新幹線の切符やチケットを安く買う方法。みどりの窓口やネットや金券ショップの格安料金を比較してみた

m_2016-06-22 07.17.03

普段から出張で新幹線に乗り慣れているサラリーマンの方からしたら、大笑いされるかもしれません。

私、38年間1度も新幹線に乗ったことがありませんでした!

お恥ずかしい!どこかに顔を隠す穴ってなーい?(お尻は出ちゃいそう)

東京郊外の田舎でずっと引きこもっていたゆえに、方向音痴で旅行が大の苦手なのです。

去年はじめて新幹線に乗る機会があって「新大阪」まで行ってみたのですが、実は出張に慣れている夫に新幹線の切符を手配してもらいました。

乗ったら快適すぎて、もうびっくり!
機会があったら、また行ってみたい!

新幹線に乗って色んな所に行きたくなってきた私ですが、やはり新幹線代ってとっても高いです。

どうせ同じ場所に行くなら、出来るかぎりお得な手段で行きたいです。

これからの人生で旅をさらに満喫するために、切符やチケットをお得に買える方法を比較して、格安に行ける料金をそれぞれ調べてみることにしました。

新幹線で東京から大阪までかかる時間と車両別の料金

view_2016-07-06-15.14.26 2

新幹線も全国色んな所を走っていますが、今回は東京から新大阪までの区間を調べてみました。

新幹線の切符は「みどりの窓口」や「券売機」があるJRの駅に行けば、直接買うことができます。

新大阪までかかる車両別の時間と料金は、通常どれぐらいかかるのでしょうか?

東海道新幹線で新大阪に行くと、「のぞみ」で最短約2時間30分で到着

m_2016-07-06 15.15.41

東京から新大阪まで行くには、東海道新幹線でN700系の新幹線である「のぞみ」「ひかり」「こだま」に乗って行くことができ、その所要時間の目安は以下の通りです。

  • のぞみ:約2時間30分
  • ひかり:約3時間
  • こだま:約4時間

「ひかり」が名前からして1番速そうと思っていたのですが、「のぞみ」が1番早いのですね!「のひこ」ちゃんって覚えておこう(笑)

自由席はどの車両も同じ金額。指定席、グリーン車はさらに高額に!

m_20160624_154847 2

車両編成は「自由席」、「指定席」、高機能のリクライニングシートがついた「グリーン車」の3つあります。

自由席は「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」のどの車両に乗っても、片道の通常料金は13,620円(乗車券8,750円、特急券4,870円)と同じです。

1番早く着く「のぞみ」の指定席だと14,450円(+830円)、グリーン車だと19,230円(+5,610円)と、かなりの金額差があります。

「ひかり」と「こだま」の指定席は14,140円と、「のぞみ」より310円安くなります。

1番疲れずに確実に座れて早く着く方法は、「のぞみ」のグリーン車が当たり前でして、お金と時間と快適度は比例することがよくわかります。

出張で忙しいビジネスマンだったら、やはり「のぞみ」の指定席で行くのがもっともオーソドックスな方法かもしれません。

「ぷらっとこだま」で予約すればお得!でもデメリット多数あり

m_kodama_20160705

大阪まで約4時間かかる「こだま」ですが、「JR東海ツアーズ」の「ぷらっとこだま」でチケットを予約をすれば、さらに安くすることができます。

指定席が、通常時期で片道10,300円(−3,840円)、グリーン車だと11,800円(−2,340円)です。

ただし「ぷらっとこだま」には、かなりのデメリットがあります。

  • 当日に購入不可
  • 指定した列車の指定席以外は利用不可
  • 途中乗車不可
  • 予約後の変更不可

もし乗り遅れた場合、後続列車の自由席も利用することができず、切符は買い直しをしなければなりません。

「ぷらっとこだま」は当日に買うことも不可ですので、通常料金で切符を買い直す必要があり、払い戻しをすることもできません。

全部の駅に停まることで4時間もかかり、乗り遅れたらかなりの損失になりますので、乗り遅れる心配がある時は決しておすすめできるチケットではありません。

「エクスプレス予約」と「プラスEX」がネットで買えてお得

mm_2016-07-26 15.33.24

「JR東海」の「エクスプレス予約」と「プラスEX」は、JR東海エクスプレスカード会員限定で使える東海道・山陽新幹線予約サービスです。

この2つの大きな違いは、専用カードの有無と料金と年会費です。

「エクスプレス予約」には「エクスプレスカード(もしくはJ-WESTカード)」という専用のクレジットカードが必要ですが、料金は基本的に「プラスEX」より安くなります。

