育児ストレスもう限界!イライラ爆発で育児ノイローゼになって壊れてしまった私がした発散と対処法

mo_ikujinaki_20160303

「もう育児なんてヤダ!イライラする!もう限界だわ。」

育児ストレスで、頭の中がイライラして爆発しそうになったことってありませんか?

特に赤ちゃんの頃は言うことを聞かなくて、ひどいストレスを受けます。

何を言っても泣くばかり。
抱っこしても泣くばかり。

イヤイヤと言うばかり。
だだをこねるばかり。

せっかく作った離乳食も食べない。
夜中に起こされて、寝不足続き。

赤ちゃん時代が終わって大きくなっても、やっぱり育児ストレスでいっぱいです。

目覚ましが鳴っても起きてこない。
せっかく作ったご飯も食べない。
歯磨きもしないでウロウロです。

ランドセルもほったらかしで、保育園バックも自分で準備なんてしません。

「なんでこんなに子供って言うこと聞かないの!」

仕事と育児の共働き両立生活の中で、寝ないで仕事に行くことなんてしょっちゅうでした。

まぶたの上に目を書きたくなるほど、精神と体力ともに疲れ果てていました。

今だからこんなに冷静になって言えますが、ひどいストレスで育児ノイローゼになってしまい、心が壊れてしまったことがあります。

まったく言うことを聞かない長女に疲れきっていた

momone_border-collie-674147_1920

母がとても頼りにしている現在8歳の長女は、2歳児の時はとっても手を焼く子でした。

犬で言うとやんちゃなボーダーコーリーです。
牧羊犬のように瞬発力だけはすさまじいのです。

保育園の送迎で他の子はスイスイと部屋に入って行くのに、長女は車を降りたら猛ダッシュで逃げるのです。

保育園の周りの団地の中を走り回り、保育園の先生に朝から応援要請です。

私は何度も長女を追いかけ回して捕まえて保育園に送っては、会社を遅刻する日々が続きました。

 

mo_nakigao_20160303

「うぁ〜!!ぎゃ〜〜!ヤダ〜!」

帰りは帰りで車のチャイルドシートを完全拒否です。
ひどい時はまた逃げ出して道路に飛び出したことも!

車がその時ちょうど来ていたらと思うと考えただけで、背筋がぞっとします。

チャイルドシートを無理やり締めようと帰りに30分も格闘して、あまりのイライラでもう頭がパニックです!

思わず衝動で、長女の首を絞めそうになったことも・・・。

母は毎日の保育園の送迎に、心も体もヘトヘトになって疲れきっていました。

夫は育児に積極的だったのに育児ノイローゼ

夫は家事にも育児にも何でも積極的です。

今で言うイクメンであったことに、間違いありません。
残業もほとんどせず、飲みにも行かずまっすぐ帰宅です。

洗濯や掃除なども積極的。
夕食の買い物にも積極的。

家の中で家事分担の体制は出来ておりました。

しかし何だろう?

ずっとイライラが止まらなかったのです。

子供に対してはイライラするのは当たり前なのですが、どうしても夫に対してイライラするのです。

イライラがついに限界にきて、完全に育児ノイローゼになっていました。

何かがぷつん!と切れました。

「もう私、この家出て行くわ!」

今から6年ほど前の暑い夏の日に、バック1つだけを持って子供を2人置いて家を逃亡しました。

1日1人になってゆっくりと考えました

mo_coffee-983955_1920

朝に家を出て、ショッピングモールをブラブラです。
久しぶりに目に止まったスタバに入ってみました。

「わたし、いつからスタバに来てないんだろう?」

独身の頃はよく通っていましたが、結婚して子供が出来てからはほとんど行かなくなりました。

2時間ぐらいゆっくりしながら、温かいラテを飲んでいました。

次に入ったのが本屋さんです。

「いつも絵本コーナーにしか行ってないなぁ。」

独身の頃は1日中本屋で立ち読みしていたのに、やっぱり来たのは久しぶりで、ファッション誌やビジネス本など読みあさっていました。

そのあと映画館に入って1人で映画を観ました。
あえて子供が観られないヤツにしました・・・。

「今頃子供たち、どうしているかなぁ?大丈夫かなぁ?」

なんだろう?慣れって恐ろしい。

いつも子供を追いながら歩いている私です。
今日もなぜか視線はメスライオンのようです。

1人でいることに慣れてなくて、途端に心がザワザワとしてさびしくなってきました。

家に帰るか。

1人になって考えたことで、頭の中のイライラがおさまっていました。

「ただいまー!遅くなってごめんねー!」

1人で家出した時間は、朝の8時から19時です。

夫が慣れない手つきで、必死にスパゲティーを作ったのでしょうか?
娘2人は、口の周りをオレンジにしておいしそうに食べていました。

育児ストレスが爆発した原因とは

保育園時代に、自分自身が育児ストレスがすごくて爆発した原因を考えてみました。

子供がいれば、誰でも子供に振り回されます。

それはなぜか?

