130万円の壁が廃止されて106万円の壁に。お金をもっと稼いで働きたいと思った時こそ女性の人生の転機

Ripe Apple On Rooftop During Autumn Harvest

結婚、出産、そして子育て。

旦那さんが引っ越しを伴う転勤の時も、泣く泣く自分の仕事を辞めなければならなくなることもあります。

子育てと家事と仕事の両立が、女性の人生の中でどうしても課題となってのしかかってきます。

働き方がライフスタイルによって左右されるほかに、社会的な制度によっても働き方を見直さなければならないことがあります。

今まで何とか税金を払わずに働いていたのが、今度はどうしていったらいいのか考える時が訪れるのです。

そうです、パートで働く方達が悩む「お金の壁」が、さらにそびえ立つように襲ってくるのです。

女性が働く上で考えるべき103万円、130万円という「お金の壁」

女性の働き方でよく聞く「103万円の壁」「130万円の壁」など聞いたことがありますか?

旦那さんが自営業である場合や、奥さんが正社員として働いている場合には、103万や130万円の壁なんて関係ないかもしれません。

しかし旦那さんがサラリーマンで健康保険に加入しており、奥さんがパートで働いている場合には、おおいに関係してくる「壁」なのです。

103万円の壁を超えると扶養からはずれてしまう

奥さんの年収が103万円を超えると、所得税が発生してきます。

配偶者の扶養から外れる、つまり「配偶者控除」までもが受けられなくなります。

会社から支給される家族手当も、配偶者控除が受けられることが条件になっていることもあって、ダンナさんの給料まで減ってしまうおそれがあるのです。

130万円を超えると社会保険に加入する必要がある

次の壁として年収が130万円を超えると、社会保険や国民年金に加入する必要があります。

健康保険の扶養や会社員・公務員の妻が入れる国民年金の第3号からはずれて、自分で公的医療保険や公的年金に加入する必要があります。

自分が働いている会社の社会保険や厚生年金に加入して、国民年金は第1号被保険者になり、自分で払う必要が出てきます。

つまり、余計なお金を支払う必要が出てきますので、働いてもその分手取りが減ってしまうから困るということです。

せっかく働いても手取りが減ってしまったら、イヤになって働く意欲がなくなってしまいます。

しかし、ここでさらなる壁が待ち受けています。

「手取りが減ってしまうのがイヤだから、129万円までにしているのよ!」という方が、今後さらに大変なことになっていくのです。

130万円の壁が106万円の壁とさらなるハードルが!

今まで2つの「103万円」「130万円」という2つの壁に、2016年10月1日(土)から「106万円」という新たなる壁ができました。

いままで「130万円」だった年収の壁が「106万円」に変更されて、さらにハードルが高くなってくるのです。

奥さん自身に保険料の負担が生じる条件は、以下の通りです。

  • 勤務時間が週20時間以上
  • 月額賃金が8.8万円以上(年収106万円以上)
  • 勤務期間が1年以上
  • 従業員501人以上の企業

学生は除外されますが、この条件に満たす環境で働いている奥さんからは、収入の約1割程度は保険料を負担しなければならなくなります。

年収110万円程度で社会保険に加入するかしないかでみると、手取り額では約15万円程度の差が出てきますから、最新型の電子レンジが買えてしまうぐらいの差が出てきます。

シャープのヘルシオとか、日立のヘルシーシェフとか、欲しいですよねぇ。

話がそれました。

でも従業員数501名以上の企業って、かなりの大企業です。

「私はそんな大企業で働いてないから、関係ないわ!」

そんなことはないのです。

施行から3年程度は見直しが行われて、2019年10月以降は従業員数が500名以下の企業にも適用される予定です。

「手取りを減らしたくないために、年収105万円以内で働くとするか。」

勤務時間を週20時間未満に減らして、年収を106万円未満に抑える策が浮かびます。

しかし、ちょっと待って下さい。

働く時間を抑えたいと、本当にそう思っていますか?
制度改定を機に、よく考えて欲しいことがあるのです。

社会保険や厚生年金に加入するメリットは大きい!

毎月の手取り収入が減るデメリットはありますが、社会保険や厚生年金へ加入するメリットはかなり大きいです。

健康保険料を収めることで、病気やケガを理由に給料が支給されない時にでる「傷病手当金」がでます。

出産のために仕事を休んだ時に休んだ日数分の金額(標準報酬日額の3分の2相当額)が支給される「出産手当金」もでます。

この2つ、とってもありがたいお金です。

私の夫も、うつ病になって傷病手当金のお世話になりましたし、私も出産手当金があったことで、子供の出産費用に充てることができました。

非常にありがたいお金でした。

厚生年金に加入することで、老後の年金の手当も入らないよりは手厚くなります。

また万が一、障害になってしまって障害等級が3級になってしまっても、障害厚生年金がもらえます。

それより軽い状態でも、一時金としてお金を受け取れる場合もあります。

手取りだけで見るとすごい悲しくなるのですが、実はいざという時にお金の面で助けられるメリットが大なのです。

あなたは本当に手取りを減らして働きたいの?