「エクスプレス予約」で片道13,370円、「プラスEX」で片道13,940円となり、「エクスプレス予約」の方が570円安くなります。

「IC早特」を使って3日前までに予約すると、どちらも片道が12,340円ととってもお得になります。

しかも予約変更手数料が無料ですし、通常の特急券よりも安い特別価格で購入できます。

 

mm_2016-10-06-07-06-04

切符を入れることなく「EX-IC」カードをかざすだけで、改札をスイスイと通れますのでとっても快適です。

ただしモバイルSuicaを使って新幹線の改札まで来られた方は、改札ではなく駅員さんに見せる必要がありますので、通る時は注意するようにしましょう。

実際に利用するためには、申し込みから利用開始ができるまで、「エクスプレス予約」は約1週間、「プラスEX」は約2〜3週間程度かかります。

 

mm_2016-10-06-07-05-45

やっぱり切符がないというのは、とっても便利です!

出張や旅行で新幹線をよく利用する回数が多いという方は、持っておくととっても便利なサービスです。

金券ショップで買うと、ネット価格並みに安く買える!

m_2016-07-06 15.25.25

ネットのとってもお得なサービスを見た後ですが、街ナカで売っている「金券ショップ」でもお得に買うことができます。

 

m_2016-07-06 15.26.10

金券ショップの「大黒屋」に行って販売している格安チケットを見てきましたが、片道料金は指定席で13,400〜13,600円ぐらいが多かったです。

料金的には「エクスプレス予約」と、ほとんど変わらない価格で、通常価格より900〜1,000円ほど安くなるぐらいでしょうか?

しかし、金券ショップで売られている格安チケットのほとんどは回数券でして、年末年始やお盆前後などの繁忙期には使うことができません。

途中下車も不可ですし、回数券ですので有効期限(3ヶ月)もありますので、前もって買っておくと期限が切れてしまうおそれがあります。

当日急いで行かなくちゃ!と思った時に、金券ショップで買って単発で行く時にはお得な方法と言えるでしょう。

ホテル宿泊と新幹線のセットで買うのが実は1番お得かも

m_2016-01-10 13.45.26

今はとっても便利でして、往復の新幹線とホテルが自由に選べるプランがセットになった「JR+宿泊セットプラン」があります。

ビジネスホテルを利用するのであれば、宿泊代が無料になるくらいとってもお得な価格で行くことができます。

東京から大阪までなら、1人での利用でも格安に申し込みをすることが可能でして、出発3日前でも予約することが可能です。

しかも新幹線とホテルが最初から決まってませんので、自由に選ぶことができます。

格安ホテルと指定席にするのか。
高級ホテルと自由席にするのか。

ゴージャスに高級ホテルにグリーン車という組み合わせも、自由にすることができます。

東京と大阪間なら、新幹線もホテルの数もとっても多いですので、選択肢は自由に選ぶことができます。

申し込み方法は、ネットでチケットを予約した後に、郵送で自宅に届けていただけます。

 

m_2016-07-13 17.47.33

「日本旅行」の「JR+宿泊セットプラン」は指定席の予約が可能で、予約後1回に限り変更が可能ですし、乗り遅れても当日なら後続列車の自由席を利用することができます。

反対に、予約した時間より前の新幹線に乗ることはできません。

また新幹線の予約は1度限り可能ですが、ホテルは変更することができずにキャンセル扱いになります。

新幹線のチケットを当日忘れてしまうと、切符を買い戻さなければなりませんので絶対に忘れないように注意が必要です。

往復のルートが同じで泊まりがけで行く必要がある方は、1番お得な方法に間違いありません。

お得なプランほどすぐに売り切れてしまうこと必須ですので、ぜひ早めに「JR+宿泊セットプラン」のチケットを手に入れるようにしましょう。

結局どの方法で行くのが1番安くお得に行ける方法なのか?

m_2016-01-10 12.07.00

色々と格安に行ける方法を調べてきましたが、高い順に料金をまとめてみたいと思います。

  1. 「のぞみ」指定席:14,450円
  2. 「ひかり」「こだま」指定席:14,140円
  3. 「プラスEX」:13,940円
  4. 自由席:13,620円
  5. 金券ショップで買う格安チケット:約13,400円
  6. 「エクスプレス予約」:13,370円
  7. 「IC早特」:12,340円
  8. 「ぷらっとこだま」:10,300円

時間がかかりますが「ぷらっとこだま」が1番安く行けますが、やはり「エクスプレス予約」の「IC早特」がもっとも快適でお得な購入手段です。

 

m_20160110_132128

しかし、1泊してくるとなると、また話が変わってきます。

「日本旅行」の「JR+宿泊セットプラン」を使って1泊5,000円宿泊するとなると、「新幹線往復運賃+宿泊」にかかる合計金額は、以下の通りになります。

往復手段往復&1泊合計「のぞみ」指定席との差額
「のぞみ」指定席33,900円0円
「ひかり」・「こだま」指定席33,280円−620円
プラスEX32,880円−1,020円
自由席32,240円−1,660円
金券ショップチケット31,800円−2,100円
「エクスプレス予約」31,740円−2,160円
「IC早特」29,680円−4,220円
ぷらっとこだま25,600円−8,300円
JR+宿泊セットプラン24,100円−9,800円

