季がある国だからこそ、色んな対策が必要になってきてしまいますが、デメリットがメリットに変わることだってあるかと思います。

日当たりを改善したければ、天窓をつけるという手段もあり

mm_tenmado_20160924

ロフトはあるようですが、天窓という「トップライト」はついていますでしょうか?

北側向きの家で南側にスペースが取れなくて日当たりを確保できない家には、2階をリビングにしたり天窓をつけて、日当たりを確保するなどの方法があります。

すでに建てられていますから、天窓を付けることが1番手っ取り早い方法です。

デメリットとしては、夏場は暑い、雨の音がうるさい、掃除ができない、メンテナンス費用がかかるなどがあります。

でもメリットとして採光性がよくなり、断熱性の高いガラスを使用すれば、夏は熱がこもらず、冬は外部へ熱が出ていくことを防げるので、光熱費にかなり効果的です。

自然光が入ってくることで、今は失っているあなたの笑顔もどんどん増えていきます。

窓の開閉も「手動式」と「電動式」と2種類あり、施工主によって品質も価格も全然違ってきますので、こちらもよく比較検討する必要があります。

家を売るよりは、価格は安いはずです。

まずは家に日当たりを確保するオプションをつけて、現在の状況を改善できないかを考える対策が必要です。

日当たり以外の近所の環境は、どこに行ってもあると考える

お便りをよく拝見すると、日当たりで悩んでいるだけではないような気がします。

隣の家がゴミ屋敷のようになっていることも、同様に悩んでいるのではないかと思われます。

今、家の問題の悩みで1番に多いのが騒音、そしてゴミ屋敷などの「ご近所トラブル」ですが、これはどこに住んでも必ず出てくる問題です。

ひどいと嫌がらせをされることだってありますが、嫌がらせをされなくてもご近所同士の付き合いは大なり小なり何かしら問題が発生してくることが多いです。

子供が小さい時は仲が良くても、受験時期になった途端に仲が悪くなってしまったり、隣の子がピアノを習いだしたらうるさくなったとか、いきなりトラブルになることも。

まだ廃材だけなら、全然問題ないかもしれません。廃材を木材のアートなオブジェと思い込むとか?!

私も結婚してから10回ほど引越しを経験していますが、ご近所トラブルで悩まなかったことなんて1度もありません。

どこに引越しをしても、ご近所づきあいの悩みはあると思っていた方が心がラクになるかもしれません。

一戸建てのご近所嫌がらせトラブルでもう売りたい!子供の声やタバコ問題でノイローゼになりそうな時の対処法

家は3回買わないとわからないと思うほど、100%完璧にはいかない

建てた家の作り自体は、とっても気に入られているのでしょうか?

「家は3度建てなければ満足できない」と言われている通り、住まないとわからないことがあるのは本当のことですし、何かしら不満点が出てきてしまうものです。

私なんてすでに3回買っていますし、猛勉強してたくさんの土地や家を見てから買いましたが、それでも家に対する不満っていっぱいありますから(汗)

どんなに多くのお金を出して立派な家を建てても、どんなに予算を削って小さな家を建てても、100%完璧に満足できる家なんてありません。

日当たりは不満だけれど、近所の環境はいいし、家の設備には満足しているとか、どこかで妥協点を打たないとずっと不満ばかりの生活になってしまいます。

不満ばかり抱えていると、家の中までが暗くなってしまいます。

自分の中で満足できた点、不満な点を1度ノートに書き出してみて、納得出来る部分が多ければそれでよし!と思えるように持っていってみましょう。

育児休業中なナーバスになるもの。環境が変わると心も変わる

お子さんが3人もいらっしゃって育児休業中となると、もうそれはそれは大変すぎる環境ではないのでしょうか?

赤ちゃんを生んでからしばらくは、通常以上にホルモンバランスが崩れてしまい、いつも以上にメンタルがナーバスになってしまいます。

私も育休中はいつもと環境が違っていたことで、ホームシックにかかったかのような状態で、「産後うつ」状態に陥っていました。

子供を育てるだけでも壮絶に大変なこと、職場ではなく1日中家にいることで、通常以上に家のことが気になってしまっている神経質な状態かもしれません。

保育園の子育て広場や近くの子育て支援センターなどに行って、気分転換をするようにしてみてはいかがでしょうか?

なるべく家にいない作戦を取って、家のことなんて忘れてしまう時間を多く作ってみるのです。

子育ても家のことも悩み相談できる仲間が、もしかしたら見つかるかもしれません。

環境が変わると、心も変わってきます。

少し外部に助けを求めて、心を開放してあげるようにしてみましょう。

笑顔を失うほど悩んでいるなら、私は引越しをしてもいいと思う

「色々試してみたけれど、やっぱりもう無理だわ。」

天窓も検討してみたし、外部に助けを求めてみたり、心の改善もしてみたけれどやっぱりもう限界で心が崩壊しそうだわという時、

私は、もう引越しをしてもいいと思います。

あなたが家を買った時の目的って、一体何だったか覚えていますでしょうか?

誰よりも立派な家を買いたかった、家の外観を自慢したかった、それが本当の気持ちではなく、お子さんと家族が笑顔になるために買われたのではないでしょうか?