自分時間軸ではなく他人の時間軸で動くからです。
自分の思うようにいかないことにイライラします。

でも子供自身には何も罪はありません。

私がもっとイライラしていたことは何か?

根底は夫に対するイライラでした。

私は自分の都合で好きなように動けないし、仕事が終わったら10分以内にダッシュで保育園です。

どんなに仕事が残っていても、雨の日も台風の日も雪の日も、どんな時でも私がお迎えで、私の心の中のポイント切替えはありません。

でも夫は決められたレールをはずれて、自由自在に走りまわることが出来ます。

「ちょっと今日残業で遅くなるから。」

「今日帰りに買い物してくるから。」

頭ではとてもわかっています。

夫だって仕事で疲れている。
文句を言ってはいけない。

でも・・・、

自由に動ける夫がメチャクチャうらやましい!

自由に出来ない自分に向かってイライラで爆発していたのです。

育児でヘトヘトに壊れる前に1人の時間を持とう

mo1_butterfly-832007_1920

今となっては、とても反省していることがあります。

もっと1人だけの時間を持てば良かったなぁと。

仕事と育児を両立するために、お互い我慢していました。
夫に対する八つ当たり以外の何ものでもありませんでした。

言いたいこと言うのも大切だけれど、言い出したらケンカになります。

夫婦でいる時間、子供と一緒にいる時間はもちろん大切です。

でもずっと一緒にいると自由がなくなってしまい、全てが束縛されてしまいます。

だから、育児で手一杯で疲れ果てそうなときは、

思い切って逃亡しましょう!

自分自身を見つめる為には、1人の時間が必要です。
プライベートを充実させ、心を満たすことが大切です。

「自分自身、本当にどうしていきたいのかなぁ?」

1人になって落ち着くこと。
自分の悪い所を反省すること。

素直に感じたままを受け止めるのです。

「私はやっぱり家出したのは間違っていたな。」

帰ったら謝ろう。

1人で素直に判断することが出来ます。

自分の心の中の声を聞く時間を持てば、明日からまた仕事と育児を頑張る元気が出てきます。

子供への虐待なんてもってのほかです。

怒りが静まらない時は、身近な人に怒りを爆発させましょう。

逃亡して息抜きしてすっきりした気持ちで子供と接した方が、よっぽど子供のためになります。

旦那さんもそんな機会を、奥さんにぜひ与えてあげてください。

奥さんの育児ストレスが、スルスルとなくなるかもしれませんよ?

おしゃれでかわいらしい授乳服がないと困っているあなたへ

mm_sweet1_20161201-down

「かわいらしい授乳服って、ないかしら?」

お店に行っても、かわいらしい授乳服やマタニティウェアってなかなか見つからないですよね。特に冬の時期は、モッコモコの雪だるまのようになってしまいます!!

赤ちゃんを連れてゆっくりと買い物にも行けないし、急がないといけないから満足出来ずにとってもイライラしてしまいます。

そんなお悩みのあなたには、授乳服とマタニティウェアのネットショップ専門店「スウィートマミー」がおすすめです。

「スウィートマミー」は、妊婦「らしくない」プレママ・産後ママ向けのおしゃれな授乳服・マタニティウェア専門店です。

数多くの芸能人や人気読者モデルも愛用していて、TV番組への貸出や雑誌掲載など実績が多数あるショップです。

「ネットショップ大賞2014」では、なんと18,934店舗の頂点である「金賞」を受賞したすばらしいお店です。

2015年には妊娠中の熊田曜子さんをイメージモデルに商品を展開して、実際の妊婦さんや授乳中のママの声を聞きながらオリジナルの商品を開発されています。

マタニティ服なのに、妊娠中からお腹の目立たないオリジナルなグッズが多数あります。

周囲の人目を気にせず授乳できる授乳服は、 授乳口が目立たないので、卒乳後でも着ることができますのでコスパ最強ですね。

値段以上の価値があること、間違いなしです。

もうあなたは、授乳服選びで悩むことなんてありませんよ?

私もこんなかわいい授乳服を来ておしゃれママになって、街中を歩きたかった〜!

芸能人御用達のマタニティウェアを着て、楽しい授乳ライフを送ってみてくださいね。

産前から産後まで長く活躍できるかわいらしいマタニティウェア&授乳服を選んでみる

育児放棄したくなるほど悩んでしまったあなたへ

育児放棄したくなるほど子育てがしんどい時、ひとり時間を持つことはダメな母親でも何でもない

育児でイライラした時に、怒りをどうやって解消したらいいかわからないあなたへ

育児ストレスでイライラと不安でたまった気持ちはガマンしない。怒りをアピールして開放してあげよう

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立。在宅でブログ運営や地域メディアライターをしています。

このブログでは、お金との向き合い方、自分らしい働き方や生き方など、人生のあらゆる不安をなくして、1度きりの人生を前向きにシンプルに変えていける方法をお届けしていきたいです。