「ぷらっとこだま」も安いのですが、宿泊するなら「JR+宿泊セットプラン」が最も安くなります。

m_kodama_2016-07-08 17.20.05

「こだま」で行くと、「ぷらっとこだま」よりセットプランの方が安くなりました。

 

m_hikari_2016-07-08 17.28.15

「のぞみ」または「ひかり」を利用しても、プラス3,000円ほどで泊まることができます。

禁煙ルームで和洋バイキングの朝食つきで「のぞみ」の往復指定席と宿泊のセットで27,300円と、破格すぎる価格です。

しかも他のサイトですと2名同時に宿泊じゃないと安くならないことが多いのですが、「日本旅行」は1人でもOKのプランがあるのがうれしすぎます。

1泊して行く予定があるなら「JR+宿泊セットプラン」が、他のどの方法よりも間違いなく1番格安で行ける方法と言えるでしょう。

こんなにお得な方法があったなんて、何でこの方法で前回予約しなかったんだろう・・。

1泊して大阪に行く予定の3日前でしたら、これは本当に予約しないと損してしまいますよ?

「日本旅行」で東京から新大阪へのお得な「JR+宿泊セットプラン」を予約してみる

自分に最適なお得な方法で行って、浮いたお金を有効活用しよう

m_20160706_151600 2

後ろの人、「まだかよ!」って見ているぐらい、「みどりの窓口」っていつも無駄に混んでいますから、実際に駅で買うのであれば「券売機」で買うことをおすすめします。

でももっとよく探せば、大混雑している窓口に行かなくても、ネットでお得に買えることがわかりました。

お金があればあるほど、快適なシートに座って早く着くことは間違いありません。

でも初めて乗ったグリーン車の新幹線内で、とってもタバコ臭い人が前の席に乗ってきて思いっきりリクライニングシートを倒されて、とても不快な思いをしました。

せっかく高いお金を出しても、マナーが悪い人が乗ってくるとまったく意味ないですが、こればっかりは運としかいいようがありません。

新幹線代を浮かして、旅先でおいしいランチ代に振り替えた方がいいのか、行きも帰りも旅の一部だから、新幹線内でおいしい駅弁を食べながら快適に過ごしたいのか。

どっちに価値があるかは、出張や旅の目的によっても違ってきます。

すべてにお金をかければ満足度が高いかもしれませんが、その分普段の生活でお金を引き締めるようにしていきたいですね。

人生は「目的」があるからこそ、必要なことが見えてきます。

自分にとって何がお得で何が行く目的なのかをハッキリさせて、最適な新幹線ルートで楽しい旅を満喫していきましょう。

窓口に並ばなくても、特急券と乗車券が購入できる!

mm_shinkansen_20161125

「やっぱり激混みの中で、窓口なんて並びたくない!」

新幹線のチケットって、窓口で取るのも時間がかかりますし、特に年末年始・GW・連休中は激混みで、並ぶのでさえイヤになってしまいます。

実は窓口に並ばなくても、ネット上で新幹線の特急券と乗車券が購入できる「シナジーチケット」というサイトがあるのって、ご存知でしたか?

シナジーチケットは、旅行代理店が運営する新幹線チケット販売サイトです。すでに購入実績は1万件以上もある信頼できるサイトです。

窓口に並ばなくても、忙しいあなたに代わって、希望の日時・区間の新幹線・特急列車の予約を24時間ネットで取ることができちゃうのです。

会社の出張手配や住んでいる近くに「みどりの窓口」がない方は、ぜひ「シナジーチケット」を利用して、ラクラク予約してしまいましょう。

銀行振込・コンビニ決済・クレジット決済にも対応していますので、「みどりの窓口」が空いていない夜中でも、簡単に注文することができます。

おうちで簡単に予約して購入して、快適でお得な新幹線ライフを送るようにしましょう!

新幹線の予約をネットで24時間並ばずに取れる!「シナジーチケット」を利用してみる

家族で旅行代やレジャー費を節約したい方は、こちらをチェック!

家族で旅行・おでかけ&レジャー費の節約術。割引クーポンや無料施設を利用してみよう

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立。

このブログでは、お金との向き合い方、自分らしい働き方や生き方など、人生のあらゆる不安をなくして、1度きりの人生を前向きにシンプルに変えていける方法をお届けしていきたいです。