子育てしながら仕事をし続けたい時はどうしたらいい?自分の中のブロックをはずしチャレンジする勇気を持て!

mm_pexels-photo-128622

「子育てしながらでも、仕事を続けたいけれどどうしたらいい?」

日本の女性は男女平等という観点から考えても格段に低く、いまだにせっかく仕事についても約6割の人が出産を機に退職しているのが事実です。

家事育児に専念するために自ら辞めた人、仕事と育児の両立がむずかしくて辞めた人、勤務時間や職場の雰囲気が合わなくて辞めた人。

日本はどうしてこうも、女性(男性もですが)が働きやすい環境が整っていないのでしょうか?

アメリカなんて女性管理職が40%以上もいるのに、日本は1%台・・。世界各国とは比べものにならないぐらい、日本では男尊女卑の世界が続いています。

男性中心の働く環境の中でも、子育てしながら仕事を辞めずに自分らしく働き続けたい人も多くいるはずです。

子育てしながらでも働き続けたい人は、今の自分の中で持っている固定概念を1度取っ払って考えて欲しいことがあるのです。

現代の働く社会は、どうしても男性中心の厳しい世界

「女性に仕事なんて無理だろう。」

「長時間、ハードな仕事なんて女性に任せられない。」

女性管理職や役員が増えずに、女性が育たない原因の1つとして、やってはいけないとわかっていても、男性を仕事上優位に扱うような「無意識の偏見」を持っていることが多いです。

成長につながる仕事や機会を女性に与えない傾向があり、女性は最初からハンディを背負ってスタートしていることがあります。

悲しすぎますが、これが厳しい現実です。

もし女性が男性のように社会で評価や成果を出そうと思ったら、男性のように、いや男性以上に長時間バリバリ働かなくてはいけません。

でもこのままでは、まったく女性は社会で活躍していくことなんてできません。何か自分の中でモヤモヤしている「壁」を取っ払っていく必要があります。

女性の中で持っている「踏み出せない壁」を取っ払おう

こんなに長い歴史の中で男性優位の時代が続いてきたわけですので、すぐに女性が活躍しようと奮起しても、現状を変えることなんてむずかしいですよね。

女性の地位が低かったこともあり、家事、子育て、近所・親戚づきあいなど、女性にはさまざまなしがらみが出来てしまいました。

「やっぱり自分には無理だわ、自分は働くことなんてできない。」

これだけ多くのしがらみがあることで、女性は一歩踏み出す前にどうしても引いてしまうのです。

自分自身をどうしても周りより低めに設定してしまったり、トップを目指す意気込みが欠けていってしまうこともあります。

これが「踏み出せない壁」です。

自分の中で作っている壁があることで、周りの人と違うことをすると、嫌われることや失敗することに対する「恐れ」が出てきてしまうのです。

やっぱり怖いですよ、家庭が崩壊しちゃうかもと考えると、誰だって踏み出せないです。私も家庭崩壊するぐらいなら仕事なんてしたくないです(泣)

行動しようと思っても壁が邪魔して出来ない、チャンスをつかむ確率が減っていき、多くの女性は戦う前に敗れてしまうことになってしまうのです。

でもこの壁があるから、どうしても仕事を辞めてしまう人、壁にぶつかって辞めざるを得ない人が後を経ちません。

壁にぶつかって悩んでいる人達を、私は何とかしたい!