年収の壁が130万円から106万円に減ることをきっかけに、自らの働き方を考える必要があります。

「夫の収入だけで家計は何とかなっているし、働きたくないし、制度が変わったら私はもっと働く時間は減らしたいわ。」

家計を見て特別お金に困ってもないし、働く意欲なんてないから私は100万円でも働かなくてもいいわって方は、特に問題ないでしょう。

旦那さんがバリバリ働いているのですから、家庭内をしっかりと見守る役割も必要だからです。

しかし問題なのは、自分も働かないと家計は成り立たないし、働くことが大好きな方です。

「子育て中で仕方なくパートで働いているけれど、さらに勤務時間減らさないといけないなんて。」

結婚や出産する前はバリバリのキャリアウーマンだったのに、子供を産んで残業もできなくなって、仕方なくパートで働いている方もいらっしゃることでしょう。

働きたいのに働けない気持ちが、すごいよくわかります。

私も結婚する前は、3日間も家に帰らないほどバリバリ働いていて仕事をすることが心の底から大好きだったからです。

私は自分の心が充実する働き方を選択した

バリバリ働いていた私ですが、結婚して家事も子育てもしなくてはいけないことを考えた時、その仕事を続けていくことはできませんでした。

パート社員や派遣社員になったり、残業ゼロの仕事を探して仕方なく働いていた時期があります。

でも正社員の人から与えられる仕事ばかり、時間で区切る仕事ばかり・・・。

満たされない気持ちでいっぱいになって、心の充実感が感じられず、まったく仕事が楽しくありませんでした。

「私はお金のためだけに働いているのかな?もっと壁を壊して社会で働きたいのではないか。」

こう考えた時に、私は子育てと両立しながら自己実現のために働き続ける道を選びました。

今の働き方がそうでして、バリバリと働いて稼いでおります。
収入の上限なんて考えずに、自己実現のために働いています。

私は単純に家計の足しにしているだけか?
働くことは、お金を稼ぐ手段だけなのか?

家族がいるから、もっと働くことなんて無理だからという遠慮の気持ちを、まずは抜いて考えてみましょう。

今のあなた自身が働きたい気持ちを、自分の軸だけを基準にしっかりと考える必要があるのです。

お金をもっと稼いで働きたいと思った時こそ女性の人生の転機

ochiba_20151129

仕事って、一体なんでしょうか?

自分の能力を活かせたり、心がワクワクすることだったり、自分の価値を表現できるような仕事をしていると、仕事って夢中になってとっても面白く感じます。

でも単純に時間を使ってイヤな仕事をして働いている時は、余計なエネルギーを吸われて、仕事はただの苦痛にしか感じられなくなります。

パートだから自己実現なんて考えてないわ!ではなく、働くことが大好きだったら制度になんて振り回されずにどんどん働いてみましょう。

働くことに充実感が生まれたら、必然的にお金もどんどん寄ってきます。
時間区切りでイヤイヤ働いている人は、お金を稼げる人にはなれません。

誰でもできるような仕事をやっているかぎり、心からの充足感は得られません。

単純作業の労働と子育てと日々退屈で飽きてきたと思ったときこそ、人生の転機です。

家庭と仕事の両立、たしかにしんどくてイライラして泣きたくなることばかりですが、人生は1度しかありません。

人生は1度きり。女性は30代前半の悩みと後半の悩みはまるで違うから後悔しないためにやっておくべきこと

なんか退屈していてつまらないなと思った時、それが変化を起こすサインです。

子育てが一段落したらパートから派遣社員、契約社員、正社員、いづれは女性起業家になって稼いでやるぜ!ぐらいの気持ちを持つと、パワーがみなぎってきてワクワクしてきますよ。

「私は自らの手で、もっとお金を稼いでいきたい!」

この気持ちがあるのから、それに素直に従っていきましょう。

でもバリバリ働くということは、何か大切なものを犠牲にすることさえあります。

私は家族との時間を大切にしたいわという気持ちがある方は、その気持ちに素直に従ったほうが心のバランスが保てるでしょう。

制度が変わるからそれに合わせるのではなく、自分の気持ちに正直になって、人生のステップに合わせて変わっていくことが大事です。

目先の損得にとらわれ過ぎずに、あなたが生き生きとなれる働き方を考えてみてくださいね。

制度の壁なんて、自らぶっ壊せ!

人生を変えるチャンスは、あなた自身でしか変えられないのです。

外で働くことは難しい。でももっと自分らしく働きたい!

やはり子供がいると、外でバリバリと働くことってとっても難しいです。

「週1回でもいいから働きたい。」

「パソコンで在宅ワークがしたい。」

在宅で働きたい主婦には、空いてる時間でしっかり稼げる主婦向け求人応援サイト「ママワークス」がおすすめです。

在宅ワークの求人多数!「ママワークス」は家事と育児の両立可能なぴったりの仕事が見つかる主婦応援サイト

在宅ワークの例では1記事300円〜1,000円の報酬が得られますから、毎日頑張れば月3万円も夢ではありません。

在宅か出社か、働く「時間」と「場所」を自由に選ぶことが可能です。

データ入力や文章作成など事務系作業がメインの仕事がいっぱいで、ちょっとした時間に取り組める在宅ワーク「シュフティ」などがあります。

1日1,000円稼げば1ヶ月で30,000円1年間で36万円にもなります。

とっても大きいですよね。

少額でもバカに出来ませんから、空いている時間をマネー時間に活用するようにしましょう。

悩んでいてはじまりませんよ?
勇気を出して前進してみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立。

このブログでは、お金との向き合い方、自分らしい働き方や生き方など、人生のあらゆる不安をなくして、1度きりの人生を前向きにシンプルに変えていける方法をお届けしていきたいです。