家はお金を出せば買うことはできますが、笑顔は買うことはできません。

親が笑顔を失っている状態では、子供にもその気持ちが伝わっていってしまい、みんなが楽しい暮らしをすることができなくなってしまいます。

立派な家に住んでいても、中が暗くては、どんなにいい明かりをつけてもまったく明るくなりません。

お子さんが1番欲しいモノは、立派な家でも家具でも車でもキッチンでもなく、ママの笑顔がなによりも1番欲しいはずです。

家を売ることは最終手段として、まずは身内に相談、出来なければ賃貸物件に引越しが可能であれば1度移って、ゆっくりと考えてみてはいかがでしょうか?

慌てなくていい。苦しみを乗り越えていけば次はいいことがある!

mirai_tenki_20180925

色んな意見があるかと思いますが、ここでハッキリと私の結論を申し上げます。

日当たりのために引越しをして大損することは、間違ってません。

私のように、騒音がイヤで引越しをして大損しても、今は幸せに生きている実例が実際にいることが何よりも代えがたい証拠です。

家選びを失敗した人なんてこの世に自分しかいないのでは?なんて、思い込まないでくださいね。同じことを考えて落ち込んでしまった人が、ここにいますよー!

ただ、もう済んでしまったことをいつまでも後悔していても、何も変わりません。

今現在はナーバスでネガティブになっているからこそ、冷静な判断ができずに、甘い誘惑があるとどんどん悪い方向にいってしまうよくない状態です。

引越しは、そう簡単に出来るものではありませんし、家を売るにしても引越しをするにしても、プラスにお金は動くことはありません。

住宅ローンもあることで、残債を一括返済できないと家は売ることができなくなり、色んな売却手段を考える必要があります。

家の売却は住宅ローン返済中でも出来ます!不動産での大きなお金の痛い経験が人を大きく成長させる

すぐに出て行きたい気持ちもとってもよくわかりますが、まずは1番身近な身内の人に、心の中を全部打ち明けて相談してみてはいかがでしょう?

まずはご主人に、心の奥底からすべての悩みをぶちまけてみましょう。

人生の岐路は、夫婦で真剣に腹を割って考えることが大切です。

営利目的であなたのお財布を狙っている人はたくさんいる状況ですから、そんな人に近づいてはダメですよ?

人生どん底という気持ちの時こそ、慌てずにゆっくりと考えてみてください。

私も家を売る時に、もう人生終わりだー!って叫んでいましたが、今は人生楽しいぞー!に変わりましたよ。

苦しみがある時は、生きているだけですばらしいと思うこと。

今がつらいと感じていれば「次は必ずよくなる!」と、何度も口に出してみましょう。

「言霊(ことだま)」は、イヤなことをよくする魔法の力を持った「おまじない」です。

今起こっている苦しみが学びのチャンスになり、これからの人生、オセロのように黒が白にひっくり返り、これから来る未来は幸せになれるのです。

苦しくてつらい時こそ、決してあきらめないで下さい。

家を売りたいけれど、どうしていいかわからないあなたへ

ie_uru_20160402

「家を売りたくても、どうしていいかわからない!」

「とにかく高く早く売りたいけれど、営業力がある会社が知りたい!」

マイホームの購入に失敗してしまい、家を売りたくてもどうしていいか困っている方も多いのではないでしょうか?

家を売るなんて一生に一度あるかないかぐらいですから、すごい不安だと思います。

どうしていいのか、さっぱりわからないですよね。

そんなあなたにおすすめなのが、不動産一括査定サイト「イエウール」です。

なんと1,200社以上の会社から、あなたにピッタリの不動産会社を簡単に知ることができます。

入力する項目はとっても簡単で、なんとたったの60秒入力で、スピード査定依頼をすることができます。

「査定する会社って選べるのかしら?突然電話がかかってこないか不安。」

がんがん電話がかかってきたら不安ですよね。
でも「イエウール」なら、だいじょうぶです。

m_ieuru1_2016-04-02 15.04.12

査定方法は「訪問査定」「机上査定」か、どちらかを選ぶことができます。

訪問査定までしなくても、おおよその査定額でいいわという方には、とっても便利ですよね。

m_m_ieuru2_2016-04-02 15.05.51

不動産会社も全部依頼したくなければ、チェックをはずして選ぶことが可能ですし、コメントで「メール連絡希望」など書くことができます。

選べないサイトが多い中、「イエウール」のように選べるのは非常にうれしいシステムです。

たったの1分入力して、今のあなたの家の価値を調べてみましょう。

家の売却をしてお金の問題を解決できるのは、あなたがまずは1歩でも行動を起こした時なのです。

査定自体は無料ですので、あなたが損することはありません。

査定を放置していることで、どんどん価値が下がって損することはあります。

まずはあなたの家の「おねだん」を出してみましょう。
思わぬ高値がついてびっくりするかもしれませんよ?

我が家っていくらで売れるのかしら?「イエウール」でたったの60秒入力して、いくらか確かめてみる

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立。在宅でブログ運営や地域メディアライターをしています。

このブログでは、お金との向き合い方、自分らしい働き方や生き方など、人生のあらゆる不安をなくして、1度きりの人生を前向きにシンプルに変えていける方法をお届けしていきたいです。