実はとってもステキな身近な実例がありますので、ご紹介したいと思います。

やりたいと思ったことがあった時、先入観を捨てて飛び込んだ

mm_singapore-1490618_1920

私の友達で2人の子供を育てながら、自分で希望してシンガポールの支店に赴任した人がいます。

悩んだのが子供をどうするかですが、結果的に子供は自分と一緒に赴任先で暮らすことにして、旦那さんは日本に残って働く選択肢を選びました。

「3年ぐらいは別居生活だね」とさらりとメールでも言っていましたが、こんな決断が出来た彼女は本気ですごいと私は思っています。

「心の中で勝手に自分の限界を作っていたんだけれど、でもこの限界を取り外すまでにはかなりの時間と経験が必要だった。」

38歳になるまでずっと日本で働いてきたわけですから、それは環境を変えるなんてとっても勇気がいります。でも勇気を出して一歩踏み出せたわけは、

「このままこの世界だけしか知らないようでは、世界が狭くなってしまう。」

人生は有限です。自分のやりたいこと、今の環境で生きることに危機感を抱いているのであれば、飛び出すことが必要であると感じたのです。

自分の中で勝手にブロックして作っていた「踏み出せない壁」を、自らの力でぶっ壊したのです。

社内や子供の学校、そして旦那さんとは本気で何度も何度も話し合って決めた一大決心であったに違いありません。

「女性は男性と同じように働けないと思っていたけれど、勝手に自分の限界を作っていただけだったよ。」

自分が作っていた壁をぶっ壊した彼女は、今でも国をまたいで家事と仕事と子育てと結婚生活をグローバルに両立しているからすごいです。

女性だから無理、子供がいるから無理という先入観を捨て去ること、これが自分の中で勝手に作っているブロックをはずすために大切な要素なのです。

他人をうらやましがっていては何もできない。自分を確立する

「こんなに華やかな世界にいる人がうらやましいわ。自分には無理・・。」

家事も育児も両立して、輝かしく充実した人生を歩んでいる人や、幸せそうな生き方をしている人を見ると「うらやましい」というねたみの感情が出てきてしまうかと思います。

私も実は、正社員を続けたくても家庭の事情で続けられず、辞めて違う働き方を選択せざるを得ない人でした。

友達のように輝かしく海外で働いている人、すでに管理職に就いていて男性の部下がいる友達を見ると、やっぱりとってもうらやましく思ってしまいます。

しかし他人のことをうらやましがっているだけでは、何もいいこともないですし、何も変わりません。

自分がただみじめになるだけです。

今の働き方や生き方、それを選択していったのは自分自身ですし、これが自分の運命であると思って、私はただ目の前に起こっていることを真剣に取り組むようにしました。

働き方は変わっても、自分なりに工夫したりチャレンジしていったおかげで、色んな人から感謝され、信頼されるようになり、他の仕事も任されるようになっていきました。

他人のことをうらやましく思ったとしても、今の自分に自信を持ち、自分がやるべきことにエネルギーを集中させていくことで自分の道が開けていきます。

他人のことをうらんだり妬んだりする余裕なんてないぐらい、自分の働き方や生き方を確立させることに集中する。

自分は自分。他人は他人。

自立している人は、他人の生き方なんかに惑わされることなく、すぐに我に返ることが出来るのです。

あの人はお金持ちでうらやましい。良いねたみと悪いねたみの違いを知って自分の嫉妬心をマネーパワーに変えよ

内なる壁を取っ払い、失敗してもいいからチャンスをつかめ

mm_pexels-photo-154015

男性社会の中で、女性が前に出ることや上に出ることなんて無理だ、働いていないで家事や子育てに専念しなさいと言い続けられた時代に終わりを告げようとしています。

でも長く染みついてしまった習慣や慣習を変えることは、なかなかむずかしいです。

でも周りを変えることはむずかしくても、自分を変えていくことはやろうと思えばできるはずです。

いつかやろうではなくて、今すぐやるのです。

自分自身の中に作っている「内なる壁」をぶっ壊し、100%完璧な両立なんてしなくていいのですから、目の前に与えられたものをまずはやってみる。

子供がいるから無理もうダメ!となった時に、自分がやりたいことをまずは優先させる生き方に罪悪感なんて持たずに、まずは無心でやってみることです。

思い切ってやってみた結果、上司から周囲からも認められてどんどん上にいけるチャンスは広がっていきます。

周りに気を遣い、自分が見えなくなっていることが多いからこそ、自分軸を確立して自分だけに集中していきましょう。

失敗したっていいじゃないですか?私なんて両立なんて全然出来ていなかったし、転職歴だけは誰よりも自慢が出来るぐらい、もう失敗だらけの人生ですよ・・。

目の前に出てくる大小の壁にぶち当たりつつも、チャレンジ精神だけは忘れずに、そして変わることを恐れずに生きるようにしています。

「本当は仕事をやり続けたい!」と思っていたとしても、小さな子供がいると家庭の事情で、チャレンジしていくことをためらってしまうこともあると思います。

「仕事か、家庭か。」の2択ではなく、ちょっとした工夫や夫婦の話し合いで両立が可能になるかもしれません。

「あれ、これ。」ではなく、「あれも、これもできないか。」と大きく考えてみることです。その中で最終的にどうしたいかを決めていってもいいのです。

人生の半分はトラブルで、残りの半分はそれを乗り越えるためにある。

by アメリカの映画監督 リンゼイ・アンダーソン(映画「八月の鯨」より)

人生なんて失敗とトラブルの連続で、「内なる壁」を乗り越えるために生きているようなものです。

自分に自信を持ち、目の前にあるチャンスをつかみ、たくさんのことにチャレンジしていきましょう。

仕事と家庭も両立して働きつづけたい!「リブズキャリア」

momone_IMG_6233 2

女性はどうしても仕事と育児、家事などの家庭との両立が、人生の中でとっても大事なターニングポイントとなってきます。

でも世の中に出ている求人って、女性にやさしい働き方がとっても少ないのが現状です。

会社員でキャリアを積んでいきたいと思ったら、キャリア女性向け転職サービス「LiBzCAREER(リブズキャリア)」がおすすめです。

業界初のキャリア女性に特化した会員制転職サービスで、「リブズキャリア」ならではの豊富なルートで女性の転職を手厚くサポートしていただけます。

無料会員登録をすれば、厳選された100社及び200人のコンサルタントからスカウトを受け取って、サポートを受けながら転職活動を乗り切ることが可能です。

人生はまだまだ長いですから、せっかく築き上げてきたキャリアを失わずに、出来るかぎり長く働き続けていきたいですよね。

夢を叶えたければ、ただ「行動」するだけでいいのです。

行動しなければ、この先の人生で後悔するかもしれませんし、楽しい人生を生きるかどうかは、あなたが人生でチャレンジする勇気を持つことなのです。

一生キラキラと輝いて働いていけるかどうかは、あなた次第なのです。

「リブズキャリア」に登録をすれば、あなただけに合ったステキな「うれしいお便り」が届きますよ。

キャリア女性の転職サイト「LiBzCAREER(リブズキャリア)に無料で登録をしてみる

今の人生を変えたい!自分らしい働き方や市場価値をさらに知りたい方へ

ワーキングマザーはしんどいと感じることはあるけれど、別の幸せもある

共働きの仕事と子育てと家事の両立は正直しんどくて疲れる。でも仕事だけでは得られなかった幸せもある

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立。

このブログでは、お金との向き合い方、自分らしい働き方や生き方など、人生のあらゆる不安をなくして、1度きりの人生を前向きにシンプルに変えていける方法をお届けしていきたいです。